【燻製入門編~種類・時間・ウッドとチップの違いまとめ~】キャンプで燻製を作ろう!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

燻製ってなんだかむずかしそうって思っている方いませんか?実はやり方を覚えるだけでお好きな食べ物で、燻製を作ることは簡単なんですよ。
今回は、燻製の時に必要なスモークウッドとスモークチップの違いを知って、キャンプで活躍しちゃいましょう!

燻製とは「商品加工技法」

By: naka hide
By: naka hide

燻製ってそもそもどんなものなのかというと、燻煙を風味付けや煙に含まれる殺菌や防腐成分を食材に浸透させる食品加工技法のことを言います。
完全燃焼させてしまうと、煙はあまり出ないので、意図的に不完全燃焼を起こして煙を起こします。
なぜ、殺菌や防腐効果があるのかというと、煙の成分が食材の表面にある微生物を死滅させることで、腐りにくくしているんです。

煙をあてて風味付けし、腐りにくくすることから、保存食としても使用されているんですよ。

燻製の種類と燻製時間

そもそも、燻製の方法は大きく3つありまして、熱燻・温燻・冷燻があります。それぞれ燻製時間や手法、向き不向きが異なります。実際に表にしてみました。

燻製の種類煙の温度おおよその時間熱源一言
熱燻80℃を超える10分から60分必要長期保存不向き。
温燻30℃~60℃数時間から一日不要保存期間は3~5日程度。
冷燻15℃~30℃1~4週間程度不要上級者向き。長期保存可能。

※熱源:常に火をかけて熱を与えること。

また、それぞれの燻製方法に相性の良い食材というものがあります。例えば、チーズを熱燻してしまうと溶けてしまうので、温燻にする…であったり、サーモンは中は半生、外は炙っているという状態というのが美味しいので熱燻にしたり。などです。
これは好みや個人差が出てきます。自分にあった食材と燻製法の組み合わせを探すのが面白いんですよね♪

スモークウッドとスモークチップの違い

さて、実際に燻製をする時には煙を出すための木材が必要です。実はスモークウッドとスモークチップの2種類があります。

スモークウッドは木の塊、スモークチップは小さなチップ状になっている木の破片のようなものです。燻製の料理の方法によって使い分けます。簡単に表にしてみました。

 スモークウッドスモークチップ備考
熱燻スモークウッドは、熱燻のように高火力を与え続ける場合、燃え上がってしまう場合がある
温燻スモークチップの場合、火力をうまく与え続けないと燃え尽きてしまう場合がある。また長時間煙を出す時は、継ぎ足し続ける必要がある。
冷燻-低温で長時間燻製をするため、燃焼時間が短いスモークチップは難しい。

要は、スモークウッドは温燻向きで、スモークチップは熱燻向きです。燻製したい食材と相性のいい材料を見つけて選びましょう!ある程度回数をこなすと、どんな食材がどんな燻製手法と合うかなんとなくわかってきますよ!

まとめ

a9c50ac83836cd55e1deca375b4603b0_s

キャンプで使用することを目的としているので、冷燻は事前に仕込まない限り、時間的な問題から難しいです。そのため、選ぶとしたら熱燻か温燻になりますね!実際にキャンプに行くと、つきっきりで燻製を見ている時間はあまりない人が多いと思います。(燻製が大好きで眺めながら火加減を調節したりするのが大好きな人は別ですが。笑)

なので、キャンプに向いている燻製の材料と燻製法は、一度火をつけたら放置できるスモークウッドで熱源を使用しない温燻がおすすめです。

今回は、スモークウッドとスモークチップの違いについてご紹介しました。キャンプで燻製をするなら、チーズやナッツ類などが手軽にできて初心者の方でも簡単ですよ。キャンプに燻製を取り入れて、いつもと一味違うキャンプを楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ