BURTONのビールホルダー「Beeracuda」は音楽フェス・キャンプに最適!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

今季BURTONから画期的なアイテムが発売されました。それが保冷機能がついているショルダータイプのビールホルダーです。今回は、周りと一味違ったスタイルを作り出せるビールホルダーについてご紹介していきたいと思います。

BURTONについて

IMG_4847 (2)

BURTONというと、スノーボードのブランドと思い浮かべる方が多いと思いますが、皆様はご存知ですか?創設者でもあり、現在でも所有者であるジェイク・バートンが1977年、バーモント州のガレージでスノーボードを作り始めたのがきっかけで設立されました。

現在では、スノーボード関連でBURTONを見ない日が無いほど、日本でもとても人気のブランドです。今現在は、主にウィンタースポーツ関連やアウトドア関連のアイテムを日々、開発・発売しております。

参考:BURTONについて
http://events.burton.com/burton-rail-days-jpn/about-burton-snowboards-jpn/

BURTONビールホルダーについて

IMG_4844
そのBURTONから発売されているビールホルダー「Beeracuda」は、肩掛けスタイルで美味しいビールを保冷しておくことができます。内容量は、350mlのビールだと5本、500mlだと4本収納することができます。
そしてショルダーストラップのクージーには、もう1本キープすることができますよ。様々なテクノロジーを取り入れたことで、一度に複数のビールを運ぶことが可能になりました。そして、かけた時にかかる重力の力を応用して、安全安心に肩へかけれる設計になっているんです。

ちなみに、本来はビール用のホルダーですが、500mlのペットボトルでも、3本入れることができます。その他にも、ご自身のお好きなドリンクを入れて、時間がたっても冷えたドリンクを飲むことができますよ。

音楽フェス・キャンプで使う

IMG_4849
音楽フェスへおしゃれに参加したい!と思いませんか?このBURTONの「Beeracuda」があれば、周りと一味違ったファッションを楽しむことができますよ。おしゃれなデザインのショルダーなので、そのままでもファッションコーデとして成り立っていますし、なにより中から冷えたドリンクが登場するのです。
普通のバックにドリンクを入れると、夏の季節などはぬるくなってしまい、美味しいドリンクも美味しくなくなってしまいます。ですが、「Beeracuda」があればどこでもおしゃれに冷えたドリンクを飲むことができるんです。

ちょっとした一工夫

IMG_4846 (2)
より冷えた状態をキープさせるには、少量の氷やドライアイスを一緒に入れることで、長時間冷えた温度をキープしてくれますよ。時間がたっても冷えたドリンクを飲むことができるのは嬉しいですよね。

おわりに

いかがでしたか?今回は、BURTONから発売されている「Beeracuda」についてご紹介しました。ショルダータイプのビールホルダーの中でも、おしゃれなデザインで視線を集める「Beeracuda」は、これからの季節に最適ですよ。音楽フェスやキャンプなどなど、様々なシーンで使用することができます。周りと一味違うおしゃれなビールホルダーを手に入れちゃいましょう!

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ