設置が簡単・とても明るい!LEDランタンのオススメ9選!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

「ランタンを購入しようかな」と考えている人の中で、「種類がありすぎて、どれが良いのか分からない!」という人はいませんか?ガソリンや灯油、ガスなど様々なありますが、今回はお手軽に使えるLEDタイプのオススメアイテムをご紹介します。特にキャンプサイトに最適なものをご紹介しますので、「キャンプで使うLEDランタンはどれが良いのか」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね!

コールマン(Coleman):CPX6リバーシブルLEDランタン3

最初にご紹介するのは、コールマンから発売している「CPX6リバーシブルLEDランタン3」です。オススメのポイントは、他のLEDランタンにはない“逆さに吊せること”です。さまざなまシチュエーションによって、ランタンをそのまま使ったり、逆さに吊るして使うことができます。

透明なベンチレーターを採用しているので、光が上にスッと通り抜け、反射効果によってテント内をパッと明るくしてくれます。Higt・Low・ナイトライトの3段階で明りを楽しめること、また暖かみのあるふんわりと優しい明りなので、LEDランタンのバッと明るい感じではないのが特徴。

重量は約775gと1kgを切る重さなので、持ち運びもラクチンですよ!

コールマン(Coleman):CPX6 クアッドLEDランタン

コールマンから発売しているもう一つのLEDランタンが「CPX6 クアッドLEDランタン」。こちらのオススメポイントは、1つのランタンなのに4つに分けて使用できることまぶしさを軽減してくれるアンバーレンズを採用していることです。

普段キャンプをしているときに、ちょっとランタンから離れた所へ行くと、「暗くて見えない…」という経験はありませんか?そんなとき、このLEDランタンは4つに分けて使えるので、1つを懐中電灯代わりにして使うことだって可能なのです。

また、明るいLEDライトは、パッと明るく周囲を照らしてくれますが、目に優しくありませんよね。しかしこのLEDランタンはまぶしさを軽減するアンバーレンズを採用しているので、ふんわりと優しい光を灯してくれるんですよ。

そして、Higt・Lowと明りを2段階で調節が可能。Higtの状態で連続点灯時間約27時間、Lowの状態で約112時間とどちらにせよ長時間明りを灯し続けてくれるのです。1泊2日のキャンプの場合は、電池の交換は必要ありませんよ!

GENTOS(ジェントス):EX-1000C

工事現場など作業用ライトなどでも有名なGENTOS(ジェントス)から発売しているLEDランタンが「EX-1000C」です。このEX-1000Cはジェントスが発売しているランタンの中でも1000ルーメンというとても明るいランタン。

ゆっくりと点灯。3色の光に調節することができるので、作業するときは白色、キャンプサイトでくつろぐときは暖色など、シーンによって使い分けが可能なんですよ。また電池がなくなってきたときには、赤色点灯でお知らせしてくれる機能が付いているので、換えどきもバッチリ!

GENTOS(ジェントス):EX-136S

水辺で使用することが多い人にオススメがこちらの「EX-136S」です。ランタンには珍しく1m防水の機能がついていて、2mのところから落下しても問題ない落下耐久性があります。水に浮くフローティング機能がありますので、万が一水にボチャンッと落としても、ランタン自体が浮いてくれて防水機能が付いているので、安心できます!

また、キャンドルモードというキャンドルのゆらめく炎を再現した光を灯してくれる機能や、逆さまに吊るせる機能もありますよ。普通のキャンプだけで使用するのであれば防水機能はなくても大丈夫ですが、水辺のキャンプや海で使うのであれば、こちらのLEDランタンはオススメです!

スノーピーク(snow peak):たねほおずき

空前のヒット商品となったスノーピークの「たねほおずき」。たねほおずきは屋内外問わず使えて、手のひらサイズに収まるコンパクトな大きさが特徴です。たねほおずきは、マグネットキャッチがついていますので、テントやタープのロープに吊るしたり、パンツに付けて目印代わりにも活用できます。

マグネットキャッチは金属製品に簡単に付けることができますので、車中泊するときはもちろん、お家の中でも明りが欲しいときにすぐに設置できますよ。車にもよりますが、車体に付けてその光で作業やBBQをすることなども可能です。

ランタンとしても活用できて、その他さまざまな使い方ができる「たねほおうずき」。人それぞれ使い方が異なるので、あなただけの使い方を探してみませんか?

DOD(ディーオーディー):LED SOLAR POP UP LANTERN

コンパクトさを求めている&電池切れでも安心して使いたい!という人にオススメのLEDランタンは、DODが発売している「LED SOLAR POP UP LANTERN(LEDソーラーポップアップランタン)」です。

ホヤ部分がシリコン製になっていて、この部分をつまみあげると組み上がるポップアップ構造。そのため、使わないときは小さく収納ができます。また「キャンプでLEDランタンはあるけど、電池を忘れた!」という経験はありませんか?LEDソーラーポップアップランタンは、普通の電池でも使用できますし、ニッケル水素乾電池を使えば、USBで充電することが可能なんです。そして万が一電池がなくなったときでも、安心のソーラー充電機能が付いているので、太陽の下にポンッと置いておくだけで、充電ができちゃうんですよ。

また生活防水仕様なので、うっかり雨にあててしまった!というときでも大丈夫。安心して使うことができます。カラナビ式フックを採用しているので、カラナビを用意しなくても、そのままロープに吊るせるんですよ。

白色・暖色の切り替えが付いていますので、お好みで光の切り替えができます!コンパクト&電池切れでも安心して使いたい!という人にオススメです!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG):アンティーク暖色LEDランタン

オシャレなランタンを探している人には、キャプテンスタッグが発売している「アンティーク暖色LEDランタン」がオススメです!アンティーク風でキャンプサイトに置いておくだけでも、グッとオシャレな雰囲気にしてくれますよ。

LEDランタン特有の白色ではなく、暖色の光を灯してくれるので、ふんわりと柔らかい光が特徴。ティーカップなどと並べると、アンティーク感が倍増しますよ。つまみで明るさを調節することができるので、シーンに合わせて調節が可能。

使わないときは部屋の中に置いてオシャレ感を出しても良し。使用している人の中には、ランタンの周りを自分で塗装している人もいるのだとか。アンティーク風で一味違うオシャレなLEDランタンを探している人にピッタリです♪

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG):雷神 COBランタン

とにかく明るいLEDランタンが欲しい!という人にオススメが、「雷神 COBランタン」。最大1000ルーメンという明るさを持ちながら、4段階の調節が可能になっています。HIGH=1,000ルーメン、MIDDLE①=700ルーメン、MIDDLE②=380ルーメン、LOW=6ルーメンというさまざまなシーンに合わせて、明るさが調節できるんですよ!

また取っ手が付いていますので、カラビナを利用してテントやタープに付けたり、フックに引っかけることが可能です。“ザ・LEDランタン”というランタンが欲しい人にオススメですよ。

テントファクトリー(TENT FACTORY):LEDランタン

リーズナブルなお値段でアウトドアグッツを提供しているテントファクトリー。中でも「LEDランタン」はオシャレで人気なんですよ。一見するとガソリンや灯油ランタンに見違えてしまうほど、クラシックなデザインのLEDランタン。

最大220ルーメンでメインランタンとしても十分活用できます。暖色の明りなので、ふんわりと暖かみあるテントサイトを演出してくれます。またエコモードという70ルーメンの明りにすることで、消費電力を少なくし約90時間もの間連続点灯させることができます。(ノーマルモードの場合は約21時間)

メインランタンとして使いたい!クラシックなデザインのものが欲しい!という人には、テントファクトリーのLEDランタンがオススメです。

おわりに

LEDランタンはガソリンランタンやガスランタンに比べて、安心で安全に使えますよね。子どもがいるご家庭なんかだと、火傷のリスクもあるので、LEDランタンを選ぶでしょう。今回はオススメのLEDランタンをご紹介しました。ぜひご自身の好みのLEDランタンを見つけてくださいね!

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ