【仕込んでしまえばあとは楽ちん】保温性もあるシャトルシェフの優れたポイント

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプの時などなるべく食事の支度は手短にしたい時もありますよね。そんな時に、便利な調理器具のひとつであるシャトルシェフがおすすめです。

カレーやシチューはもちろん、おでんなど煮物類はおまかせ!そして煮物だけではなくごはんも炊けるんです。他にも角煮やローストビーフなどもできるまさに万能調理器です。
お家料理だけでなくキャンプシーンでも大活躍必至のシャトルシェフですが、その魔法瓶の仕組みで保温調理してくれる優れた機能をご紹介します。

ポイントその1「調理時間を短時間にできる」

具材を切って少しばかり調理鍋で炒めた後は、水を加えて一度沸騰させます。あとは熱源から外して一回り大きめの保温鍋に入れて、シャトルシェフのふたをすればOK♪

シャトルシェフは保温力がものすごく高いので、この状態で置いておくだけで、おいしく煮込まれた状態になります!グツグツ長時間煮込むなんてことはしなくても大丈夫なんです。

20170925_195500
出典:シャトルシェフのしくみ・使い方・メリット | サーモス 魔法びんのパイオニア

時間をかけずにおいしい料理ができるなんてうれしいですね。

ポイントその2「安心・エコ」

保温鍋に入れた後は熱源を使わずにじっくりと中まで火が通ります。熱源をずーっと必要としないので、安全で、とてもエコなんです。
キャンプの時など仕込んでしまえば、あとはほったらかしで好きなことができるし、お出かけだってできます。

ゆっくりくつろぎながら居眠りしても大丈夫!小さいお子さんがいても、気にせずにいられるのも助かります。

ポイントその3「素材のおいしさが引き出される」

グツグツと長時間煮ることもないので、煮崩れもなく見た目もきれいに仕上がります。またじっくりと中まで味が染みていくので、少々薄味でも素材のおいしさも出しながら、おいしく仕上がるのです。
また煮物にありがちな煮詰めすぎて焦がすという心配もありません。

ポイントその4「保温性に優れる」

基本4人分で8時間ほどの保温ができます。その間は温かい食べ頃の温度でいつでも食べられます。時間差で食べてもいちいち温めなおすストレスからも解放されます。

シャトルシェフを使うときの注意点

ふたの開け閉め厳禁!?

出来上がり具合などつい確認したくなりますが、あとはおまかせにしましょう。開け閉めするとせっかくの熱が逃げてしまいます。大切なポイントです。

煮汁はたっぷりといれること

得意な煮物料理ですが、食材が煮汁にしっかりつかるほどでないと味は染みません。

分量多めの時・少なめの時

分量を多めにするときでも具材は鍋の8分目を超えないようにしましょう。逆に少なめに作るときでも2人分ぐらいは作るようしましょう。少なすぎると保温性も保たれません。

材料の大きさで時間も調整する。

具材が大きめの時は少し調理時間(沸騰してからの時間)を長めにするようにしましょう。

夏場など保温時間に注意

暑い時期などはそもそも腐敗が進みやすい時でもありますね。シャトルシェフも基本の8時間にこだわらず、様子も見ながら早めに火を再度通すことも大切です。

まとめ

キャンプ場で作らなくても、あらかじめ家で調理しておくとそれこそキャンプ場でテントを立てたり、いろんな準備をして一息ついた時にはちょうど食べ頃の料理をいただくこともできますし、逆にキャンプ場で余った食材などを利用して一品シャトルシェフで作っておくと、帰宅後のお疲れモードの時にもおいしいご飯をすぐに食べることもできるわけです。

こんな便利なアイテム使わない手はありませんね。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ