ミニベロの魅力が知りたい!メリットやデメリットのご紹介

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

自転車にはさまざまなサイズや種類がありますが、その中でも人気があるのがミニベロ(小径車)です。キャンプにはもちろん、日常的に乗ることができるミニベロには、どのような魅力があるのでしょうか?今回は、ミニベロのメリットやデメリットなどをご紹介します。

ミニベロとは?


初めて聞く人からすると、「ミニベロって何?」と思いますよね。ミニベロというのは、タイヤ径20インチかそれ以下の自転車のことをいいます。よく通勤や通学で乗っている人を見かけることもあるのではないでしょうか。最近では、キャンプへ持ち運んだり、キャンプツーリングとしても人気が出てきています。この機会にミニベロのことを詳しく知りましょう!

ミニベロのメリット

ミニベロといっても、さまざまなブランドから発売されておりますので、一つ一つの製品のメリットというよりも、ミニベロ全体に共通したメリットをご紹介します。

小回りが利く


メリットの一つに、小回りが利くことがあげられます。なぜ小回りが利くのかというと、ずばりどれはタイヤが小さいからです!そのため、今までタイヤ径の大きいママチャリや、ロードバイクを乗っていた人がミニベロを乗ると、小回りの利きやすさに驚きが止まりません。

デザインが豊富


ミニベロはさまざまなデザインのミニベロが発売しております。中でも、おしゃれに自転車が乗りたい!という人は、ミニベロがおすすめでしょう。機能性はもちろん、デザイン性に優れているモデルが多く発売しているので、服を選んで楽しむように、好みのミニベロを選んで乗る楽しさを味わうことができますよ。クラシックなデザインのミニベロを、走行可能なキャンプ場で、サイクリングしても優雅な気持ちにさせてくれます!

ゆっくり走れる

他の自転車と違う点が、のんびりゆっくりと走ることができます。ロードバイクなど乗っていると、ゆっくり走るように漕ぐと、変な違和感を感じるんですね。ですが、ミニベロの場合は違和感を感じることなく、ゆっくりと漕ぐことができます。大自然の中をゆっくり走って、景色を楽しむことができるのも特徴ですね。恋人同士で、ミニベロデートなんかも良いんではないでしょうか。

機能性に優れているミニベロがある


「小さい自転車だからそんな機能性良くないんでしょう?」こんな気持ちになる人はいませんか?驚くことに、ミニベロは機能性に優れているタイプも多く発売していますよ。荷物をたくさん詰めることができるタイプのものや、折りたたみ式のミニベロがあります。荷物をたくさん詰めるタイプであれば、キャンプツーリングをするときの相棒になりますし、折りたたみ式であれば、キャンプ場への移動が電車でも車でも載せることができますよ。アウトドア以外でも、公共交通機関を使って通勤・通学している人は、お家(会社)から駅までの距離を徒歩替わりにミニベロを使って通勤・通学するのも良いでしょう。毎日の強い味方になりますね。

愛犬と一緒に楽しめる


ミニベロには、犬用のバスケットが発売しております。今まで自転車に乗るときは、愛犬をお留守番させていた人もいるのではないでしょうか。ミニベロには犬用のバスケットがありますので、愛犬と一緒にサイクリングを楽しむことができますよ。アウトドアを愛犬と一緒に楽しみたい人には、ミニベロがおすすめです!素晴らしい自然の中をワンちゃんと一緒に堪能して、思い出を作ることができるのも、ミニベロの魅力と言えます。

ミニベロのデメリット

さまざまなメリットがあるミニベロですが、デメリットもしっかりとお伝えしていきます。

タイヤの寿命が短い


ミニベロの特徴であるタイヤが小さいことは、デザイン的にはかわいいのですが、タイヤの寿命が短いです。同じ距離を普通のママチャリなどの自転車と比べると、タイヤが小さいため地面と接触することが多くなるので、その分タイヤの寿命が短くなってしまうのは、しょうがないことなのです。タイヤの寿命をより伸ばしたい!と思っている人は、日ごろからタイヤの空気圧などのチェックを行ない、ベストな状態で乗り続けると良いです。タイヤがダメになったら買い替える!という人は別ですが、ミニベロにかかる出費をなるべく抑えたい!と思うなら、メンテナンスを含めたミニベロを楽しめる人が良いでしょう。

タイヤの数や種類が少ない・値段が高い

good morning world #am7 #alexmoulton #moulton #moultonbicycle . . . credit to @dcwalthall

BOXBIKE Faltrad Shopさん(@boxbike)がシェアした投稿 -


ロードバイクやママチャリなどのタイヤの数と比べても、ミニベロタイヤの数は圧倒的に少ないです。なぜかというと、ロードバイクやママチャリの方が乗る人が多いからです。その分タイヤの数も種類も豊富ですが、ミニベロの場合は需要が少ないため、メーカーもタイヤの入荷数を減らしているところが多く、種類や数に限りがありますよ。そして、お値段も少し高いです。そのため、ミニベロのタイヤの種類や数が少なく値段が高いことについては、ミニベロのデメリットの一つと言えます。

修理費用がとても高い


タイヤをデメリットとしてあげましたが、実はホイールもデメリットの一つです。それは、ミニベロに乗り続けているときに、ホイルに歪みが生じたとしましょう。その歪みを直すためにミニベロを修理に出すと、高額な修理費用がかかってしまう場合があります。歪みの原因がわかる人は、ご自身で対応することができると思いますが、大抵の人は原因にまでたどり着くことが難しいです。しかも、専門の自転車屋でもミニベロのホイル歪みを直すことができない店舗もあります。それほど難しい作業ということなんです。そのため、なにか不具合があったときは、ミニベロを修理できる専門店にお願いするしかなく、修理費用も高額になる可能性が高いと言えます。

おわりに

キャンプシーンにも最適なミニベロをご紹介しました。ミニベロは小回りが利きやすく、おしゃれなデザインが多いので、かわいく乗りこなしたい人におすすめです。しかし、デメリットとしてはタイヤの種類や数が少なかったり、値段が高かったり、修理費用が高いことです。それでも、日常的にはもちろんキャンプなどでサイクリングすると、ミニベロでしか味わうことができない素晴らしい景色を堪能することができますよ。ミニベロを検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ