【北海道】日本海を満喫!蘭島海水浴場でキャンプ!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

夏と言えば海!そして海と言えばキャンプ!ですよね。そこで今回は、北海道の日本海でキャンプができる「蘭島海水浴場」についてご紹介したいと思います。これから北海道を訪れてキャンプの予定がある人は参考にしてくださいね。

蘭島海水浴場について

IMG_4780
蘭島海水浴場は、北海道の小樽市の西側に位置しており、語源はアイヌ語で「ランシュマ」(下りはいる所)という意味を持っています。今から100年以上も昔の1903年(明治36年)に、開場されました。北海道の中でも100年以上もの歴史を持つ海水浴場は、道内屈指の海水浴場です。毎年シーズンに入ると、キャンプをする人やBBQをする人でにぎわいます。JR蘭島駅から徒歩10分の距離にあり、車でも行くことができますよ。約1.2kmのサラサラな砂浜で、遠浅の海が遊びやすく安全な海水浴場です。

海岸から見える切り立つ崖の景色がとても綺麗と有名ですし、海の透明度も小魚が泳いでいるのが見えるほど透明度が高いんですよ。

施設名蘭島海水浴場
電話番号0134-64-2831
住所〒048-2562 北海道小樽市蘭島1丁目

蘭島海水浴場にはレンタルがある

IMG_4832
蘭島海水浴場には様々な海の家が営業しており、レンタルを行なっている所があります。では、実際にどんなものがレンタル商品として取り扱っているのかというと、海でBBQをするときに必要な七輪セットや、小型BBQコンロはもちろん、イスやパラソル、テーブルなどが用意されていますよ。キャンプをする人のために、テントやスクリーンタープ、タープなども用意されています。その他にも、浮き輪など海で遊ぶ遊具もレンタルしております。

キャンプの場所取り

IMG_4784
テントを張る場所取りですが、シーズン真っ只中だととても込み合うことが予想されるので、早めに到着して場所取りをされることをおすすめします。大体朝の8時くらいに到着すると、駐車場に近い場所はすでにテントで埋まっている状態です。なので、より良い場所をゲットするためには、朝早く行って場所取りをしてゆっくり過ごされると良いでしょう。

蘭島海水浴場の駐車場

IMG_4777
車で行く人が気になる駐車場情報ですが、有料駐車場が用意されていまして、日帰り料金が700円、キャンプなどで一泊する場合は1400円となっています。1000台も駐車することができるので、車でも安心して行くことができますよ。

トイレやシャワーについて

IMG_4837
海水浴場で特に女性の方が気になるのが、トイレとシャワー関係です。海で遊んでそのままキャンプするのも良いですが、できれば海に入らない時間帯になった時、体ついている海水を洗い流したいと思いますよね。海水浴場にトイレがついていない場合だと、近くのコンビニまで行かなければいけないですが、蘭島海水浴場は公衆トイレが完備してあり、無料で使用することができます。そして、各海の家には温水シャワーが完備されているので、有料で利用することが可能です。

海の家のメニュー

75ad7a3e591f36eab64f151de514a2b7_s
キャンプ中に、海の家の料理を食べるという人も少なくありません。そこでどんな種類の料理があるのか気になりませんか?海の街小樽ということで、イカ焼きや焼きツブ、ホタテバター焼きなどがあります。そしてその他にもラーメン類やご飯類、揚物、おつまみなどが用意されていますよ。生ビールなどお酒類はもちろん、運転される方向けのノンアルコールビールも発売されております。

コンビニは徒歩圏内

蘭島海水浴場から歩いて約10分のところにコンビニがありますので、必要な時は少し歩いてコンビニへ行くことができます。日中の蘭島海水浴場には、売店や海の家が多く営業しておりますので、ある程度の物は海水浴場内で揃いますよ。売店や海の家の営業後に、買い出しに行く時は徒歩圏内にコンビニがあるので便利です。

おわりに

100年以上の歴史を持ちながらも、透明度が高く美しい蘭島海水浴場についてご紹介しました。遠浅の海でお子様と一緒に遊ぶことができ、女性にとって気になる部分のトイレやシャワーがきちんと完備されていることや、徒歩圏内でコンビニへ買い出しへ行ける好立地な海水浴場です。今年の夏北海道でキャンプ予定がある方は、ぜひ蘭島海水浴場でキャンプに訪れてみてくださいね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ