アウトドアでインバーター発電機の使い道とは?メリットやデメリットもご紹介!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

非常事態のときにも電力を確保できるなど、一家に1台あると便利なインバーター発電機。実はアウトドアシーンでもいろいろ役に立つアイテムなんです。

そこで今回は、アウトドアシーンにおけるインバーター発電機のメリット・デメリットを詳しくお伝えします。

インバーター発電機とは?

有限会社 関口ファームテックさん(@farmtech_diary)がシェアした投稿 -

インバーターとは、発電した電気の周波数を整え、一定の出力で安定して供給できるよう調整する装置です。この装置を搭載した発電機をインバーター発電機といいます。

電圧や周波数が不安定な電力をパソコンなどに繋げると、電子制御系が誤作動を引き起こしてしまう可能性が高く、故障に繋がる恐れがあります。インバーターはそれを防いでくれます。

アウトドアでのインバーター発電機の用途

ここでは、アウトドアにおけるインバーター発電機の使い道をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

携帯電話やスマートフォン、パソコンなど精密機器の充電

携帯電話やスマートフォンなどに使う充電バッテリーを忘れたときでも、発電機があれば簡単に充電できます。充電が切れてしまい「仕事の連絡が来るかもしれないのに……」と困ってからでは遅いですよね。インバーター発電機があれば、充電の悩みを解決できます。

電化製品の利用

インバーター発電機があれば、炊飯器やトースター、テレビ、コーヒーメーカー、ケトル……などなど、普段お家で使っている電化製品を、アウトドアで使えます(ただし、発電機の定格出力によって使える家電製品は限られます)。「アウトドア先でも、不便なく過ごしたい!」という方に、インバーター発電機はおすすめです。

ライトなど照明機器の設置

少人数のアウトドアであれば、ランタンなどで灯りを確保できますが、大人数になると厳しいときもあります。そんなときインバーター発電機と照明機器があれば、広いところでもパァッと明るく照らしてくれますよ

釣りをする方の中には、発電機とライトを使って魚を集めて、夜釣りを楽しんでいる方もいますよ。

インバーター発電機のメリット

インバーター発電機のメリットは、持ち運びが容易なため、どこでも発電でき、かつ一定の出力で供給できるので、安定した電力を使えること。アウトドアシーンはもちろん、災害時の電力確保にも役立ちます。停電などのときも、インバーター発電機があれば明かりをつけられます。

また、パソコンで仕事をしている人は、インバーター発電機があるとアウトドアをしながら仕事もできるので、気分を変えてキャンプ場で仕事、なんてスタイルも実現できちゃいます。

インバーター発電機のデメリット

インバーター発電機のデメリットは、

・価格が高い
・ガソリン(燃料)を持ち運ぶので危険が伴う
・音が騒がしい

ことがあげられます。

なにより一番は騒音問題。インバーター発電機は音が結構するので、他のキャンパーの迷惑になる可能性が高いです。

中には静かなインバーター発電機もありますが、それでも掃除機くらいの音はするので要注意です。夜に発電すると周囲のキャンパーから苦情がくることも。キャンプ場で使う際は、周囲の環境を確認して、使用して大丈夫そうか慎重に判断しましょう。

おわりに

インバーター発電機は、アウトドアの幅を広げてくれる便利アイテムですが、一方で騒音などにより他の利用者の迷惑になってしまう可能性も。使うときはトラブルにならないよう、気をつけてくださいね。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ