【雨でもバーベキュー】そんなあなたにポリコットンタープをご紹介!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

楽しみにしているバーベキューが、突然の雨になってしまい、急遽中止となってしまうことほど、悲しい事はありません。せっかくみんなの予定を調整したのに・・・キャンプの夜は、子供たちもバーベキューを楽しみにしていたのに・・・いろんな理由で、雨でもバーベキューを敢行したくなる方も多いのではないでしょうか?
そんな時に役に立ってくれるポリコットンタープをご紹介します。

雨でもバーベキューなんてできるのか?


雨が降っていて、何も雨避けをしなければ、当然、雨がバーベキューコンロに降り注ぎ、炭の火を消してしまいますよね。

そこで必要なのが、雨を避けてくれる「何か」になります。パラソル?建築物の軒?いろいろな方法がありますが、場所に制限が少なく、使い勝手の良いタープで、雨避けを行えば、多くの場合、雨でもバーベキューは出来ちゃいます!

雨のバーベキューで使うタープのポイント

突然ですが、使われるタープの立場になってタープの置かれる状況を整理しましょう・・・タープは、人が活動する範囲の地面と、空の間に幕として存在して、雨を避けてくれます。
空からは雨・・・地面からは、火の粉・・・過酷ですね・・・
つまり、空からの雨と地面からの火の粉に耐えられるタープでなければ、雨の日のバーベキューに耐えられません。そんなワイルドでタフなタープを選びましょう。

ワイルドなタープとは?

一般的なタープの素材は、ポリエステルという素材が多く、空からの雨は避けてくれますが、地面からの火の粉で簡単に穴が開いてしまいます。そこで、ポリコットンという、ポリエステルとコットンを織り交ぜた素材のタープが販売されています。ポリエステルと、コットンの両者にそれぞれの特徴がありますが、コットンは、火に強い特徴があり、ちょっとした火の粉程度では溶けにくいという性質があります。ならばコットン100%で火に強いものをと思いがちですが、コットン100%では、重さや収納性、コストでデメリットが生まれてしまいます。

一方、ポリエステルは、重量や収納性、コストなどでコットンのデメリットを軽減する事ができる素材と言えます。その2つの異なる素材をバランス良く織り交ぜた、ポリコットンという素材のタープは、空からの雨も避け、地面からの火の粉にもある程度耐えてくれる、雨にも火の粉にも強い、使い勝手の良いワイルドなタープだと著者は考えています。

まとめ

ポリコットンタープは、幾つかのメーカーから販売されています。大きさや形、細部の作りこみや、セット内容、収納性、価格など、チェックするポイントは、それぞれ異なると思いますが、ご自身の使い勝手にあった製品を選び、ぜひ雨でも楽しくバーベキューを敢行しちゃう、ワイルドなバーベキュー愛好家を目指しませんか?

Pocket
LINEで送る

over-spec1001
オーバースペックな製品をこよなく愛す、おとうちゃんです。キャンプそのものも好きですが、何よりグッズやギアを使う事が大好きで、なんなら、その辺で・・・・ってなってしまいますが、嫁さんに怒られる事が恐くて、なかなか使えない現実に葛藤する日々を送っています。幸い、仕事でグッズやギアに触れられますので、なんとか生きているおとうちゃんです。
コメントリンク
トップへ