Weber(ウェーバー)社の大型グリルを使ってみよう!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

バーベキュー場やキャンプ場に行くと、たまーに見かけるこのBBQグリル、ご存知ですか?

grill-1581118_1920

これは「Weber(ウェーバー)」と呼ばれるブランドで、アメリカで60%ものトップシェアを誇ります。少しお値段はかかるのですが性能がすごいんです!

キャンプやバーベキューにハマった方はぜひご購入を検討してみてはいかがでしょうか。この記事にて、魅力と性能を紹介していきます!

ウェーバーの特徴1:ひと目で分かる特徴的な形状

ホームセンターで売っているBBQグリルは四角く、蓋がないオープンな形がほとんどですが、ウェーバーのBBQグリルは球型で蓋付き。しかも車輪がついていて持ち運びも便利です。

車輪がついていることで、自宅の庭でBBQをするときに移動させやすいんです。アメリカっぽいですね。
日本(特に都会)では、自宅ですることがほとんどなく、車での移動がメインだと思います。その場合、車輪がかさばってしまうため、積むときに少し工夫が必要なのがデメリットです。
また、BBQをする場所が砂利だったり、大小の石が散乱している場所では移動が逆に大変だったりするので注意が必要です。

それ以外では、蓋をした場合の換気口や、灰を地面に落とさずに後片付けも行える灰受け、しっかりとしたハンドルなど、細かい部分で使いやすさが追求されています。

ウェーバーの特徴2:様々な調理法に使える

特徴的な球型の形状には秘密があります。熱が全体に効率よく回り、よくある「特定の場所だけ火力が弱くて焼けていない」といったケースを防ぎます。
特に大きな肉を焼くときは、ウェーバーは重宝します。大きな肉はキャンプ・バーベキューの醍醐味ともいえるので、このメリットは大きいですね。

また、蓋がついているので、蒸したり燻したりなど、いろいろな調理法に使えるのもメリット。
日本のBBQというと、直火で肉を焼き、焼き肉のタレを付けて食べるというのが一般的ですが、アメリカでは下味をつけたり、スモーク、ローストにしたりと、様々なスタイルがあるので、蓋がついています。
つまり、ただ肉を焼いて食べるのではなくて、様々な調理法を楽しみ、自分独自のキャンプ・BBQスタイルを構築する、アメリカンスタイルにもってこいのグリルといえます。

ちなみに野菜はかなり変わります!
蓋があることで水分を含めたまま仕上がるため、高級鉄板焼屋で提供される野菜のようなジューシーさを、アウトドアで実現することが可能です。ナスや人参をぜひ楽しんでみてください!

ウェーバーの特徴3:サビ・熱に強い

日本の安価なBBQグリルは薄いスチール製だったり、簡単なメッキ加工などのため、下手に使うと5~6回でボロボロになってしまいます。

ウェーバーは鋼鉄製のグリルプレートと、全体に高品質のホーローコーティングを施しています。
そのため一般的なBBQグリルに比べ、熱やサビに強く、長く付き合えるんですね。

ウェーバーのラインナップ

それではどんな商品があるのでしょうか。公式のウェーバーストアを見てみたいと思います。

コンパクトケトル チャコールグリル47CM / 温度計付


コンパクトケトル チャコールグリル47CM / 温度計付

ウェーバーの中でも比較的安価で、導入用として購入できる「コンパクトシリーズ」から温度計付きのBBQグリルが新登場。直径47cmとウェーバーの中では比較的小さいですが、日本向きともいえます。
(47cmの大きさ=だいたい6~8人用と想定してください。)

後述するオリジナルシリーズに比べて、高さが20cmほど低く、底が浅いのがコンパクトシリーズの特徴です。

オリジナルケトル チャコールグリル57cm


オリジナルケトル チャコールグリル57cm

ザ・ウェーバーといえばこのオリジナルケトルシリーズ。標準的なサイズの直径57cmを紹介します。

まずサイズが大きいため、BBQ場に持ち込むだけで一目置かれることは間違いなく、BBQ全体の雰囲気も優雅に演出してくれます。また、直径が57cmのため、10人以上のパーティーでも問題なく運用可能です。

慣れてきたらぜひ1つ持っておきたい一品です。

スモーキージョー® プレミアム チャコールグリル37cm


スモーキージョー® プレミアム チャコールグリル37cm

スモーキージョー®シリーズから、ポータブルサイズのコンロが出ています。直径は37cmと小さめですが、その分小さいため、例えば頑丈なテーブルであれば、卓上で楽しむことも可能です。

ひとりキャンプをひとりグランピングにしたい。
ふらっと出かけることが多い。
そんなニーズにぴったりの商品といえます。

ジェネシス Ⅱ LX S-640 ガスグリル


ジェネシス Ⅱ LX S-640 ガスグリル

今まではチャコールグリル(炭で調理するタイプのBBQグリル)を紹介しましたが、ここでは憧れのガスグリル(外付けの別売りシリンダーから液化石油ガスを供給するタイプ)を紹介します。

お値段も35万円以上(2020年5月現在)とかなりしますが、
ガスのため点火や火力調整が非常に楽で、サイドテーブルも2つあり、調理法を極めるのにこれ以上に環境はありません。
更に、バーナーが6つ存在します。自宅以上の融通の効きやすさを実現しています。

ここまでいくと趣味の範囲を超えているかもしれませんが、一度体験したら絶対にやめられないと思います(筆者は体験したことはありません笑)
ぜひ一度使ってみたいですね!

ウェーバーで本場の「分厚い肉の塊を調理する」バーベキューを楽しもう!

初心者向けから超上級者向けまでご紹介しましたが、いかがでしょうか。
大きさと値段から、少し敷居が高いグリルかもしれません。ただそれ以上に、このサイズと機能性だからこそ感じられるバーベキューの楽しさがあります。

分厚い肉の固まりを豪快に調理するような、本場アメリカで行われるスタイルのバーベキューをウェーバーを使ってぜひ体験してみてください!

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ