【網・鉄板・コンロ】バーベキューセットの洗い方!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

楽しい楽しいバーベキューにだって終わりはやってくる…。
最後に残るのは洗い物や片付けですが、網や鉄板にこびりついた焦げをみるだけでげんなりしちゃいますよね。
今回はそんなときにおすすめな、バーベキューセットの洗い方をご紹介します。

網の洗い方

バーベキューセットの中で一番厄介なのが洗いづらい網かもしれませんね。
普通に洗っても油や焦げ付きが網の交差部分に溜まって、なかなかとれません。

そんなときは、食べ物を焼き終わったら網の上からアルミホイルを被せておくようにしましょう。
こうすることで網に残っている油や食べかすなどが完全に燃えきって、炭の状態になります。
たわしでこすると、割りと簡単に炭が落ちてくれるようになります。

もしくは、網は100均で売っています。
年に1~2回しかバーベキューをしない方は、使い捨ててしまうのもありですね!

鉄板の洗い方

網と比べて鉄板は平面なので、まだ洗いやすいです。

用意するもの
・金属のへら
・たわし
・重曹

一通り食材を焼き終わったら、鉄板が熱いうちに水をかけておきます。
こうすることで焦げや油が浮きあがってくるので、この後の作業がとても楽になります。
鉄板が冷めたら金属のへらやスクレーバーなどを使って表面の汚れを落としていきます。
次に重曹をつけたタワシで全体を洗って、水で流して終了です。

コンロの洗い方

コンロの部分は直接炭が当たったり、網からしたたり落ちてくる油などで洗うのも大変です。
なにより鉄板や焼き網と比べるとサイズも大きく、形も複雑で、一苦労なんですよね。

そこでコンロは「なるべく汚れないような使い方」をするようにしましょう。

コンロがなるべく汚れないようにするには、アルミホイルが活躍します。
IMG_6900

まず、コンロに炭を入れる前にアルミホイルで底面、側面を覆うようにしましょう。
こうやってアルミホイルを敷いておけば、炭や油が直接コンロ部分につくこともかなり少なくなるので掃除もラクチンです。

ただし、コンロの側面には、燃焼部分に酸素が行き渡るように穴が開いています。
この穴を完全にふさいでしまうと、炭に酸素が行き渡らずに火もつきづらくなります。
そのため、アルミホイルを敷いたらコンロの穴に合わせて穴をあけ、空気の通り道を作るようにしましょう。

片付けるときは炭ごとアルミホイルでくるんでしまえばOK。
全く炭や油がつかないというわけではないので多少の水洗いは必要ですが、これでだいぶ掃除も楽になります。

しっかりと片づけをしないとそのときはよかったとしても、次にバーベキューをやろうと思ったときに大変な目にあってしまいます。
なるべく簡単な方法でバーベキューセットが洗えるように工夫をしながらバーベキューを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ