【雨でも大丈夫】タープが付いたヘネシーハンモック

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

大自然の中、ゆったりとハンモックで寝てみたいと思いませんか?でも夏は虫が飛んできますし、突然の雨に晒されるかもしれません。そんな虫にも雨にも強いハンモックがあるのをご存知でしょうか。今回はそんなハンモック、ヘネシーハンモックをご紹介します。

ヘネシーハンモックとは

ヘネシーハンモックはハンモックとタープテントが一つになったキャンピングハンモックです。タープテントがハンモックを覆う形をしていますので、雨の中でもハンモック泊を楽しむことができます。また、ハンモックのため地面の形状に左右されることなくゆったり寝ることもできるのです。地面が濡れていても風邪をひく心配がありませんね。

寝床とテントで1kg前後

ヘネシーハンモックをオススメしたい理由として非常に軽いという点が挙げられます。シリーズにより異なりますが、いずれも1kg前後ですのでどなたでも持ち運び可能です。通常、テントとポール、シュラフといったアイテムを運ぶとどうしても6kg前後はかかってしまいますが、ヘネシーハンモックだとオールインワンですのでおよそマイナス5kgでキャンプを楽しむことができるのです。

スネークスキンで設営も簡単

ヘネシーハンモックのお手軽さは設営面にも見てとれます。ヘネシーハンモックにはスネークスキンというオプションアイテムがあります。その名の通り蛇の皮のようなアイテムで、ハンモックとタープを同時に包むことができます。下の動画をどうぞ。

ざっと見積もっても設営にかかる時間は3分で済むでしょう。一般的なテントですとペグ打ち含めて10分前後はかかりますので、ヘネシーハンモックがいかに設営が簡単か見てとれます。

軽さで選ぶか、広さで選ぶか

ヘネシーハンモックのラインナップは用途に合わせていくつか用意されています。持ち運びやすさで選ぶか、ゆったりとした広さで選ぶのか、自分の目的に合わせて選ぶと良いでしょう。
最軽量なのは『ハイパーライト』です。その軽さはなんと793g!最軽量ながら高密度ナイロンを使っていますので虫の心配もありません。
ゆったり眠りたい方なら『サファリデラックスA-SYM Hex』です。ヘネシーハンモック最大の大きさで、大柄の男性でも使えますし、総合体重160kgのカップルにも使えます。

冬でも大丈夫なアイテムも

冬場にハンモックというのも無理な話かと思いきや、それを可能にしてくれるアイテムもあります。それが『スーパーシェルター』です。実は冬に限らずハッモックの下は吹きさらしのため、春も秋もハンモック泊は寒いものがあります。しかしこのスーパーシェルターさえあれば下部の冷気にさらされることなく、また体温を逃すことなく暖かなハンモック泊を堪能できます。
これに、ダウンのシュラフをセットで使えば寒冷地でのソロキャンプを楽しむこともできますよ。

持ち運びも設営も簡単なヘネシーハンモック。4mほど離れた木が2本生えていたらどこでもキャンプフィールドになるので、新しいキャンプの形を楽しみたい方には是非オススメです!

Pocket
LINEで送る

イバキャンパー
毎月1度はキャンプに出掛ける2児のパパ。子供を連れて行き自然に触れる教育を実践しようと試みるも、結局一番はしゃいでるのは自分という本末転倒を繰り返しています。座右の銘は“一流の遊びが出来なければ、一流の仕事はできない”。
コメントリンク
トップへ