【犬・ペットキャンプ】初めてのキャンプで気をつけたいポイント

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプ場に行くと、愛犬と一緒にアウトドアを楽しむ人がとても多いですよね。是非、我が家も愛犬を連れてキャンプに行きたい!と考えている方に。キャンプ場で困らない為の持ち物や注意点をご紹介しますので是非、参考にして下さい。

キャンプ場をチェック

犬連れ可能なキャンプ場はとても多いですが、キャンプ場によってはダメな所もあります。行きたいキャンプ場は犬連れが可能かどうかを事前にHPなどでチェックして下さい。料金が発生するキャンプ場もあるのでそちらのチェックもお忘れなく。

TSURU170308-006_TP_V

忘れずに持って行きたいアイテム

家族と一緒で愛犬も楽しく過ごせると思いますが、いつもの場所と違うので使い慣れた物を持って行くことをおすすめします。わんちゃん専用のバックなどがあるとまとめられて忘れ物の心配がありませんよ。

トイレ(シート)

安心して排泄できる場所を作ってトイレシートにさせるようにしましょう。こまめに取替えができるよう多めに持参しましょう。

食器類

折りたたみができ軽いシリコン製の食器があると便利ですが、食器が変わるとエサを食べなくなるわんちゃんもいるので最初は普段使っている食器を持って行くことをおすすめします。

リード

キャンプ場では必ずリードを装着して下さい。キャンプ場内の散歩には必須です。ノーリードですと思わぬ事故に発展する可能性もあるので気を付けましょう。

散歩バック

普段、散歩する時に持っているバックで十分だと思います。バックの中身はビニール袋、尿を流す水、ティッシュなど。

エサ・おやつ

1回の量を小袋に入れておけば、すぐに用意でき便利です。専用の収納袋やタッパーなどがあればかさばらないですね。

タオル類

キャンプ場で朝の散歩はとても気持ちがいいですよね。芝生の多い場所ではわんちゃんも喜んで走り回ると思いますが、朝露で散歩が終わるころには体がびっしょり足は泥だらけになってしまいます。濡れたまま、汚れたままではかわいそうですし、そのまま抱っこしたら飼い主さんの服も汚れるし、テント内もびっしょり。そんなことにならないように、わんちゃんの体や脚を拭くタオルがあると便利です。

あると便利なアイテム

折りたたみ式サークル

実際にキャンプの時、使用しています。テント設営前にまずサークルを出してトイレやお水を用意して愛犬にはゆっくりしてもらっています。こちらも安心して準備ができるので重宝しています。暑い時期には風通しが良く直射日光を避けた場所を確保してあげて下さい。

ジップロック

愛犬の糞の始末は飼い主の責任です。ビニール袋では意外に臭いが気になります。そこで、ビニール袋で始末した後、ジップロックにまとめておけば臭いが気にならなくなりますよ。最近は消臭効果の高いビニール袋も売られているので合わせて使うと効果抜群です。

虫よけ

ペット用の蚊取り線香やスプレーなど用意しておくと安心です。蚊を寄せ付けない特殊な布で作られたウエアもあるので、一枚あると便利かもしれません。

マナーとエチケット

隣のサイトの方には挨拶の時に犬が居ることを伝えるのは最低限のマナーです。また、吠え癖のあるわんちゃんは飼い主のフォローが必要です。吠えたらしっかりと注意をして静かにさせる配慮があるといいですね。キャンプ場の朝晩は静かですので一層の注意が必要になります。

キャンプ場内での散歩には必ずリードをつけて下さい。事故等が起こったらせっかく楽しいキャンプが台無しですからね。

おしっこをしてしまった場合には水で流すようにペットボトルを持ち歩くのもマナーです。他人のサイトでおしっこをさせるようなことは絶対にしないで下さい。

サイト周辺をチェックしよう

aafd71c44af6f1f08d35724712bc4cdf_m

テントを設営する前にサイトのチェックをすると思いますが、その時わんちゃんに危険な食べ物やビニール、野生動物のフンなどがないか合わせてチェックすることをおすすめします。

キャンプ好きな愛犬に

飼い主が楽しんでいることは愛犬にも分かります。いつもと違う環境で過ごすのも良い刺激になると思います。

キャンプに来ている人の中には犬が苦手な方もいらっしゃいます。お互いが嫌な気持ちにならずキャンプを楽しめるよう心遣いを忘れずにして下さい。そして怪我、事故がないように十分気を付けてキャンプを楽しんで下さいね。

Pocket
LINEで送る

hiroko
キャンプをこよなく愛する主婦。冬キャンプが大好きで、朝から晩まで薪ストーブを楽しんだり、焚き火を楽しんでいます。できればキャンプをメインに生活をしたいと考えているキャンプバカ。
コメントリンク
トップへ