おしゃれな夏用シュラフでテントの中をアレンジ!おすすめ7選

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

この記事では、夏キャンプに使えるおしゃれなシュラフをご紹介します。夏にキャンプするときのシュラフって、どんなシュラフを選べばいいのか悩んでしまいませんか?せっかくならおしゃれなシュラフが良い・・・そんな人もいると思います。そこで今回は、夏キャンプのシュラフの選び方と、おすすめのおしゃれシュラフをご紹介しますよ。これで夏キャンプも準備万端!おしゃキャンが楽しめます!

夏に使うシュラフの選び方は“気温”が重要

dawn-190055_1280
キャンプの計画を立てるときって、とてもワクワクしますよね。けれどシュラフがない人は、「夏キャンプのときは、シュラフいるの?」「どんなシュラフを選べばいいの?」と疑問に思いますよね。夏キャンプで使うシュラフは、使う場所の気温によって選んだ方が良いです。なぜかというと、使う場所の標高によって気温が大分変わるからです。

標高の高いキャンプ場でキャンプを予定しているときは、そのキャンプ場の気温に合わせたシュラフを持って行かないと、「寒くて眠れない!」というトラブルにあう可能性があります。逆に気温が高いキャンプ場で、氷点下の気温のときに使うようなダウンを用意しても、「暑くて眠れない!」という状況になりますよ!

どのようなシュラフが良いのかというと、シュラフに記載している「快適温度」というのをチェックしましょう。この快適温度というのは、快適温度を記載しているシュラフが、どのくらいの気温で使うのがベストなのかということが分かります。夏キャンプでは2シーズン用(春・夏)3シーズン用(春・夏・秋)のシュラフから選ぶと、快適温度もちょうど良いものが多いです。

キャンプ場を決めたら、キャンプ当日はどれくらいの気温になるのかをチェックしましょう。そして気温と快適温度が近いシュラフを選ぶと良いですよ。

夏キャンプに使えるおしゃれなシュラフ!おすすめ7選

ali-diaz-618433-unsplash
夏キャンプで使うのに最適なおしゃれシュラフをご紹介します!おしゃれなシュラフを使うと、気分もあがって就寝のときでも楽しくなっちゃいますよ!夏キャンプ用のシュラフを購入する予定の人は、ぜひご参考にしてくださいね。

ロゴス:コットンシュラフ・2(ピンストライプ)【封筒型】


アウトドアブランドの中でも有名なロゴスから、おしゃれなシュラフが発売しています。「コットンシュラフ・2(ピンストライプ)」という商品名で、肌触りがやわらかいコットン製、細いストライプ入りなのが特徴です。テント内にこのシュラフがあるだけで、ふんわりとおしゃれな空間ができあがりますよ。

「シンプルだけど人と被らないデザインのシュラフが欲しい!」「夏キャンプに使えるおしゃれなシュラフを探している」という人にオススメです。

シュラフと聞くと、お手入れが大変そうなイメージがありますが、このシュラフは丸洗いが可能なので、汚れたときなど気になるときにご自身で洗えます。そのため毎回のキャンプで使って汚れても、きちんと洗えるので清潔さを保てるのが嬉しいポイントです。

ちなみに「モイスポリ」という素材を使っているので、就寝中に汗をかいてもスムーズに水分を外部へ発散させてくれます。長時間使用していても、さらりとした肌触りを実現してくれますよ。このシュラフの適正温度は2℃と低い気温でも使えますが、主に低地にあるキャンプで使用することをオススメします!

コールマン:アドベンチャースリーピングバック2人用【封筒型】


カップルやファミリーキャンプのときにオススメのシュラフがこちらです。ミニバンの車中泊にも最適なサイズなので、「キャンプや車中泊にも使う2人用のシュラフが欲しい!」という人にオススメです。

このシュラフの快適温度は5℃以上に設定されているので、低地にあるキャンプ場や車中泊にピッタリ!しかも上下に分割にでき、一人用シュラフとしても使えるのが特徴です。

表生地はシンプルなブルーカラー、裏生地はカラフルの柄が入っているのが特徴です。一見普通のシンプルカラーのシュラフに見えますが、裏生地のカラフルな柄によって、おしゃれさにパンチを出してくれています。

シュラフを使うときのサイズも気になりますよね。使用時サイズは約150cm×190cm、分割時は75cm×190cmなので、身長が高い男性でも問題なく使えますよ!カップルやファミリーで一緒にシュラフへ入ったり、ソロキャンプのときには分割して使えるのがポイントです。

DOD:わがやのシュラフ(4人用)【封筒型】


家族4人がみんな入られるシュラフが、DODから発売しています。「わがやのシュラフ」という特大サイズシュラフ。他のブランドではあまり見たことない大きさのシュラフですね。

家族全員分のシュラフを、ひとつひとつ出して片付けることはとても大変です。しかし「わがやシュラフ」の場合は一気に片付けられるため、時間短縮になって時間のより有効的に使うことができますよ。1分もかかることなく片付けることができます。

4人用のシュラフと聞くと“大人2人、子ども2人”というイメージを持つ人が多いと思いますが、この「わがやのシュラフ」は幅230cmあるので、大人4人がでも余裕に寝ることができます。家族が一緒になって一つのシュラフで過ごすことで、家族の絆がより深くなるでしょう。

キャンプシーンによっては、シュラフを上下に分割できるので「2人用×2」のシュラフとして使うことも可能。

シュラフの裏地には、肌触りが優しいコットン100%を使用しています。表地はポリエステルを採用しているので、汚れにくく結露から体を守ってくれますよ。洗濯機で丸洗いができるので、わざわざクリーニングに出す必要もありません。ブランドが推奨する温度は5℃以上なので、夏キャンプでも快適に使えますね。

THE NORTH FACE:ホームステッドツイン 4【封筒型】


夏用シュラフの中でも、2人用かつ機能性に優れていてデザイン性を求めている人におすすめのシュラフです。ホームステッドツイン4は、2人で使うことができるので、カップルやファミリーキャンプにぴったりですよ!

このシュラフはキャンプをより手軽に行うことができるというのをコンセプトにしており、2人用なのに1.5kgと比較的軽く、簡易的なデイパックにもできるスタッフサックがついているので、持ち運びにも便利で使いやすいです。

夏キャンプで使用することを考えられていて、最低使用気温は4℃まで対応しています。他のシュラフにはほとんど搭載されていないヒートコントロールができるショートジッパーを搭載しています。暑くて眠れない夜でもジッパーで開閉することで体温調整可能ができ、寝やすくなりますよ。

デザインは松の木に野鳥がとまっている様子を繊細に表現しているもの、山をデザインにしたもの、赤を中心としたレトロなものなど、見ていて楽しいデザインです。

J型のジッパーを搭載しているので、ジッパーを全部開くと掛け布団のようにして使うことができます。キャンプではもちろん、車中泊グッズとしても使えるのが嬉しいポイントですね。

マウンテンハードウェア:ハイパーラミナ スパーク【マミー型】


春先や秋など、少し肌寒い季節にも使えるシュラフを探している人におすすめがこちらです。化繊ですがダウンのように保温性が高く、軽量、圧縮性に優れているシュラフなんですよ。

快適温度は5℃と低く設定されているので、気温が低い春や秋に使えるのが嬉しいですね。もちろん暑い夏キャンプでは、お腹に 部分にかけて使うこともできます。ウェルデッドラミナ構造という、冷気を追い出して内側の熱をキープしてくれるつくりになっています。

キャンプの就寝時に、冷えやすい身体の部分を保温するために、胴体の部分と足元に多く中綿(インシュレーション)を入れています。「なかなか足が冷たくて寝付けない」「体が冷えてしまう」そんな悩みを持っている人におすすめできます!

ロゴス:丸洗い寝袋ナバホ・6【封筒型】


おしゃれなデザインのシュラフの中でも、抗菌・防臭機能が搭載しているシュラフを求めている人におすすめです。シュラフの裏表ともにナバホ柄が入っているので、他のシュラフにはないおしゃれさがありますよ。

適正温度は6℃が目安とされているので、春・夏・秋の3シーズンの仕様には問題ありません。(高山の縦走以外)夏キャンプなど安心して使えるシュラフですよ。シュラフを使い続けていくうちにニオイが気になったことはありませんか?このシュラフには、抗菌・防臭機能が搭載しているので、しっかりと菌を抑えて、イヤなニオイを防ぎます。そして丸洗いができるのもおすすめできる理由のひとつです。

キャンプ当日に「使おう!」と思って取り出したときに、「臭い!!」となったことがある人は、一度このシュラフを使ってみてはいかがでしょうか?

NANGA(ナンガ):AURORA light 350DX【マミー型】


「夏キャンプでもいつも寒くて眠れない!」「少しでも寒いのが嫌い」という人におすすめなのがこちらのシュラフです。表生地に防水コーティング素材を採用しているので、シュラフにわざわざシュラフカバーをつける必要がありません。快適温度が0℃、使用限界温度-16℃の3シーズン用なので、キャンプ場での利用であれば問題なく使用できますよ。

少しお値段は張りますが、化繊ではなくダウンを使用しているので、ふんわりと暖かく保温性に優れています。春先や秋キャンプなど肌寒い季節のキャンプでも活躍してくれますよ!

シュラフのチャックを閉じようとしたときに、生地を巻き込んでしまったことはありませんか?このシュラフは、YKKの特殊パーツをファスナー部分い取り付けているので、生地を巻き込んでしまうことを防いでくれるのです。しかもファスナー部分に蓄光樹脂という暗闇で光る素材を使用しているので、暗闇でも見やすく操作しやすいのが特徴です。

おわりに

シュラフの中でもおしゃれなシュラフをご紹介しました。シュラフを選ぶときは、使う場所の気温によって種類を選ぶようにしましょう。冬にキャンプをしない人であれば、2シーズンや3シーズンのシュラフがおすすめですよ!ぜひ今年のキャンプはNEWシュラフでおしゃれにキャンプを楽しんでくださいね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ