【メリットデメリット】着火加工成型炭とは?

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

炭を圧縮成形して作られた「着火加工成型炭」は、簡単に着火できるため非常に便利なのはご存知でしょうか?
着火加工成型炭の種類や特徴をご紹介していきます。

着火加工成型炭とは?

着火加工成型炭とは炭を圧縮成形して作られたもので、着火剤も一緒に練り込まれています。そのため、簡単に着火できるという特徴があります。

大きさや形状で大きく4つの種類に分かれています。

ハチの巣型

円形に成型された炭にハチの巣のように穴があけられていて、ひとつひとつのサイズが大きめです。
そのため、2~3個用意すれば一般的な大きさのグリルでのバーベキューをカバーできるのが魅力的です。

ちくわ型

ハチの巣型とは違い真ん中にひとつ穴があけられており、炭の大きさも小さいのが特徴です。
一個あたりの火力はハチの巣型に劣りますが、炭が小さい分細かな火力調整を行いやすいという強みがあります。

豆炭型

豆炭のように丸く固められた着火成型炭で、ちくわ型と同じように細かな火力調整が可能でダッチオーブン料理に向いています。

モナカ型

木炭が着火剤が含まれたケースに包まれているのがモナカ型の特長です。
自分の好きな大きさに切り分けて使うことができ、着火剤としても炭としても使うことができます。

着火加工成型炭のメリットは

着火加工成型炭のメリットとしては以下の2点が挙げられます。

・簡単に着火ができる
・ハゼる(炭がパンッという音とともに爆発すること)ことがなく安全

商品によっても異なりますが5分程度で着火ができるものもあり、火おこしに不慣れな初心者はもちろん、時短をしたいバーベキュー経験者にも大きなメリットがあります。

また、安値な炭を使ったときによくある「ハゼる」という現象が起きないのも、特に小さいお子さんも一緒に参加する場合はありがたいですよね。

着火加工成型炭のデメリットは

着火加工成型炭のデメリットとしては以下の3点が挙げられます。

・コストが高い
・保管が難しい
・燃やしたては着火剤の臭いが気になる

着火加工成型炭は、通常ホームセンターなどで売られている炭と比べるとコストが高いというデメリットがあります。また、湿気に弱く一度開封してしまうと保管にとても気を使わなければいけません。

着火すると、すぐに炎が発生します。※炭に火がついたのではなく、着火剤が燃えることで発生した炎です。このときに臭いが出るので、調理を始めるのは火がおさまってからにしましょう。

うまく使い分けよう!

着火加工成型炭のメリットとデメリットをあげてみましたが、デメリットは少し気をつけたり工夫すれば簡単に回避することができます。

・コストが高い→炭を追加するときは、安い炭を使う。
・保管が難しい→開封さえしなければ長期間保管できるので、むやみに開封せずに必要量だけ使う。
・着火剤の臭いが気になる→着火剤の臭いが気になるのは最初の炎が発生しているときだけなので、炎が収まってから食材を焼くように気を付ける。

このようにすれば、着火加工成型炭のデメリットはほとんど気にならなくなり、初心者でもバーベキューをスムーズに楽しめるようになります!

まだ着火加工成型炭を使ったことがない方は、次のバーベキューでぜひその使い勝手の良さを実感してみてください。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ