【バーベキュー場でアイスクリーム作り】冷凍庫がなくてもできる驚きの方法!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

バーベキューの最後に何かデザートを食べたい・・・そんなときはアイスクリームを手作りしてみませんか?冷凍庫やアイスクリームメーカーがなくても、屋外で簡単にアイスクリームが作れちゃうんです!

用意するもの

アイスクリームを作る道具

foodpic7170982

ジップロックMサイズ1枚
Lサイズ1枚
バスタオル1枚(大きめのフェイスタオルでも)
50g
500g

アイスクリームの材料(3人前)

foodpic7170979

牛乳200ml(生クリームと半々にしても)
砂糖30g(写真では三温糖を使っていますが、なんでも大丈夫です。)
バニラエッセンス少々

作り方

1.Mサイズのジップロックに、アイスクリームの材料を入れます
IMG_8079
2.Lサイズのジップロックに、細かく砕いた氷と塩を入れて混ぜます
IMG_8081
3.2で作った氷の中に、1のジップロックを入れてチャックを閉めます
IMG_8083
4.3をタオルで包んで、8~10分間フリフリします(上下やぐるぐる回すなどして混ぜてください!)
foodpic7170987
5.アイスクリームが固まったら完成です
foodpic7170984

上手くアイスクリームを作るためのポイント

・フリフリしているうちにジップロックが破れてしまう場合があります。厚めのものを用意しましょう
・牛乳は低脂肪乳では固まりにくいので、普通の牛乳を用意しましょう
・卵黄を入れると濃厚になります。その場合はあらかじめボウル等でよく混ぜておきましょう
・氷はある程度細かくなっているほうが温度が下がりやすく、上手に作れます
・かなり温度が下がるので、素手で触るのは危険です
・一気にたくさんの量を作ることは難しいので、少人数で楽しみましょう

なんでアイスクリームができるの?

氷は水に変わるときに周りのものの熱を奪います。そのため氷を使っていろいろなものを冷やすことができます。

氷に塩を混ぜると、とける速度が速くなって、まわりから急激に熱を奪います。また、氷がとけてできた水に塩がとける時にもまわりから熱を奪います。この2つが一緒になると、氷だけのときよりもずっと温度が下がって、アイスクリームを固めることができるのです。

お子さんに「どうして氷に塩を入れるの?氷だけじゃできないの?」と聞かれたら、説明してあげてください。

氷と塩の配分がうまくいくと、マイナス20℃まで下げられるそうですよ!

もっと楽しく作りたい方へ

市販のアウトドアグッズ「アイスクリームボール」を使うと、もっと楽しくアイスクリームが作れます。

氷と塩・アイスクリームの材料をボールにセットしたら、転がして遊ぶだけ!
汗をかいて遊んだ後は、できあがった冷たいアイスクリームを楽しめます。

foodpic7170975

アイスクリームボールがあればもちろん、なくても充分盛り上がること間違いなしのアイスクリーム作り。チョコチップやジャムなどを加えてオリジナルの味にするのもいいですね。

お子様がいるご家庭でしたら、夏休みの自由研究にもぴったり!

バーベキューでのちょっとしたイベントも兼ねて、用意してみてはいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る

シバタトモコ
2人の男子の母。キャンプでは調理担当です。設営と火起こしは主人の担当なのでよくわかりません(!)好物は焚き火とビールとお風呂。日帰り温泉が近いかどうかでキャンプ場を選ぶタイプです。神奈川・山梨によく出没します。今は子連れのどたばたキャンプですが、子どもが大きくなったら夫婦でおしゃキャンしたいので情報収集に努めています。
コメントリンク
トップへ