【じゃがいも丸ごと!キャンプ向き料理】簡単で見た目華やか♪ハッセルバックポテトレシピ

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

スウェーデン生まれのハッセルバッグポテトは別名「アコーディオンポテト」とも呼ばれ、蛇腹状に開いたじゃがいもの姿が特徴的な料理です。じゃがいもを丸ごと焼くハッセルバッグポテトはアウトドアクッキングにも向いています。基本的な作り方やアレンジをご紹介します。

基本の作り方


By: laura burns

まずは基本の作り方をご紹介しましょう。

<材料 2個分>

じゃがいも2個
オリーブオイル大さじ2
適量
こしょう適量
乾燥パセリ適量

じゃがいもの種類は、細長くてでんぷん質の少ないメークインがおすすめです。

<作り方>
1.じゃがいもを洗って、芽をとっておきます。
2.1mmから2mmごとに切れ目をいれます。このとき、下はつながったままになるようにします。割り箸を置いて切ると下まで切ってしまうことがありません。
img_8831
3.切れ目を入れたじゃがいもを水にさらします。このとき、切れ目のあいだを洗ってでんぷん質を取っておくと焼き上がりが開いてきれいになります。
4.じゃがいもの水気を切り、スキレットやダッチオーブンに乗せます。
5.塩コショウを振り、オリーブオイルを回しかけます。お好みでにんにくや粉チーズ、バターを追加します。
6.フタをして、25分~30分程度加熱します。様子を見て硬いようなら加熱時間を延ばして下さい。
7.焼きあがったら乾燥パセリをふってできあがり。

いろいろなバリエーションを作ってみよう

いろいろな味とマッチするじゃがいもは、アレンジも豊富に楽しめます。塩気のある素材やこってりした素材が合います。

チーズ&ベーコン

切れ目のあいだに、チーズやベーコンを挟んで焼きます。はずれのない美味しさです。
img_8834

明太子マヨネーズ

ほぐした明太子とマヨネーズを合わせて明太子マヨネーズを作り、切れ目にはさんで焼きます。市販のめんたいマヨを使うのも手軽でいいですね。

アンチョビ

アンチョビをみじんぎりにして切れ目のあいだに挟みます。アンチョビの塩気がじゃがいもにぴったりです。

焼き野菜といっしょに

アボカドやトマト、玉ねぎなどを一緒にのせて焼きます。

他の野菜で、ハッセルバッグ○○!

じゃがいも以外の野菜でも同じように切れ目を入れて、ハッセルバッグポテト風に仕上げることができます。

さつまいもで

おやつになりそうな、さつまいものハッセルバッグポテト。焼き上がりに蜂蜜やメープルシロップをかけると幸せな味に。

@aahkaahkが投稿した写真 -

にんじんで

じゃがいもとにんじんの組み合わせで、パーティメニューのような豪華さですね。長時間焼き上げることでにんじんの甘みが引き出されます。

アボカドで

焼くとまったりした味になってより美味しくなるアボカド。粉チーズやマヨネーズで洋風にしても、おしょうゆをかけて和風にしても◎

ズッキーニで

かぼちゃの仲間ズッキーニ。ベーコンを挟んで焼くと、ベーコンの旨みがズッキーニに移って美味しそうです。

みえさん(@mienobu)が投稿した写真 -

変わった色のじゃがいもで

紫色や赤、ピンク色などの変わった色のじゃがいもを仕入れたら、ぜひハッセルバッグポテトに。カラフルな食卓に盛り上がること間違いなし!

肉料理の付け合せにも、おつまみにもぴったりのハッセルバッグポテト。ほんの少し手を加えるだけで、華やかな見た目になるのが嬉しいですね。いつものベイクドポテトにひと工夫して、みんなを驚かせてみませんか?

Pocket
LINEで送る

シバタトモコ
2人の男子の母。キャンプでは調理担当です。設営と火起こしは主人の担当なのでよくわかりません(!)好物は焚き火とビールとお風呂。日帰り温泉が近いかどうかでキャンプ場を選ぶタイプです。神奈川・山梨によく出没します。今は子連れのどたばたキャンプですが、子どもが大きくなったら夫婦でおしゃキャンしたいので情報収集に努めています。
コメントリンク
トップへ