お花見キャンプを楽しもう!【関東キャンプ場編】

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

長い冬が終わり、桜を楽しむ季節がやってきます。桜の有名な名所も魅力的ですが、思い切って家族や仲間たちと外遊びを楽しんでみませんか?今回は桜を楽しみながらキャンプができるキャンプ場をご紹介します。

イレブンオートキャンプパーク(千葉県君津市)

eleven

5万平方メートルの広い敷地にキャンプサイトが120区画あり、1区画の120平方メートルとゆったりとしたスペースでキャンプが楽しめます。オートキャンプだけではなく、ログキャビンやカナディアンコテージもあるのでキャンプ初心者でも楽しめることができます。キャンプ場内には桜の木の下でキャンプが楽しめる区画が多くあり、思う存分お花見ができるので人気があります。また、広々とした多目的広場でも桜が楽しめますし、キャンプ場内の散策もおすすめです。トランポリンやクライミングウォールなど子供が楽しめるアクティビティも人気です。

詳細情報

住所千葉県君津市栗坪300
電話0439-27-2711
チェックイン13:00
チェックアウト11:00
公式サイトイレブンオートキャンプパーク

花の森オートキャンピア(山梨県南都留郡道志村)

hananomori

キャンパーなら一度は訪れたい道志村にあるキャンプ場。名前の通り四季折々の花が楽しめるキャンプ場です。こじんまりとはしていますが、管理が行き届いておりリピーターが多いです。オートキャンプサイトの他に、フィンランドログキャビン、ログハウスコテージがあります。キャンプ場内には朝9時から入ることのできるお風呂もあり、何度も入ることができます。お風呂好きにはたまらないですね。各サイトには洗い場があるので、ちょっとした洗い物などができとても便利です。また、近くには人気の道の駅「どうし」があり、新鮮な地野菜を購入できますし、特産のクレソンを使った料理やジュースを味わえるレストラン「手作りキッチン」があり、テラスで自然を感じながら食事ができます。川沿いには桜並木があり、ここでも桜を楽しむことができます。

詳細情報

住所山梨県南都留郡道志村中山9709-1
電話0554-52-2776
オートキャンプチェックイン13:00
チェックアウト11:00
コテージ・キャビンチェックイン13:00
チェックアウト10:00
公式サイトhttp://hananomori.jp

青野原オートキャンプ場(神奈川県相模原市)

aonohara

1500人も収容できるため、思い立った時に予約なしでキャンプが楽しめるのが青野原オートキャンプ場です。目の前には道志川が流れ、川遊びや釣りが楽しめます。河津桜、ソメイヨシノといった春を感じさせる花が楽しめます。キャンプは勿論ですが、デイキャンプも十分楽しめます。キャンプ場周辺には御用鮎を記念した「鼻曲がり鮎の碑」や道志川を見下ろせる「牧馬橋」、落差20mの「大滝」など見どころも多いです。また、利用料金の安さも魅力的で、ファミリーキャンプやグループキャンプにも気軽に利用できます。料金の安さで設備はどうなの?と不安はご無用。管理棟、炊事場、トイレ、シャワー室も完備しています。

詳細情報

住所神奈川県相模原市緑区青野原918-1

電話042-787-0477
キャンプチェックイン8:00
チェックアウト17:00
デイキャンプチェックイン8:00
チェックアウト17:00(夏場は18:00)
公式サイトhttp://aonohara-acl.jp

お花見キャンプの注意点

日中が暖かくなるこの時期に注意してほしいのが防寒対策です。日中は汗ばむほどの陽気になることもありますが、朝晩は冷え込みます。快適にキャンプを楽しむには寝袋やストーブなど冬仕様の用意があると安心です。お子さんがいるご家庭は脱ぎ着ができる上着の用意を忘れずに。日中でもキャンプ場は意外と底冷えしますので、寒さが気になる女性は足元や腰回りの防寒対策もしっかりしてくださいね。また、電源サイトの設備があるキャンプ場を利用するのも良いかもしれません。

stove-1857814_640

まとめ

関東でお花見が楽しめるキャンプ場をご紹介させて頂きました。各キャンプ場の注意事項を確認していただき、春の日差しの中でBBQやアクティビティを楽しんで下さい。

※2017年3月現在の情報です。

Pocket
LINEで送る

hiroko
キャンプをこよなく愛する主婦。冬キャンプが大好きで、朝から晩まで薪ストーブを楽しんだり、焚き火を楽しんでいます。できればキャンプをメインに生活をしたいと考えているキャンプバカ。
コメントリンク
トップへ