【ダッチオーブンのシーズニング成功法】失敗しないための準備や手順を紹介!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプの醍醐味と言えば、キャンプ料理という人も多いはず。今回は、料理をするうえでかかせない、ダッチオーブンの事前準備の方法についてご紹介していきます。ダッチオーブンを購入したけど、すぐに使ってもいいの?なんかしなきゃいけないことがあるの?疑問がある人は必見ですよ。

新品のダッチオーブンはワックスが塗られている状態

c08d461e98ff0d396dbb1c47c08101e0_s
まず初めに、新品のダッチオーブンがどんな状態なのか、知る必要があります。新品のダッチオーブンというのは、錆びないように「錆び止めのワックス」が塗られている状態です。ワックスが塗られている状態で、そのままキャンプ料理などで使用してしまうと、錆び止めワックスが食材についてしまい、真っ黒でとてもくさい臭いがする、キャンプ料理が出来上がってしまいます。この錆び止めワックスをしっかりと落としてあげることが必要になります。

この錆び止めワックスを落としてあげる&代わりのオイルを塗り込むことを「シーズニング」と言い、ダッチオーブンの事前準備になります。シーズニングを行なうことで、初めてダッチオーブンが使える状態になります。そのため、シーズニングは重要な工程と言えますよ。

シーズニングが初めての人は、何からやっていいのか分からないと思いますので、今回は徹底的に、シーズニングの方法をご紹介していきたいと思います。

シーズニングに必要なアイテムは5つ!

3cb62f0dcc213d0098dbd6b99b43972e_s
シーズニングに必要なアイテムは5つです。

・オリーブオイル
・たわし
・キッチンペーパー
・野菜くず(野菜の皮などでOK)
・皮手

たわしは、金属製のものだと、ダッチオーブンを傷つけてしまう可能性がありますので、避けた方が良いです。野菜のくずは、野菜の皮でも何でも大丈夫。料理を作る際に出る、野菜の皮などを使うと、エコになります。

シーズニングの方法!徹底的にご紹介!

ddceb9bfa7e54896848c2d80a6de9523_m
ダッチオーブンのシーズニングと聞くと、とても難しいイメージがありますが、実は誰でも簡単に行うことができますよ。順序を間違えないで丁寧に行うようにしましょう!

①ダッチオーブンにたっぷりと水を入れて火にかけましょう。
②沸騰したら火を止めて、自然に冷めるまで待ちます。
③ある程度、触れるようになったら、たわしを使ってダッチオーブンについている錆び止めワックスをはがしていきましょう。
 ※ワックスが浮いてくるのが分かるかと思います。
④ダッチオーブンに入っているお湯をすべて捨てて、蓋を閉めて火にかけましょう。
 ※弱火で約30分熱します。
⑤キッチンペーパーに、オリーブオイルを適量出して、ダッチオーブン全体に塗っていきましょう。
 ※とても熱くなっていますので皮手を着けた方が良いです。
⑥内側はもちろん、外側、蓋もまんべんなく塗っていきましょう。
⑦オリーブオイルを塗り終えたら、強火で熱していきます。
⑧「⑤・⑥・⑦」この工程を最低でも5回は行います。
 ※繰り返して行うことで、美しく黒光りしますよ。
⑨ダッチオーブンに火をかけて、野菜くずを炒めていきましょう。蓋で炒めるのも忘れずに!
 ※鉄臭さを取り除くことができます。
⑩ある程度炒めたら、火を止めて冷めるまで待ち、野菜を取り除きます。
⑪最後の仕上げは、キッチンペーパーにオリーブオイルを適量染み込ませて、ダッチオーブンに塗ります。
⑫完了です!

シーズニングをしなくていいダッチオーブンもある!

シーズニングが重要!とお伝えしましたが、中にはシーズニングをしなくても良いダッチオーブンがあります。それは、どんなダッチオーブンなのか、ご紹介していきますよ。

もともとシーズニングされている

8622489a787fba964e58773bf433f202_s
販売されているダッチオーブンのほとんどが、シーズニングはされておりません。ですが、中にはシーズニングがされているダッチオーブンがあります。そういったダッチオーブンの場合は、シーズニング工程が不要になりますよ。

ステンレス製やアルミ製のダッチオーブン

ダッチオーブンのほとんどが、鋳鉄という素材のもので、この鋳鉄の素材を使っているダッチオーブンの場合は、シーズニングが必要です。しかし、ダッチオーブンの中にはステンレス製やアルミ製のものがあります。こういった素材のダッチオーブンは、シーズニングをする必要はありません。

鋳鉄のダッチオーブンは料理の仕上がりが変わる!

7e44d41538734d68b61c5147c04cdb7f_s
ダッチオーブンの中でも、鋳鉄のダッチオーブンは、熱を逃がさず保温性に優れているのが特徴です。熱を逃がさず、保温性が優れていると、料理をした時に、食材のうまみをグッと閉じ込めることができるんですよ。そのため、ふわふわ感やジューシー感をより引き出すことができるのです。

おわりに

ダッチオーブンを購入した人でも、簡単にシーズニングができるよう、徹底的にご紹介しました。ダッチオーブンは、丁寧にシーズニングをしてから使うことで、キャンプ料理を美味しく作ることができます。しかも、自分でシーズニングを行うと、愛着がわいてきいますよ。シーズニングを通して、ぜひダッチオーブンの魅力を存分に味わってくださいね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ