【コスパ最強の北欧ナイフ「モーラナイフ」】種類からバトニングまで紹介

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

ロープを切ったり薪を割ったりするときなど、アウトドアシーンで何かと必要になるナイフ。でも、最初に使うナイフって何を選べば良いかわかりませんよね。そこでオススメしたいのが、今回ご紹介する『モーラナイフ』です。では、どういった点でオススメなのか、その魅力をご紹介しましょう。

モーラナイフとは


By: erik forsberg
モーラナイフとは、北欧スウェーデンの中部にあるモーラ地方で100年以上作られてきたナイフです。元々、やせた土地であったことから農作物よりもナイフや家具といった産業が盛んだったとか。永く愛用されてきたことから、スウェーデンを中心とした北欧の人々はナイフと言えばモーラナイフと呼ばれるほどメジャーとなったのです。今では北欧のみならず、世界中のアウトドア愛好家に愛されているナイフとなりました。
ちなみにこのモーラナイフ、スウェーデンを代表するメーカーにのみ許される王室御用達の認定も受けています。

性能以上の安さ

モーラナイフは伝統的なスカンジナビアンナイフで、単純な構造ながら非常に丈夫に作られています。握り手もラバー仕立てのものがほとんどですので、初心者でも使っていてすっぽ抜けることはないでしょう。こういった所に魅力があるのかもしれませんね。
そして、モーラナイフの大きな魅力としてその安さが挙げられます。スウェーデンではその安さから、一家に一本ではなく子供も大人も使う人に合わせて何本も持っている家庭もあるそうです。日本でも昔から『肥後守』という日常で使える小さなナイフがありますが、それの北欧版ととらえていいかもしれません。

ラインナップが豊富

モーラナイフは様々な用途で使われています。その用途に合わせて豊富なラインナップも魅力と言えるでしょう。
・Mora knife Companion Heavy Duty MG
最もオーソドックスなタイプ。木を削ったりロープをカットするのに適しています。材質は切れ味鋭い炭素鋼となっています。

・Mora knife Bushcraft Survival Black
よりサバイバルに特化したナイフで、ファイヤースターターやシャープナーがついています。

・Mora knife Companion MG (ステンレス)
こちらは炭素鋼ではなくステンレスでできています。錆びに強いので、釣りや料理の包丁としても使えます。

・Morakniv Garberg Multi-Mount
こちらはフルタングという柄の先まで刀身がつながっているタイプです。柄頭まで骨が入っているようなものなので、頑丈さではピカイチと言えるでしょう。

バトニングにチャレンジ

モーラナイフでは薪を切ることができます。しかも斧のように叩き割るように。どのように切るかというと、バトニングというワザを使います。
バトニングとは、薪などの木材にナイフをあてがって、ナイフの背を木材で叩き薪割りをする手法を指します。つまり、斧やナタが無くともナイフで薪割りができるのです。節目の無い薪であれば初心者でも難なくバトニングできますので、是非チャレンジしてみてください。ただし、集中しないと思惑ケガのもととなりますので十分注意しましょう。

頑丈ですのでメンテナンスの面でもモーラナイフは初心者に優しいナイフと言えます。長く使えるナイフですので、お気に入りを見つけてキャンプの相棒にしてください。

Pocket
LINEで送る

イバキャンパー
毎月1度はキャンプに出掛ける2児のパパ。子供を連れて行き自然に触れる教育を実践しようと試みるも、結局一番はしゃいでるのは自分という本末転倒を繰り返しています。座右の銘は“一流の遊びが出来なければ、一流の仕事はできない”。
コメントリンク
トップへ