【世界遺産をめぐる】北海道知床半島の魅力

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

国立西洋美術館が世界遺産に登録され、都内にも世界遺産が登場しました。いま注目を浴びることの多い世界遺産!中でも自然遺産に登録された道東の秘境知床半島には大自然が残り人気を誇っています。
知床半島近隣には釣り好きをうならせるポイントも多数。世界自然遺産を巡るためのベースキャンプをとり、充実の道東の旅を満喫してはいかがでしょうか。

滝と温泉!?温泉の滝!?

知床半島はオホーツク海に面し、冬には流氷が海面を覆いつくします。短い夏を迎えると世界各国から人が訪れるこの半島の魅力は“滝”!!斜里方面から向かうと、空・海の青と白、自然の緑のコントラストの中に“オシンコシンの滝”が見えてきます。さらに進むと滝全体が温泉となっている“カムイワッカの滝”が登場します。なかなかお目にかかることのない草鞋(わらじ)も入り口で売られています。お土産にもなるので購入オススメです。
そして、カムイワッカの滝に負けないくらい、全国的に知られている温泉があります。それはドラマ『北の国から』のロケでも使われた“セセキ温泉”、その海に面した温泉の向こうに日が沈む景色は一度は見てみたいものです。自然と一体化したかのような気分を味わえるところも知床半島の自然遺産たる所以なのでしょう。

By: Sendai Blog
By: Sendai Blog

知床近隣のキャンプ場

そんな知床半島を中心に巡るのにもってこいのキャンプ場を紹介します。このあたりのキャンプ場はアングラーと呼ばれる釣り好きたちも集結。大人のキャンプが味わえるのも醍醐味です。

野趣たっぷりのキャンプ場から紹介します!

場所名:国設知床野営場
住所:〒099-4112 斜里町ウトロ香川
URL:http://www.shiretoko.asia/hotel/camp_utoro.html
場所名:知床国立公園羅臼温泉野営場
住所:〒086-1822 目梨郡羅臼町湯ノ沢町
URL:http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/kanko/nmrgsdb/8outdoor/8o-rausuonsencamp.htm
場所名:クリオネキャンプ場
住所:〒099-4147 北海道斜里郡斜里町西町4
URL:http://www.campclione.jp

続いてオートキャンプ場です。

場所名:しべつ「海の公園」オートキャンプ場
住所:〒086-1653 標津町南3条東1丁目
URL:http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/kanko/nmrgsdb/8outdoor/8o-shibetsuautocamp.htm
場所名:羅臼オートキャンプ場
住所:〒086-1844 目梨郡羅臼町幌萌町628番地7
URL:http://www.shiretokoclub.jp/autocamp.html

梅雨のない北海道の短い夏を楽しんでください。

By: Sendai Blog
By: Sendai Blog

By: fto mizno
By: fto mizno

アイキャッチ画像出典: harukasan

Pocket
LINEで送る

輪島潤
北海道に生まれ、海に育てられ。学生時代に知り合った友人によって山も鍛えられ、自然界と温泉に溶け込んでいった。そこで交わった人々と共有した経験と自分の思う所を文章にしています。 かつての自分が経験できた自然が、そのまま残っているとは限りません。せめて文章の中にだけでもその姿が残ること、みんなが意識して保全すること期待しています。いつかどこかで読者と会えたらうれしいです。
コメントリンク
トップへ