ユニフレーム新商品!「キャンプ羽釜3合炊き」ふっくら焚き上げる本格派!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

この記事では、ユニフレームが新発売する「キャンプ羽釜3合炊き」についてご紹介します。

キャンプでご飯をつくるときに、分量を目安で入れてしまって水っぽいご飯、芯が残ったご飯になってしまったなど経験はありませんか?簡単にふっくらと美味しいご飯を炊きたいと思いますよね。今回ご紹介するユニフレームの「キャンプ羽釜3合炊き」は、キャンプならではの焚き火で、誰でも簡単にふっくらとした美味しいご飯が作れるんですよ。詳しく「キャンプ羽釜3合炊き」についてご紹介します。

斬新!だけどどこか懐かしいデザイン

キャンプお米炊いたことありますか? ユニフレームの新作 「キャンプ羽釜 3合炊き」が入荷しましたよ! 何ともユニフレームらしい商品☆ 本体はアルミ鋳造で全体に熱が伝導するので炊きムラがなく、 蓋は重みのあるステンレスを採用しているので、 圧力がかかって羽釜で炊いた本格的なご飯がキャンプで食べれますよ。 底がフラットなのでバーナーでも使用出来OK! 今年のキャンプは羽釜deご飯を楽しみましょ! http://www.shop-orange.jp #ユニフレーム #キャンプ羽釜3合炊き #日本の誇り #白ご飯 #羽釜 #キャンプでごはん #Orangeかつらぎ店 #オレンジかつらぎ店

Orange Outdoor Shopさん(@orange_outdoor_shop)がシェアした投稿 -


「キャンプ羽釜3合炊き」は、昔の人たちが使っていたような形のデザインになっていて、初めて使うけどどこか懐かしくなるような気持ちにさせてくれますよ。気になる材質ですが、羽釜の本体はアルミ鋳造を使用しています。アルミ鋳造は全体的に熱を通しやすくしてくれるので、ムラなく綺麗にご飯が炊き上がります。

そしてフタ部分は、ずっしりと重みがあるステンレス製なので、圧力がかかること、ご飯を炊くときにありがちな吹きこぼれがないことが特徴です。実際にキャンプでご飯を炊いているときに、ちょっと目を離したすきに吹きこぼれてしまうことなどありませんでしたか?キャンプ羽釜3合炊きは重さのあるフタなので、吹きこぼれしにくく安心して炊くことができますね。しかもフタについているツマミ部分が天然木なので、デザインのアクセントにもなっていますよ。

特徴①すり鉢形状

「キャンプ羽釜3合炊き」特徴の一つ目が、すり鉢形状になっているため、釜の中で対流が起きることです。窯の中でご飯が躍るように下から上へ、上から下へという流れができるので、火の熱が均等に全体へ通すことができます。その結果、本格的な美味しいご飯が炊きあがるというわけです。

特徴②目安線がついている

初心者の人でも簡単に御飯が美味しく炊けるように、羽釜の内部には水を入れるときの目安線があります。線がついていないと「どこまで水を入れたら良いの?」と疑問に思ってしまいますが、目安線がついているので安心して適量の水を入れることができます。

特徴③ネイチャーストーブラージ(別売)にセットできる

ユニフレームから発売しているネイチャーストーブラージ(別売)にセットすることができます。このネイチャーストーブラージは、小枝や薪を燃料にして、効率よく燃焼してくれるアイテム。ネイチャーストーブラージに付属しているゴトクを取り外すと、「キャンプ羽釜3合炊き」がピッタリと気持ちよく収まりますよ。

気になる人は、こちらをご覧ください。

特徴④底がフラット&ツルつき

「キャンプ羽釜3合炊き」の底はフラットになっています。お持ちのストーブやツーバーナーなどで調理することが可能です。しかも本体にツルがついているので、トライポットを利用し上から吊しながら使うことができます。焚き火を楽しみながら、トライポットに「キャンプ羽釜3合炊き」をセットして調理するのも、キャンプならではで良いのではないでしょか。

羽釜の羽部分は熱をより閉じ込める機能があります。ネイチャーストーブを使用すると、羽部分より下がスッポリと収まりますので、効率良く熱を取り入れることができます。最強のセットといえるでしょう。「絶対失敗したくない!」「より美味しく炊きたい!」という人は、ネイチャーストーブラージ(別売)の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

「キャンプ羽釜3合炊き」の仕様

「キャンプ羽釜3合炊き」の仕様については下記をご覧ください。

サイズ約φ206(内径φ149)×150(高さ)mm
材質本体:アルミ鋳造
ハンドル:ステンレス鋼
フタ:ステンレス鋼
ツマミ:天然木
重量約1.35kg
満水容量約1.8L
適正炊飯量3合
発売日2018年3月31日(土)

引用:ユニフレーム公式HP「キャンプ羽釜3合炊き」

「キャンプ羽釜3合炊き」のメリット

7253e78c74bdf11a117a0ac330c3b0f2_s
「キャンプ羽釜3合炊き」のメリットというと、誰でも簡単に美味しいご飯が炊けることですね。ご飯を炊くのに失敗する人の多くが、水分量の間違いです。「キャンプ羽釜3合炊き」はもともと目安線がついているので、お米の分量さえ間違わなければ、簡単に美味しいご飯が完成しますよ。

今まで「何回炊いても美味しいご飯が作れない」「焦がしてしまう」「ぐちゃぐちゃになる」という人は、一度「キャンプ羽釜3合炊き」を試してみてはいかがでしょうか。

逆にデメリットは?

「キャンプ羽釜3合炊き」のデメリットは、飯ごうやクッカーのように軽くないことです。重量が1.35kgありますので、そこそこの重さです。なのでいかにどれだけ軽量パッキング&キャンプができるかという人にとっては、「キャンプ羽釜3合炊き」の重さはネックになるでしょう。

おわりに

今回はユニフレームから2018年3月31日(土)新発売した「キャンプ羽釜3合炊き」をご紹介しました。レトロな雰囲気のおしゃれなデザインで、簡単に誰でも美味しいご飯が完成するので、今までご飯炊きが失敗していた人にぜひおすすめですよ!

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ