【冬の大人キャンプ】昼はワカサギ釣り・夜はイルミネーション

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

雪に包まれた世界は、どこかロマンチックで都会の喧噪を忘れさせてくれる場所です。「アナと雪の女王」でも素晴らしい銀世界の描写がありましたが、一度はこの銀世界に憧れるのではないでしょうか。さて、今回は冬のキャンプを本気で楽しむ方法の中でも、大人向けの目線でアクティビティを紹介していきます。

ワカサギ釣り


By: Nori Norisa

氷の上に穴をあけて釣り糸を垂らす。氷上ワカサギ釣りは、そのスタイルから子どもにも大変人気がありますが、実際に釣りのスポットにいってみると、本気ではまって集中しているのは大人です。

大型の湖では多くのテントが湖面に立ち並び、テント用のストーブの煙突も多く見られます。テントの中はあたたかく、「えっ!!氷が割れちゃうのでは!」とおっかなびっくりの人も、いったん釣りがはじまるとコートを脱ぎ捨て没頭!3桁どころか4桁をつる人も珍しくありません。

imgp2778
テントや専用の釣り竿を用意したりと大変なイメージもありますが、最近では手ぶらでいってワカサギ釣りを楽しめる環境が整ってきました。しかも、テントではなく小屋が氷上にたてられおり、暖房も付いています。レンタルの道具もすべて揃っています。

湖の上を移動するときにスノーモービルを用意している店も多く、普段乗ることができないスノーモービルにまたがり雪の中を疾走する快感も経験してもらいたいです。

By: MIKI Yoshihito

釣ったワカサギはやはり天ぷらが一番!その場で揚げてくれるサービスを行っているお店もあります。ビールや鍋焼きうどんを片手にワカサギ釣りを堪能してみてください。

By: shrk

雪祭り・氷まつりとイルミネーション

キャンプ場周辺で雪を使ったイベントが開かれることが少なくありません。さらに雪景色を幻想的に彩ってくれるイルミネーションも心を踊らせてくれます。最近はLEDの技術が進み、熱を持たないことから雪との相性もよく、イルミネーションの演出も多種多様になってきたようです。

雪と言えば北海道でしょう、一番有名な北海道のイベント紹介します!札幌市の中央部にあるテレビ塔をスタートにはじまる長い公園である「大通公園」。この公園は1キロ程度まっすぐ道路にそって存在し、そのすべてが雪像でうまります。

By: yy


By: Kentaro Ohno

多くのショップも立ち並び、食べて飲んですっかりお祭り気分!「ホワイトイルミネーション」の名で知られるその電飾の世界は、大人も子どもも圧倒されること間違いなし。仙台の「光のページェント」や三重県「なばなの里」とは違った自然の雪による演出が、旅のこころを満たしてくれることでしょう。

%e3%81%aa%e3%81%b0%e3%81%aa%e3%81%ae%e9%87%8c%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3-2016-2017-top%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8
なばなの里 イルミネーション 2016-2017 TOPページ

2016sendai

2016SENDAI光のページェント公式ウェブサイト


By: Sendai Blog

雪が降ったときこそ外へ繰り出すような、子どもの心をもって冬のキャンプに出かけましょう。新しい自分に出会えるチャンスです!

Pocket
LINEで送る

輪島潤
北海道に生まれ、海に育てられ。学生時代に知り合った友人によって山も鍛えられ、自然界と温泉に溶け込んでいった。そこで交わった人々と共有した経験と自分の思う所を文章にしています。 かつての自分が経験できた自然が、そのまま残っているとは限りません。せめて文章の中にだけでもその姿が残ること、みんなが意識して保全すること期待しています。いつかどこかで読者と会えたらうれしいです。
コメントリンク
トップへ