【ナルゲンボトルって何?】特徴から様々な使い方まで一挙紹介!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

じわじわと人気が高まってきているボトル“ナルゲンボトル”はご存知ですか?私も愛用しているのですが、なんといってもカラーバリエーションが豊富♪そして、さまざまな使い方ができます。
今回はそのナルゲンボトルについて詳しくご紹介したいと思います!

ナルゲンボトルとは?

@3142____tが投稿した写真 -

初めて聞いた方は“ナルゲンボトル”って何?ってなりますよね。ナルゲンボトルとは、アウトドアブランドのハイマウントから出ている、ボトルのことです。
ぱっと見は、普通にプラスチックのボトルかと思いますが、その性能はとても高いんですよ。

%e5%ba%83%e5%8f%a31-0l-tritan-%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88
ハイマウント公式HP:http://highmount.jp/list/product/widetritan-1/

ナルゲンの性能①「本体は100度まで耐える耐熱性・-20度まで耐える耐冷性」

@koko.ta0122が投稿した写真 -

本体部分が100度、キャップ部分は120度まで、熱に耐えることができる耐熱加工がされています。
お湯は100度で沸騰しますが、火を止めると99~98度に下がります。なので、沸かしたお湯をそのままナルゲンボトルに注ぐことができます。

耐冷温度も、本体部分が-20度、キャップ部分は0度となかなかの耐冷性です。ナルゲンボトルごと冷凍することも可能です。現に私は、コーヒー豆をそのまま入れて、冷凍保存しています。

ナルゲンの性能②「割れに強く、漏れもおこらない」

ナルゲンボトルは、もともと試薬ボトルとして使われていたため、うっかり落としてしまっても全く壊れません。

そして独自開発されたキャップ部分は、パッキンが使用されていないにも関わらず、密封性が抜群です。逆さにしても思いっきり振ったりしても漏れることはありません。

ナルゲンの材質

試薬ボトルとして使わていたり、耐熱耐冷されているボトルですが、気になるのが材質ですよね。本体は飽和ポリエステル樹脂、キャップはポリプロピレンとなっています。

最大の特徴「カラーバリエーションが豊富」「ステッカーなども貼ってアレンジも♪」

rikaさん(@rika.0806)が投稿した写真 -

ナルゲンボトルは多くの人に愛用されていますが、カラーバリエーションが豊富なのであんまり人と被りずらい特徴があります。一番多く販売されているサイズは、1Lですが、今現在公式HPで発表されているカラーは15種類です。

特におすすめなポイントは、好きなカラーのナルゲンボトルに、自分の好きなブランドのステッカーなど貼って世界に一つだけの自分だけのナルゲンボトルを完成できちゃうところです♪

私が愛用しているナルゲンボトルはこんな感じです!

fullsizerender608

結構使い古していて、細かい傷がついてるのですが、味が出て個人的に大好きです。よく行くクライミングジムに忘れたりしてしまうのですが、オリジナルのナルゲンボトルなので必ず戻ってきます(笑)

さて、そんなナルゲンボトル。気になる人はAmazonからでも買えますよ♪

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル オレンジ 91317

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル オレンジ 91317

  • nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル オレンジ 91317
  • Amazon.co.jp

ナルゲンボトルのさまざまな使用方法

ナルゲンボトルの使用方法は、本当にさまざまです!私はコーヒー豆などの保存や、キャンプの時などはグラノーラなどを入れて持っていきます。

その他にも、非常食などを入れても良いですし、お菓子などを入れてもOK!なんでも入れることができるので、キャンプの時に余った料理などもいれることができますよ♪

いかがでしたか?今回はナルゲンボトルについてご紹介しました。カラーバリエーションが豊富なナルゲンボトルを、いろいろな使い方をして活用してくださいね。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ