10,000円以下で購入できる!しっかり頑丈な焚き火台10選!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

この記事では、10,000円以下で購入できる焚き火台をご紹介します。キャンプの楽しみの一つが、“焚き火”という人も多いでしょう。焚き火をするときに、たくさん薪を入れて豪快に燃やしたり、じわじわ燃えるように薪を入れたりと好みの焚き火ができるのが、嬉しいですよね。「そろそろ焚き火台の買い替えを悩んでいる」という人のために、頑丈でなおかつ10,000円以下で購入できる焚き火台をご紹介します。それほど安くもなく高くもないので、これから長期間愛用していきたい人におすすめですよ!

10,000円以下!焚き火台10選

10,000円以上の焚き火台だと「キャンプで使う焚き火台に、10,000円以上も出せない!」と、現実的に厳しいと感じる人は多いです。なので今回は10,000円以下で“頑丈&長く愛用できる”焚き火台を集めてみました。ぜひ購入の際には、参考にしてくださいね。

【6,900円】ユニフレーム:ファイアグリル

手軽に焚き火を楽しむことができ、ダッチオーブンなどの豪快な料理を調理することができる焚き火台が、ユニフレームのファイアグリルです。この焚き火台の特徴は、熱による変形を防げることと、頑丈な造りです。炉の四隅を見てみると、わずかに隙間があります。これはわざと隙間を開けており、空気を取り込めるように設計されているんですよ。なので、熱がこもることがなくなるので、熱により変形することを防げるのです。

ダッチオーブンを2台乗せても問題なく使用できるほど頑丈で、耐荷重は約20kgです。とても頑丈なスタンドを使用しているので、壊れる心配がなくダッチオーブン料理も楽しくなっちゃいますね。

炭の下に敷くロストルにも注目しましょう。炭と焚き火台の間に適度な空間をつくってくれるので、効率よく炭を燃やしてくれますよ。

【8,640円】笑's:焚き火グリルA-4君

コンパクトに収納したい人におすすめなのが、笑'sから発売している焚き火グリルA-4君です。折りたたんで収納することができ、収納時の厚さは約20㎜。商品名の通り、サイズはA4サイズになるコンパクトな焚き火台です。本体の重さも1.9kgと比較的軽いので、持ち運びもあまり苦になりません。

A4サイズなので、大人数向けではありませんが、ソロキャンプから3~4人のキャンプであれば問題なく使用できるでしょう。薪などをガンガン入れると、大炎上するのでお気を付けくださいね。焼き鳥などを焼くのにちょうどよいサイズなので、焚き火を楽しんだり、焼き鳥を焼いたりと楽しみ方はそれぞれですよ。

【9,288円】スノーピーク:焚火台S

焚き火台の中でも、人気があるのがスノーピークの焚き火台です。スノーピークの焚き火台にはS・M・Lと、サイズがあります。その中でもSサイズは10,000円を切るお値段で購入できるんですよ。焚き火を楽しむには十分なサイズで、板材は1.5mmの強靭なステンレス製、フレームにはステンレスパイプを溶接してつくられています。溶接していると聞くと、「溶接部分は大丈夫なのか?」と心配になる人もいると思いますが、優れた溶接加工技術によって、強大な熱量にもへこたれませんよ。

初心者にも嬉しいワンタッチで、組み立て・収納ができるのもおすすめポイントです。

【8,591円】VARGO(バーゴ):チタニウム ファイヤーボックスグリル


軽い焚き火台を探している人におすすめが、バーゴのチタニウム ファイヤーボックスグリルです。なんといってもチタン製なので、とても軽いのが特徴。荷物をより少なくしたい人の希望を叶えてくれますよ。サイズは小さいので、ソロキャンプやバイクツーリングキャンプなどにピッタリですよ。重量は約164gと驚きの軽さなので、パッキングしたあとに「本当に焚き火台を持ったのか?」と思ってしまうほどです。

【6,300円】DOD:ビッグファイアクレードル

より焚き火を楽しみたい人におすすめするのが、DODから発売しているビッグファイアクレードルです。焚き火の三脚はアルミ合金製ポールを採用しており、フックは最大20kg、網は5kgまで耐えることができます。日が沈んだあとに、ビッグファイアクレードルを使い焚き火を楽しむのも良し、焚き火を利用してダッチオーブンを吊り下げ、ダッチオーブン料理を楽しむのも良いですね。

焚き火をするときは、専用の特殊耐火メッシュを装着するだけで、焚き火を楽しめます。直火が禁止されているキャンプ場でも、ビッグファイアクレードルがあれば、焚き火もキャンプ料理も調理することができますね。

【7,980円】DOD:秘密のグリルさん

ファミリーキャンプなど、荷物が比較的多くなりがちな人におすすめの焚き火台が、DODが発売している秘密のグリルさんです。コンパクトに収納可能なのに、ファミリーキャンプ向けの大きさ。網の組み合わせを変えることによって、焚き火やBBQ、キャンプ料理をつくることができますよ。目の細かい網が3枚入っていますし、大きな焚き火網が1枚あるので、用途に合わせて使い分けができます。焚き火をしながら煮炊きすることも可能です。使い方はアイディア次第で広がりますよ!

【6,680円】キャプテンスタッグ:ラウンドファイヤピット

ヨーロッパスタイルを楽しみたい人におすすめなのが、キャプテンスタッグから発売しているラウンドファイヤピットです。柔らかい雰囲気のブロンズカラーなので、キャンプサイトをおしゃれに演出できますね。焚き火のときにパチッパチッと、火の粉が飛び散ることを防止するメッシュフード付きなのも、女性には嬉しいポイントです!網付きなので、焼き台としても利用できBBQのときに活躍してくれますよ。これ一つあれば、焼き台としても、焚き火台としても使えますね。

【9,504円】LOGOS(ロゴス):ターボファイヤー


ソロキャンプやハイキングのときにおすすめな焚き火台が、ロゴスから発売しているターボファイヤーです。特徴は商品名の通り、送風機を備えた焚き火台ということです。送風機というのは自動で風を送り、より効率的に着火させ、そのあとの火力も調節できるのです。松ぼっくりや落ち葉、木の枝を燃料にできます。

折りたたんで収納すると、手のひらサイズのコンパクトさ。収納袋が付いているので、持ち運びもラクチンですね。

【6,800円】SOTO:エアスタ ウイングL

より空気を取り込み、効率よく焚き火をしたい人におすすめなのが、SOTOから発売しているエアスタ ウイングLです。焚き火台の中央部分に筒があります。この筒の下から空気を取り込む「エアアシストスタートシステム」を採用しており、簡単に着火できるようになっています。“近未来的焚き火台”といわれていますよ。筒部分はフィンキャップというフタがありますので、このフタをすることで炭火にも対応できます。しかもLサイズなので、4~8人の大人数まで利用可能。友人同士集まった大勢キャンプに最適です!

【8,710円】Petromax:ファイヤーボウル

シンプルなデザインのファイヤーボウルは、男前に使えるととても人気があります。スチール製の鉄板に脚が3本という、ザ・シンプルな焚き火台。実はこのファイヤーボウルは、鉄板としても焚き火台としても使える1台で2役こなしてくれるアイテムなんです。

他の焚き火台と異なる点は、火床部分がとても浅くフラットなところ。そのため直火をしているようなオープンな焚き火を楽しむことができるんですよ。しかも厚さが3mmの鉄板プレートなので、お肉や野菜を焼くにもちょうど良く、いろいろな食材の焼き物を楽しめます。

愛用者の中では、ファイヤーボウルの“重ね使い”が注目されています。サイズの異なるファイヤーボウルを2セット用意して、下の段で焚き火、その上の段では鉄板調理をします。同時に焚き火も調理も楽しますし、重ね使いがとてもカッコイイと評判です。使いこなす人は、ダッチオーブンの上火を熱源にして鉄板調理する人もいますよ。ファイヤーボウルは、アイディア次第でさまざまな使い方ができるんですね。

おわりに

今回は10,000円以下で購入できる焚き火台をご紹介しました。焚き火台があるかないかでは、キャンプの楽しさもグッと変わりますよ!焚き火デビューする人は、焚き火の魅力にハマることでしょう。ソロキャンプからファミリーキャンプまで対応できるさまざまなサイズの焚き火台を集めましたので、ご自身の用途に合う焚き火台を探してくださいね。使用していくうちに愛着が生まれ、手放せないキャンプギアのひとつになるでしょう。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ