【キャンプチェア】焚き火と相性の良い椅子の選び方

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

アウトドアの楽しいイベント、たき火を快適に楽しむためのイスをご紹介します。

たき火の高さに合わせよう!

たき火を長い時間楽しむには、薪を新たにくべたり配置を替えたりする必要があります。この作業をするために理想とされるシート高は約30cm。これは直火が使えないキャンプサイトが多いため、ファイヤーグリルの高さから計算された数値です。

火の粉が飛んでくることは想定にいれる

持ち運びに便利な軽量のイスの素材はポリエステル系がほとんどです。耐火性がなく、溶けてしまうため、火の粉で穴が開くことが多いので、使用する場合は耐火性のある生地のカバーをかけることがおすすめです。一番安心なのは耐火性の布でできたイスの使用です。

ローチェアを選ぼう

ではたき火に適した初心者が購入しやすいモデルを紹介してきます。

お求めやすいエントリーモデル

みんなが知っているコールマンのローチェアです。DIYなどでも購入ができるのはよいですね。材質がポリエステルなのでコットンなどの布でカバーしたほうがよさそうです。上級者の中にはコットンに張り替える方もいらっしゃいます。

軽さ重視の格安タイプ

人気の肘かけの無いタイプのチェアの中で、お手頃なのがCRAVATEです。軽いので席を立つときはペットボトルなど重しをしたほうが風で飛ばされずに安全です。

ゆったり夜空を眺めたい人は深めをオススメ

ストライプ柄がキャンプサイトでアクセントを与えてくれるロゴスのヒーリングチェア。
背もたれの角度が深く上を見上げたい時に活躍してくれます。ローチェアには珍しく横のドリンクホルダーがついていて結構便利。後ろのポケットには袋以外にウエットティッシュや手袋などの小物が入れられるのもポイントが高いです。

シート高と角度を変えられるウルトラライトアジャスタブルチェア

実用的でユニークなデザインが多いドッペルギャンガーからはウルトラライトアジャスタブルチェアがおすすめ。食事するときやくつろいで上を見たいときに高さと角度を微調整できるのはうれしいですね。しかも1kgを切る軽量モデルです。

クオリティを求めるなら信頼のスノーピーク


キャンパーに愛用者の多いスノーピークのローチェア。価格は高めですが、その分クオリティは高いです。キャンパス布なので少々の火の粉で穴が開く心配もありません。なんといっても動作がしやすく座り心地のよりシート高と角度は秀逸です。

最後に

上級者になればなるほど楽しくキャンプを過ごすにはイスにこだわると言われます。お気に入りのイスを見つけて野外での火遊びをお楽しみください。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ