定番の遊びに飽きたら、簡単楽しい "段ボール砲" 作りがオススメ!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

BBQで、自然と遊ぶのを飽きたとき、段ボール砲を作ってみませんか? 簡単に作れてお金もかからない、しかも誰でも楽しめるイチオシおもちゃです!

段ボール砲って?

段ボールを叩くと、ボンッ!と空気のカタマリが飛んでいくのを見たことないですか? あれが空気砲です。

こどもの工作とあなどるなかれ!実は大人もびっくりするくらい想像以上の風圧があります。いきなり顔に吹きかけられると、びっくりしてしまうほど。

段ボールの砲の魅力は、簡単に作れるのはもちろんですが、一番は誰でも楽しめるところ。

FUNAKUBO YUKA(ぽん)さん(@pontaxx)がシェアした投稿 -

大人はもちろん。

みどりの丘神戸さん(@rokenmidori)がシェアした投稿 -

おじいちゃんおばあちゃんも。

Hiroko Yakushijiさん(@yakuchan2)がシェアした投稿 -

もちろんこどもたちにも大人気。

段ボールに穴を開けるだけなので、誰でも簡単に作れますよ! もちろん空気のカタマリを出すこともできます!

段ボールの空気砲の作り方

材料

・段ボール箱(少し大き目がオススメです。目安50×50×50センチくらい)

DSC_0042

道具

・はさみorカッター
・ガムテープ
・ペン
・蚊取り線香と着火器具(空気のカタマリを出したい場合)
・コンパス(なくても大丈夫)

作り方

①段ボール箱の隙間をガムテープでふさぐ

DSC_0048

本当に小さな穴や隙間が残っているだけで空気が出ないので、しっかりふさいでください。気持ちふさぎ過ぎなくらいがちょうど良いです。

②段ボールの1面に円を書いて、はさみでくりぬく

DSC_0045

円はガムテープのふちをペンでなぞったり、コンパスを使ったりしてください。直径は20センチ前後あれば十分です。

段ボールがいくつかあるときは、◇や☆の形に切ってみて、どんな形の空気が出るのか試してみても面白いですよ。

これで完成です。はい、これだけです。

遊び方は簡単で、抱えるなりテーブルに置くなりした状態で、段ボールの側面を両手でドンっ! と叩くだけ。穴の前に立っていると、バフッ! と強い風圧を感じられます。

空気のカタマリを飛ばすには?

燻製に使ったチップや、虫よけに使った線香などを段ボールの中に入れてください。その状態で段ボール箱の側面をドンっ! と叩くと、煙が飛んでいきます。

ポイントは煙の量。少ないと穴からがカタマリが出てきません。

そして、くれぐれも段ボールを燃やさないよう、気をつけて行ってくださいね。また煙の向かう先に人がいないことを確認してから遊びましょう。

子供たちが、すいか割りやアスレチックなど定番の遊びに飽きたときに、ぜひいっしょに作ってみてください。きっと喜んでくれますよ!

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ