【薪割りする人必見】アウトドア用手斧のおすすめ10選!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

この記事では、アウトドアシーンに最適なおすすめ手斧をご紹介します。

焚き火などで薪を使用しますが、薪割をするときに万能斧を使用する人も多いでしょう。しかし細かい作業をするときには、手斧が使い勝手がよくおすすめです。

「手斧欲しいけど、何がいいのか分からない…」「すぐに壊れる手斧はいや…」そう思う方のために、中でも使い勝手がよく、耐久性に優れている手斧をご紹介します。

「手斧」と「斧」の違いは?

metal-2601324_1920

薪割りと聞くと、「大きい斧を振り下ろして薪割り」というイメージの人が多いでしょう。ここでイメージされる長く大きものが「斧」。「手斧」とは、小型タイプの斧のことで、約40cm前後の長さが多く、片手でも扱いやすいものなんですよ。手斧は薪割以外にも、簡単な枝打ちなどに使われています。

斧と手斧の違いというと、

・大きさ
・長さ

このような違いはありますが、用途はほとんど同じ「薪割り」。そのため、キャンプシーンなどでも使うことを考えると、気軽に持ち運ぶことができる手斧がおすすめなんです。

また手斧だからといって、「薪割りしづらい」「使いにくい」などそういうことはありません。手斧でパカッと薪割するのもとても気持ちがいいんですよ。サイズが30㎝くらいの持ちやすいコンパクトな手斧もありますので、女性が手斧を使うときはサイズが小さくて、軽いものを選ぶといいでしょう。

ただ、重量については刃の重さによってかなり変わるので、自分の使える重量の手斧を選ぶのがポイントですよ。

①ハスクバーナ:手斧

ハスクバーナはスウェーデンのストックホルムに本社を置く、老舗のブランド。創業1689年から高品質な工具を作り続けている人気のメーカーです。

ハスクバーナの「手斧」は、切れ味はもちろん、重量、持ちやすさ、価格、手のグリップ性の良さなど、総合的に見て一番おすすめできる手斧です。

程よく研磨されている状態なので、そのまま使うことができるのが魅力です。本来は、枝打ちとして使われているのですが、薪割り用に使用しても問題ありませんので、安心してください。薪割り以外にも、枝打ちや細かな作業にも適しているので、薪割り&雑作業など使い勝手がいいのがポイント。

また、他メーカーの薪割り用の手斧に比べるとお手頃価格なので、手斧を初めて購入する人や安い手斧を求めている人にピッタリですよ。総合的なバランスの良さが人気を集める理由のひとつでしょう。

②シルキー:斧

シルキーの「斧」は、日本の刃物の町で有名な「兵庫県小野市」で製造されている国産の手斧です。大きい薪を割るのではなく、1cm~5cm程度の薪割りに適していますよ。大きな薪割りよりも比較的小さな薪割をすることが多い人におすすめですね。

また世界初のゴム製の柄を採用しているので、木製の柄に比べると手首への衝撃を60%軽減してくれます。「いつも薪割りのときに手首が痛くなる…」そんな人は、シルキーの手斧を検討してもいいかもしれません!

さらに刃の部分と柄が一体化していることから、刃抜けの心配がなく、安心・安全に使うことができますよ。総重量が0.762kgと1kgを切りますので、女性にも扱いやすい手斧ではないでしょうか。

③ファイヤーサイド:バーコ キャンピングアックス

薪ストーブのメーカーとして有名な長野県駒ヶ根市にあるファイヤーサイド。ファイヤーサイドは薪ストーブや薪ストーブ関連アイテムを発売しているんですよ。そんなぬくもり溢れるファイヤーサイドが展開している手斧が「バーコ キャンピングアックス」です。

刃渡りが大きいため、小型斧としてはもちろん片手斧としても使えるのが特徴。また握りやすい柄、目を引くオシャレなデザインも魅力ですね。

ただ、購入時は林業用に仕上げた粗仕上げのため、ご自身で目立ての必要があります。

④ガーバー:ベア・グリルス サバイバルハチェット

「ベア・グリルス サバイバルハチェット」は、イギリスの冒険家である「ベア・グリルス」名義のガーバーの手斧。刃は大きくありませんが、割る力はとても強いので、1cm~5cmの薪であれば問題ありませんよ。

フルタング構造(刃が柄の先まであること)なので、強度もかなり優れていますよ。また刃の背面でテントのペグが打てたり、お肉を叩いて柔らかくしたりもできます。ソロストーブに使うための薪割りからテント設営まで、さまざまなシーンで活躍してくれますよ!

⑤マーブルス:手斧 シングルビット

マーブルスの「手斧 シングルビット」は、サイズ37cmと手の小さい女性でも握りやすいのが魅力です。価格も手斧の中ではリーズナブル。ただし両刃のため、使うときは十分に注意してください。

両刃の手斧は、あえて使用頻度を偏らせて刃の切れ味を調節するなど、便利な使い方ができるのも魅力です。柄が温かみのある木製デザインなのもポイント。

⑥高儀 村国:オノ 片手

「まず手斧とはどんなものか知りたい!」「とにかく安い手斧が欲しい」という手斧初心者や女性におすすめなのが、高儀 村国が発売している「オノ 片手」です。

柄の部分が細くて女性でも握りやすいのが特徴で、価格も2,000円を切るくらいお手頃。手が届きやすいと人気がありますよ。重量も570gと軽いので、持ち運びもラクチンで嬉しいですね!

ただし、刃欠けしてしまう可能性が高いのが難点。「とりあえず手斧を使ってみたい! 値段重視!」という方は検討してみてはいかがでしょうか。

⑦ヘルコ:ヘリテイジ ハンドアックス

ヘルコ社は、160年以上の歴史を持つ手斧のトップブランド。良質な刃材と強くしなやかな木材・ヒッコリーを使った手斧は名品として知られます。

中でもおすすめなのが「ヘリテイジ ハンドアックス」。一番サイズが小さく、持ち運びにも便利でアウトドアシーンにピッタリなんですよ!

創業以来、商品には王冠のマークが刻まれており、これもヘルコのファンにとって大きな魅力。また全シリーズ牛革製のカバーがセットのため、カバーを別で購入しなくていいのも嬉しいポイントですね。

また、ローレットグリップという柄の部分が握りやすく手のひらに密着するような技術を採用しています。そのため、他の斧では味わえないグリップ性の良さを体感できるでしょう。

⑧ハルタホース:スカウト

スウェーデンの有名工具メーカー「ハルタホース」は、1883年の創業以来、人々に愛され続けているメーカー。そのハルタホースの手斧「スカウト」は、選びぬかれた鋼から作った刃のパワーはもちろん、刃が「グラグラする・ゆるくなる」ことがないよう、刃の取り付け部分に独自の加工が施されているなど、使い勝手も抜群!

「今まで購入した手斧がぐらついている…」という方は、ハルタホースの手斧を一度使ってみてください。耐久性に優れていることが実感できますよ!購入した手斧を長く大事に愛用し続けたいという方におすすめの手斧です。

⑨エストウィング:E24A スポーツマンズ メタルアックス

アウトドアシーンに特化して製造された手斧が、エストウィングが発売している「E24A スポーツマンズ メタルアックス」です。刃と柄が一体となっているため耐久力に優れるのが特徴です。

レザーワッシャ製の柄は少し丸みを帯びており、長く使っていると自然と手に馴染んで使い勝手がどんどん上がっていきます。また刃を保護するナイロン製カバーがセットになっています。このカバーはループが付いているので、ベルトに通して持ち運べます。過酷なシーンにも耐える強靭さ、使いやすさ、携帯性のすべてを兼ね備えた一品です!

⑩ハスクバーナ:ハチェット

最初にご紹介したハスクバーナのもうひとつおすすめの手斧が「ハチェット」です。

利点はなんといっても使いやすさ。刃の重さに任せて振り下ろすだけで薪があっさり割れます!薪に刃が食い込んだまま抜けない!ということも少なく、仮にはさまってしまっても、このハチェットはすぐに抜けます!

「見た目は小さく軽いのに、破壊力は抜群!」なので、初心者からベテランまで納得できる手斧です。

おわりに

今回はアウトドアシーンにおすすめの手斧をご紹介しました。初めて手斧を購入する人はもちろん、手斧の買い替えを考えている人にも最適な手斧がたくさんあります。ご自身の好みや用途に合う手斧を見つけてくださいね。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ