【のんびりおしゃれなキャンプに最適】ハンモックの種類と注意点

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプをよりおしゃれに演出したい時に思い浮かぶのが、「ハンモック」ですよね。でもハンモックを持っていない人からすると、ハンモックの種類なんかまったくわからないと思います。そこでこの記事では、どんなハンモックの種類があるのか詳しくご紹介していきたいと思います。

ハンモックの種類は二つ!

木に吊すタイプのハンモック

3e4dff7428f869160dad521989376a3d_s
ハンモックと言えば、このタイプを想像する人が多いと思います。木に吊すタイプは、自然と一体化するので、おしゃれ感があり見栄えはとても良いですが、ハンモックをつけるための十分な太さがある木を探して、ある程度の間隔がある場所を選びます。

そのため、木に吊すタイプのハンモックは、場所選びに時間がかかってしまう可能性がありますよ。ただ単におしゃれだからと言って購入しても、きちんと使える場所ではないと、ハンモックの役割を果たすことができません。

自立式のハンモック

8410990bb7969e15b8f843e5dd06c3c6_s
最近では、この自立式のハンモックが人気を出してきています。自立式というのは、ハンモックとハンモックを支えるフレームがあり、この二つを持っているだけでどこでもハンモックを組み立てて、楽しむことができます。場所を問わずにハンモックを楽しみたい人は、こちらの自立式ハンモックがおすすめです。

木に吊すタイプはツリーウエアを使用して木を保護することが重要


木に吊すタイプのハンモックを持っている人で、そのままロープなどを木に巻き付けている人はいませんか?木に吊すタイプのハンモックは、木をきちんと保護しながら楽しむことが必要になります。なぜ木を保護しなければいけないのかと言いますと、自然の木にハンモックをかけて人が乗ることで、多少なりとも木に負担がかかってしまいます。何も保護しない状態だと、ロープが木に食い込んで、木を傷つけてしまうことが考えられます。

ではどうやって木を保護するのかと言いますと、ツリーウエアというものを使用します。ツリーウエアというのは、木にあらかじめ生地を巻き付けて、木の負担を最小限にする役割の物を言います。自然の物を使用する場合は、こういった使用する木に対しても、傷つけたり負担をかけないように気を付けていくことが必要です。

ハンモックの座り方・寝方は垂直が正しい!

32a1bb38db832f793870de84e1dbbf3b_s
よくハンモックに平行になって寝ている人が居ますが、実は間違った寝方なんです。平行に寝てしまうと、不安定でなかなか体が安定しません。身体を安定させるためには、垂直に座ったり寝たりすると、バランスが安定して気持ちよく寝ることができます。ちなみに、垂直でなくても、平行よりも少しずらして斜めに座ったり寝たりするのもおすすめです。平行と垂直では、はっきりと座り心地に差が出てきますので、一度試してみてください。

ハンモックの生地にはいろいろな種類がある!

52a52a519ddf11e1b6fdc01a6e8a5a78_s
ハンモックを選ぶときに、何を基準にするかで大分選び方が変わってきますよ。今では登山に最適な軽いハンモックも販売されています。登山キャンプをするときに、ハンモックを持っていきたい!と思っている人は軽量化されたハンモックがおすすめ。

逆に、おしゃれ感を重視している人は柄や素材など、重さを関係なく選ぶことができます。肌触りが良いものや、柄が可愛いものなど様々ありますので、好みのハンモックを探し出すことができますよ。

ハンモックはインテリアとしても使える

3dd8feac23cf4ea1f8602e977bfcfb6f_s
自立式のハンモックは、場所を問わないのでもちろんお家の中で、使用することができます。キャンプに持っていくこともでき、お家の中で使用することもできますので、初めての人は自立式のハンモックがおすすめですよ。気になるお値段ですが、大体5000円から発売されております。ハンモックならではの、ゆらゆらとした心地よい揺れをお家でもキャンプでも味わうことができます。お昼寝のときにもピッタリですね。

おわりに

ハンモックはキャンプをよりおしゃれに演出することができますし、ゆらゆらと心地よい揺れも楽しむことができます。木に吊すタイプと自立タイプがありますので、ご自身の使用しやすい方を選びましょう。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ