【必需品】キャンプに持って行く薬箱・救急箱の中身が知りたい!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプに持って行く薬箱ですが、どんなものを持っていけばいいのか悩んでしまいませんか?今回は、キャンプに持って行く薬箱の中身をご紹介したいと思います。万が一の時に備えて、事前に準備しましょう!

どんな状況が考えられるか?

45782e1e380e23d3ef1d6a70218ef54b_s
キャンプの時に薬箱が必要になる状況は、どんな状況だと思いますか?お子様と一緒にキャンプするのであれば、遊んでいる時に転んでケガしてしまう状況も考えられますよね。あとは、遭遇したくありませんが、毒蛇と遭遇して噛まれてしまう最悪な状況も考えられますし、キャンプ時にいきなり体調が悪くなったり、食あたりなど体調面が悪くなってしまう状況も考えられます。どんな状況が起こったとしても、事前準備をすることで、慌てず行動することができますよ!

キャンプ時の絶対!

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s
ケガなどで、手持ちのものでは対処できなくなった時に、病院に行くことも予想していないといけません。なので、保険証や医療証・お薬手帳をキャンプに必ず持参しましょう。万が一病院に行くことになった場合に、保険証や医療証・お薬手帳があると安心だからです。そして、病院まで行くには、ほとんどの場合車になるので、運転できる人を最低一人は、準備しましょう。飲酒をしないで、万が一に備えることも重要なんですよ。

薬箱の中身は?

2648707505b64e0cc054cbe4b2c92471_s
私の薬箱の中身はこちらになります。
●薬類(詳しくは以下記載します)
●絆創膏
●包帯
●ガーゼ
●湿布
●熱さましシート
●虫除けスプレー(ハッカスプレーなど)
●かゆみ止め
●ポイズンリムーバー※

※ポイズンリムーバーというのは、薬局などに売っていて、毒虫などに刺されたときに、患部から毒を吸い出してくれる応急処置アイテムなんです。ブヨや蚊、蜂やアブに刺されたとき、約2分以内に使うことで症状の悪化を防いでくれますが、あくまでも応急処置になるので、少しでも心配な場合は病院へ行きましょう。刺されてから10分以上経つと、効果はそれほど期待できません。

気になる人はこちらをチェック!

薬類の詳細

薬は風邪薬、胃薬、整腸薬、痛み止めは最低限持っていきましょう!

薬の分類とそれに対応する効能・効果はこちらより引用:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/09/s0906-6d.html

殺菌消毒薬切傷、すり傷、かき傷、靴ずれ
かぜ薬(内用)かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、悪寒、頭痛、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、たん、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和
かぜ薬(外用)かぜの諸症状(鼻づまり・のどの痛み・せき・たん・胸の痛み・筋肉の痛み)の緩和
ヒスタミンH2受容体拮抗剤含有薬胃痛、胸やけ、もたれ、むかつき(H2ブロッカー薬を含んでいる)
整腸薬整腸(便通を整える)、腹部膨満感、軟便、便秘
解熱鎮痛薬頭痛・歯痛・生理痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・咽喉痛・打撲痛の鎮痛。悪寒・発熱時の解熱

まとめ

いかがでしたか?今回は、キャンプ時に持っていく薬箱の中身をご紹介しました。薬箱もそうですが、万が一の時に備えて、保険証なども忘れずに持っていくようにしましょう♪より快適に、安心してキャンプを楽しみましょうね!

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ