キャンプ用品を揃えるといくらくらいかかるの?初心者向け

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプをしたい!と思っても、キャンプ用品を一から揃えなければいけない人もいますよね。そこで今回は、一からキャンプ用品を揃えるのに、大体いくらくらいかかるのか、具体的にご紹介していきたいと思います。キャンプ初心者の人は、必見ですよ。

ピンからキリまであるが4万円は見る

vwbus-2450216_1920
最初にお伝えするのが、キャンプ用品を揃えよう!と思ったら、安いものでも大体4万円くらい必要になります。どのアイテムがどれくらいのお値段するのか、お得アイテムやおすすめアイテムと一緒にご紹介していきますよ。

テントやタープ

people-2589092_1920
就寝場所をどんなアイテムを使うかによって、お値段がグッと変わっていきます。安いものであれば、1万円以下からあります。よりテントを長く使いたい!と思っている人は、1万円以上のテントを購入すると良いですよ。

【安】キャプテンスタッグ クレセントドーム


お得なテントは、キャプテンスタッグのクレセントドームです。お値段は、約4000円。このテントは、大人2人・子ども1人が入っても、余裕のある広さのテントです。家族で初めてキャンプへ行く予定があって、「キャンプをする回数があまりないから、高いテントはちょっと…」と思っている人にピッタリです。

初心者でも簡単に扱えるよう、X型のポールなので、とても簡単に組み立てることができます。重量も軽く、コンパクトなので、持ち運びに便利ですよ。

【高】スノーピーク ランドブリーズ


テントの中でも人気があるのが、スノーピークブランドのテントです。スノーピークの中でも、使いやすく初心者から上級者の幅広い人たちに人気があるのが、ランドブリーズです。このテントは、2人用・4人用・6人用があります。お値段も2人用は約65000円・4人用は約76000円・6人用は約100000円となっております。お値段は高いですが、設営しやすいことや、長く愛用することができるので、おすすめのテントです。

【安】クイックキャンプ スクリーンタープ


キャンプをするときに、ゆっくりと団らんするスペースに丁度良いのが、タープです。クイックキャンプのスクリーンタープはお値段約15000円です。タープにはいろいろ種類がありますが、初心者の人にはスクリーンタープをおすすめします。このスクリーンタープは、4面ともフルで閉めることができるので、雨はもちろん、虫が多いときでも、安心して活用することができますよ。そして初心者でも簡単に設営できるよう、ワンタッチで簡単に設営できることが魅力です。

【テント・タープセット】スノーピーク メッシュシェルタートンネル


スノーピークから発売されているメッシュシェルタートンネルは、テントとタープがセットになっております。重さも、約1kgなので、持ち運びにも便利ですよ。テントとタープを別々に用意するよりも、これ一つで完成するのでおすすめです。お値段も、約14000円とお手頃価格になっています。

イスやテーブル

sunset-2680231_1920
イスやテーブルに関しては、ネットやホームセンターで購入するととても安く揃えることができます。今回は、ネットで購入できるお得アイテムと、少しお値段は高いですが機能が優れているアイテムをご紹介します。

【安】軽量 折りたたみイス


ネットで購入できるこちらのイスは、お値段が約3000円とお安くなっています。しかも耐荷重約100kgまで可能なので、壊れる心配もほとんどありません。コンパクトに収納できるのも、アウトドアに最適なんですよ。カラーは5色展開されているので、お好みのカラーを選ぶこともできます。イスの重さも約1kgなので、重くなく持ち運びしやすいです。

【高】スノーピーク ローチェア30

キャンパー憧れと言っても良いイスが、スノーピークのローチェア30です。お値段は約18000円。他のイスに比べると、低めの設計になっていますが、同じスノーピークブランドから発売されている、焚き台を使用するときの高さが、抜群に丁度良いのです。なので、スノーピークブランドの焚き台を持っている人は、このイスを使うと、計算されたイスの高さに驚いてしまうはずです。お値段は少し高くなりますが、長い目で使用していくことを考えると、そこまで気になりませんよ。

【安】アルミローテーブル


こちらのテーブルは、アルミ製のローテーブルでお値段は約5000円です。2段階に高さを調節(39㎝と70㎝)できますので、そのときのキャンプスタイルに合わせて使うことができますよ。おすすめポイントは、サビに強いアルミ製なのでお手入れがしやすいことです。子どもが間違って飲み物をこぼしてしまっても、サッと拭くことができるので、問題ありません。

【高】コールマン テーブル ナチュラルウッドロールテーブル110

お得なテーブルに比べると、少しお値段が高いコールマンのテーブルで、お値段は約17000円です。このテーブルの天板は、天然木を使用しているので、とても優しい雰囲気のキャンプサイトを演出してくれますよ。高さも2段階で調節(30㎝・70㎝)できます。おしゃれなキャンプサイトを作り上げたい人は、天然木を使ったテーブルはいかがですか?

寝袋やマット

nature-1281574_1920
寝袋やマットは、寝るときに重要なアイテムです。とにかく寝心地が良くて、スッキリ起きることができる寝袋を探しましょう。お得なアイテムと、ハイスペックのアイテムを両方ご紹介していきます。

【安】寝袋


こちらの寝袋は、体感温度が-5℃ととても低い温度まで対応できるのに、お値段が2980円とお得になっています。普段のキャンプに使用や車中泊にも便利な寝袋ですよ。ジッパーをすべて開放すると、ブランケットとしても活用できるのがポイントです。少し肌寒くなる季節にも、この寝袋があれば、ブランケット・寝袋として活用できちゃいます!

【高】ISUKA(イスカ) エア 280 X ショート


ハイスペックな寝袋はこちらです。寝袋のブランドの中でも有名なイスカですが、春から夏にかけてテント泊をする人におすすめの寝袋です。最高品質のホワイトグースダウンを使用しており、身体をふんわりと包み込んでくれ、なおかつ保温性にも優れているアイテムです。このアイテムは172㎝メートルの人を設定して作られております。そのため、高身長の人は「ISUKA(イスカ) エア 280 X」をおすすめします。

【安】銀マット


お値段もお得なマットがこちらの銀マットです。銀マットは、地面からの底冷えを防いでくれるのに重要です。お値段を抑えてマットを購入したい人には、銀マットがおすすめですよ。ホームセンターでも購入できますし、ネットでも購入可能です。テント内で使用するのはもちろん、芝生に敷いてお昼寝をすることができますよ。

【高】サーマレスト クローズセルマットレス


毎年キャンプに行かれる人で、耐久性があるマットを探している人には、サーマレストのクローズセルマットレスがおすすめです。もともとこのマットは、バックカントリーを楽しむ人へ向けて作られています。そのため、安い銀マットに比べると、耐久性も軽さも優れていますよ。摩耗にも強いので、長年愛用しても壊れにくい造りなのです。

ランタン

lamp-1565705_1920
日が暮れる頃から活躍するのがランタンです。ランタンは大きく分けるとガソリンランタン・ガスランタン・灯油ランタン・LEDランタンと種類があります。LEDランタンに比べてガソリン・ガス・灯油ランタンは柔らかい光を演出してくれますよ。初めてランタンを購入する人で、コスパに優れたランタンを探している人は、LEDランタンがおすすめです。お値段関係なく、柔らかい光を求めている人は、ガソリン・ガス・灯油ランタンを選びましょう。

ハイランダー 1000ルーメンオリジナルランタン

こちらのLEDランタンは、コンパクト設計なのに、1000ルーメンというとても明るいランタンです。お値段は約4000円。おすすめのポイントは、LEDランタンなのに、白色・暖色・白色+暖色という3モードの切り替えがついていることです。そしてカバーも取り外し可能になっておりますので、逆さに吊るしてテント内でも使用することができるのです。キャンプ以外にも、防災グッツとしてお家においておけるのもポイントですよ!

コールマン ワンマントルランタン286A740J


ランタンの定番と言っても良いでしょう。コールマンから発売されているガソリンランタンの「ワンマントルランタン286A740J」です。このランタンは、ランタン独特の暖かい光を演出してくれるおすすめのアイテムです。お値段は、約15000円とLEDランタンより値を張るのですが、実際に使うと、その魅力に引き込まれますよ。キャンプへ何度か行き、キャンプにハマったらぜひ購入してほしいアイテムです。

ファイアグリル

bonfire-691668_1920
キャンプでバーベキューなどをするとき、必要になるのがファイアグリルです。このファイアグリルについても、お得なアイテムとハイスペックのアイテムに分けてご紹介します。

折りたたみ式バーベキューコンロ


こちらのアイテムは、折りたたみ式のバーベキューコンロなので、持ち運びがラクチンなアイテムです。5~6人用なので、比較的どんなキャンプにも対応できるでしょう。お値段は約5000円とお手頃価格になっています。錆びにも強いステンレス製なので、お手入れが簡単!嬉しいポイントですね。

スノーピーク 焚き火台Lスターターセット


スノーピークから発売されている焚き火台ですが、ファイアグリルとしても使用することができるアイテムです。とても頑丈な造りで、長年使用していくことができます。重量は約5kgあるので、ずっしりと重いです。焚き火台Lサイズのみであれば約13000円ほどですが、最初に購入するときは、スターターセットで購入した方が良いでしょう。スターターセットは約27000円です。焚火台L・焚火台ベースプレート・炭床ProL・焚火台Lコンプリート収納ケースがセットになっておりますよ。

おわりに

今回はキャンプ用品を一から揃えるとどれくらいになるのか、お得なアイテムやおすすめアイテムをご紹介しました。全てお得アイテムで揃えるにしても、約4万円はかかります。おしゃれ・高機能を求めると、それ以上になりますよ。キャンプに慣れてきてから、ご自身好みのアイテムを揃えても良いでしょう。今回の記事を参考にして、ぜひキャンプを楽しんでください。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ