【チタン・アルミ・ステンレス】素材選びは大事?クッカー・コッヘルの素材まとめ

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプや登山で利用できるクッカー(コッヘル)等の調理器具ですが、実は素材は様々で、代表的なものはチタン、ステンレス、アルミ製の3種類があります。それぞれ、いったい何が良いのか分からない人も多いかと思います。今回は、クッカーの素材についてご紹介していきます!

素材選びは大事!


キャンプで調理などするときに必要なのが、クッカーですがいろいろ種類があって、何が違うのか分からないですよね。
素材選びは大事で、素材を理解して使用することによってさまざまなメリットがあります♪
今回はクッカーの素材についてメリットとデメリットを、ご紹介していきたいと思います。

チタン製

メリット
・薄くてとても軽いので、持ち運びしやすい。
・錆びにくい。
・硬いのでへこみにくい。
・熱の伝導率が低いので、取っ手が熱くなりにくく火傷しにくい。
・金属臭が少ないので、食べ物にも匂いが移る心配がない。

デメリット
・熱伝導率が低いので、火にかけると火があたっている部分に熱が集中してしまい、その結果火が当たっている場所が焦げやすい。
・他の素材に比べると、値段が高い。

アルミ製

メリット
・焦げにくく熱伝導率が高いので、調理しやすい。
・内側に特殊なコーティングがしてあるものが多いので、調理中でも食材が焦げつきにくい。
デメリット
・変形したり、へこみやすい。
・耐久性が低いので、錆びやすい。
・チタンと比べると、重いので持ち運びの際に重さが気になる人にはおすすめできない。

ステンレス製

メリット
・錆びにくく、傷つきにくい。
・調理が終わっても、冷めにくい。
デメリット
・チタンやアルミと比べると重いので、重さを重視する場合は不向き。
・熱伝導率が低いので、火があたる部分は焦げやすい。

素材を比べてみる!

各素材のメリット、デメリットをまとめてみました。

クッカーの素材重さ熱伝導率耐久性値段
チタン製軽い低い高い高い
アルミ製(チタンに比べると)重い高い低い普通
ステンレス製重い低い高い安い

この表を参考にしてみると、重さを重視する場合であれば、重さの軽いチタン製クッカー

ソロキャンプなどで、少人数で使用するのであれば熱伝導率が高いアルミ製クッカー

大人数でキャンプなどの場合であれば、ステンレス製クッカー

素材は状況で変えよう!

3f6a88efbfa70adb19bbb78fb82ea669_s

素材によってメリット、デメリットがありますので、使う状況によって素材を変えましょう。
重さを重視する場合やキャンプの場合など、シーン別にそれぞれのメリットを活かしてクッカーを使用するととても便利ですよ。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ