【ひと味違ったキャンプ楽しみ方】現地の直売所や特産物を利用してキャンプを楽しもう!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプをより楽しむために、みなさんはどんなことを心がけていますか?今回は、キャンプをより楽しくするために、私が心がけていることをご紹介していきたいと思います。キャンプ中級者から上級者の人や、料理好きの人は必見ですよ。

キャンプに行く地域の美味しいものを下調べする

desk-2941921_1920
キャンプへ行くときに、行く地域のこと調べていますか?実は、この行く地域の特産物を調べるだけで、グッとキャンプを楽しくさせることができます。キャンプへ行くとき、普通であれば事前に食材を購入していくと思いますが、これをしません。キャンプ場近くのスーパーや市場に寄って、現地調達するのです。そうすることで、その地域の特産物や、旬な食材を見つけることができます。いつもと違う食材があると、そのキャンプもまた一味変わってきますよ!

「調べる」と聞くと、めんどくさいイメージがありますが、そこまで詳しく調べるわけではありません。どんなものが美味しいのか、特産物はなにかをサラッと調べる程度です。そうするだけでも、現地調達するときに、目に入る食材が変わります。

ただ、キャンプに初めて行く人は、やらない方が良いと思います。経験上ですが、キャンプへ行って、一通りテントやタープを設営するだけで、かなり疲れます。そのあとに、料理を炭火で調理をするときは、炭をおこすところから始まります。炭をおこすのは、慣れていないと火の付きが悪くて、なかなか調理に適した火になりません。そうしている間に、どんどん時間が過ぎてしまいます。キャンプに慣れるまでは、現地調達するより、ご自身でササッと作れるキャンプ料理の食材を、事前に購入していきましょう。

おすすめは「直売所」

vegetables-1584999_1920
農家の人たちは、ご自身の畑の近くに直売所を置いているところがあります。これがおすすめの購入場所です。朝一で収穫した野菜などが並んでいることがほとんどですよ。地域によって無人だったり、人が居たりするのですが、今までの経験上、無人直売所の方が、お得なお値段です。無人の場合は、お金を入れる箱があり、そこへ自分が購入する分のお金を入れるのです。「美味しいのに、この値段?」というのも多いですよ。無人直売所が無くても、人が居る直売所や、地域によっては農家から食材を集めて、道の駅などで販売しているところもあります。新鮮な野菜をゲットできるので、キャンプ場の近くに、直売所がないか調べておくのもおすすめです。

いつもとは違うキャンプ料理が楽しめる

pork-2781157_1920
キャンプに慣れてくると、キャンプ料理が同じようになってしまいがちです。実際に私も、キャンプ料理を作るときは、似たりよったりになってしまいます。ですが、現地調達した食材があると、その食材を「どんな料理にしようか」というところから、ワクワクしてくるんですね。それが、キャンプや料理が好きな人の、楽しみになると思いますよ。地域によっては、鹿肉など販売しているところがあります。鹿肉はキャンプ料理に適しておりまして、炭火を使ってそのまま焼いたり、鹿肉のワイン煮込みなどもおすすめですよ。

おわりに

実際に私が心がけていることをご紹介しました。キャンプ初心者の頃は、食材を持って行かないで、現地調達するということに余裕がありませんでしたが、キャンプになれると、さまざまな想像ができるようになります。その中でも、「楽しく美味しく料理をするには…」という考えが出てきまして、最終的に現地調達をすることが、ピッタリだということに気づきました。野菜以外にもお肉や、海が近ければ魚を販売しているとこがあります。キャンプを美味しく・楽しく・面白く、いつもと一味変えたい人は、ぜひ食材を現地調達してみて下さいね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ