【バーベキュー豆知識】バーベキューでおススメな牛肉の部位は?ハラミ・カルビ・ロースの違い

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

バーベキューでおさえておきたい食材といえば、なんといっても牛肉!
大きな体から取る牛のお肉は、その場所によって味わいや適した調理法もさまざま。代表的な部位について、その特徴やバーベキューでの適性をご紹介します。

バーベキューに適したお肉を選ぶ2つのポイント

c332e1f118be7a97bd485e029f79df85_s

はじめに、バーベキューに適したお肉について把握しておきましょう。
ポイントはたった2つです!

1.厚さ
スーパーでよく見かける牛肉は薄くカットされている焼肉用のものが多いですよね。
炭火で焼くバーベキューでは火加減も難しく、薄切りのお肉ではすぐに焦げてしまうことが多いのです。そのため、ある程度厚切りのお肉のほうがのんびり焼きながら食べられます

2.脂の少なさ
また、国産の牛肉は全体的に脂が多め。脂が多いと炭に脂が落ちて大炎上、網に乗っていた食材がみんな丸こげ・・なんてことも。
脂が少なめの外国産のお肉を選ぶと燃えることも防げますし、網や鉄板が汚れすぎるのも防ぐことができますよ。

以下の部位別のご紹介では、そのようなポイントを踏まえてバーベキューへの適性を採点しましたので参考にしてみてくださいね。

肩ロース

霜降りの脂肪が適度に入っていて、旨みが濃い部位。薄切りにして焼肉やすき焼きに使うことが多いです。焼肉風にさっと焼くバーベキューに適しています。

多め(霜降り)
おすすめの切り方薄切り
おすすめの焼き方網焼き
バーベキューへの適性★★★★☆

リブロース

霜降りの脂肪が多く、きめ細かくて柔らかい。ステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶなど幅広く使われる。厚めにカットして焼くアメリカンバーベキューでは必須の部位。

多め(霜降り)
おすすめの切り方厚切り
おすすめの焼き方網焼き
バーベキューへの適性★★★★★

サーロイン

柔らかくきめ細かく、牛肉の中でも最上級の部位。脂が多く入っていると、網焼きでは上手に焼けないことも・・・鉄板やバーナー&フライパンでステーキとして仕上げるのがおすすめ。

多め(霜降り)
おすすめの切り方厚切り
おすすめの焼き方鉄板
バーベキューへの適性★★★☆☆

ヒレ

わずかしか取れないので高いですが、柔らかくて脂も筋も少なく、女性には人気の部位。カツレツやステーキにすることが多いです。焼きすぎると固くなるので、バーベキューではカットのしかたや焼き加減が割と難しい上級者向けの部位です。

少ない
おすすめの切り方厚切り
おすすめの焼き方網、串焼き
バーベキューへの適性★★★☆☆

バラ(カルビ)

焼肉では「カルビ」として大人気。脂と赤身が重なりあって濃厚な味わいですが、バーベキューでは焼きすぎると脂が落ちて焦げやすく、カリカリパサパサになってしまうので注意!

多い
おすすめの切り方薄切り
おすすめの焼き方
バーベキューへの適性★★★☆☆

モモ

脂が少なくヘルシーなぶん、ちょっと固め。外モモはカレーなどの煮込み料理に、内モモはローストビーフなどによく使われます。バーベキューではホイルに包んだ塊肉を1時間以上焼いてシュラスコ風にしたりしますが、ちょっと上級者向けかも。

少ない
おすすめの切り方ブロック
おすすめの焼き方ホイル焼き
バーベキューへの適性★☆☆☆☆

ハラミ

横隔膜の筋肉。分類は内臓の部位ですが、食感は赤身肉に近く、焼肉でも人気です。ローカロリーでヘルシー。バーベキューでは少し厚めにカットし、タレであらかじめ下味を付けて網で焼くのがおすすめ。焦がさないように!

少ない
おすすめの切り方少し厚め
おすすめの焼き方網焼き
バーベキューへの適性★★★★☆

タン

焼肉で人気の牛タンは、牛の舌です。舌の付け根のタン元は柔らかく、タン先は固いですが煮込むと味わい深くなります。バーベキューで使うなら薄切りまたは少し厚めに切ったタン元を網で焼くのがおすすめです。

少ない
おすすめの切り方薄切り、少し厚め
おすすめの焼き方網焼き
バーベキューへの適性★★★★☆

以上、代表的な部位について、特徴やバーベキューでの適性をご紹介しました。

買出し前にそれぞれの部位の特徴をチェックしておけば、より充実したバーベキューになること間違いなし。お肉を焼きながら「この部位はヘルシーだよ!」なんてうんちくを語るのも一興ですね。

アイキャッチ出典: birgerking

Pocket
LINEで送る

シバタトモコ
2人の男子の母。キャンプでは調理担当です。設営と火起こしは主人の担当なのでよくわかりません(!)好物は焚き火とビールとお風呂。日帰り温泉が近いかどうかでキャンプ場を選ぶタイプです。神奈川・山梨によく出没します。今は子連れのどたばたキャンプですが、子どもが大きくなったら夫婦でおしゃキャンしたいので情報収集に努めています。
コメントリンク
トップへ