キャンプで人気の簡易ベッド "コット" とは? 特徴やメリット・デメリットまとめ

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプをより快適にしたい!寒い夜でも暖かく眠りたい!そんな思いを抱いている人は必見です。

今回ご紹介するのは、簡易ベッドの「コット」というアイテム。特徴やメリット、そしておすすめのコットを詳しくご紹介していきます!

コットとは?

クイックキャンプさん(@quickcamp.jp)がシェアした投稿 -

「コットって何?コットン製のもの?」と勘違いする人も多く、まだまだ認知度が低いコット。これは一言で言えば簡易ベッドで、荷物置きやチェアなどとしても使えるアイテムです。種類はハイコットとローコットがあり、高さによって呼び方が変わります。

コットのメリット

コットには、実は驚くほどたくさんのメリットがあります。一つずつお伝えします。

ベッド以外にも使える

のりたまさん(@noritamago0409)がシェアした投稿 -

コットは、幅広い用途で使えるアイテムです。就寝用のベッドはもちろん、チェア替わり、荷物が多いときに一旦荷物を置くスペースなど、さまざまな面で活躍します。

汚れることなくお昼寝できる

misatoさん(@misat_camp)がシェアした投稿 -

夏の季節に芝生の上でお昼寝すると気持ちが良いですよね。しかし、ダイレクトに芝生へ横になると、服が汚れてしまいます。ならレジャーシートを敷けば大丈夫かというと、今度は地面のボコボコが気になりますよね。

そんなときに活躍するのがコット。芝生の上に置くだけで、あなただけのお昼寝空間に変身してくれます。

これならダイレクトに芝生へ寝転がるわけではないので、服は汚れません。また地面のボコボコに対応しているものが多いので、

自然の中で気持ち良くお昼寝を楽しむのも良いですね。

地面からくる冷気をやわらげる

Atsushi Shiotaさん(@shiota.a)がシェアした投稿 -

冬のキャンプでは、地面からくる冷気のせいで寒くて眠れないことも。そんなとき、ハイコットで地面との距離を空ければ、この冷気を和らげることができます。ハイコットと地面の間に荷物を詰め込むと、より効果的です。

予算に合わせて購入できる

kazさん(@campdan365)がシェアした投稿 -

コットはさまざまなアウトドアブランドから発売されており、ラインナップが広いので、ご自身の予算に合わせて選べます。お手頃なものから高いものまであり、価格帯は3,000円~60,000円くらい。機能性に優れていると、そのぶん価格が上がります。

ローコットなら車中泊でも使える

車中泊でローコットを使えば、シートの溝が気にならなくなり、快適に就寝できるようになりますよ。もちろん車のサイズによって、ハイコットでも使用できます。

コットのデメリット

メリットがたくあんあるのはお分かりいただけたかと思いますが、デメリットについても詳しく解説します。

物によっては、けっこう重い

spain-2451831_1920

中にはけっこう重いコットもあるので、電車やバスでキャンプに行く人は、軽量化されたコットを選ぶようにしましょう。ただ、お値段は少し高くなります。

物によっては、組み立てが難しい

confused-2681507_1920

コットは部品をたくさん使っているため、中には組み立て方が複雑なものも。不安な方は、ワンタッチで完成する組み立てが簡単なコットを選びましょう

おすすめコットのご紹介

ここでは、お手軽価格なコット、軽量化されたコットなど、おすすめ3選をご紹介します。

DOD:ワイドキャンピングベッド

DOD(ディーオーディー) ワイドキャンピングベッド ゆったりサイズで快眠キャンプ CB1-100-BK

DOD(ディーオーディー) ワイドキャンピングベッド ゆったりサイズで快眠キャンプ CB1-100-BK

  • DOD(ディーオーディー) ワイドキャンピングベッド ゆったりサイズで快眠キャンプ CB1-100-BK
  • Amazon.co.jp

お手頃価格で耐久力のあるコットが欲しい!という人は、DODのコットがおすすめです。

サイズ(約)W77×D190×H19cm
収納サイズ(約)W20×D80×H4cm
重量(付属品含む)(約)4.3kg
静止耐荷重100kg(※1)
材質フレーム:スチールベッド 本体:ポリエステル(PVC コーティング)

※1 耐荷重量は測定値であって、保証値ではありません。ベッドにかかる重量は乗り方や速度によっても変わりますので、あくまで目安としてご検討ください。
※2 引用:DOD公式HP

コットの中では比較的安いですが、耐久性の高い生地を使用しています。耐荷重100kgでサイズも大きめなので、大柄な男性でもゆったりと寝られます。収納すると片手で持てるサイズに収まるので、車などに積み込むのも楽チンですよ。

サーマレスト:ラグジュアリーライト ウルトラライトコットR

THERMAREST(サーマレスト) アウトドア用ベッド ラグジュアリーライト ウルトラライトコット [並行輸入品]

THERMAREST(サーマレスト) アウトドア用ベッド ラグジュアリーライト ウルトラライトコット [並行輸入品]

  • THERMAREST(サーマレスト) アウトドア用ベッド ラグジュアリーライト ウルトラライトコット [並行輸入品]
  • 山岳金物店

とにかく軽いコットを探している人には、サーマレストの「ラグジュアリーライト ウルトラライトコットR」がおすすめです。

寸法61×183cm
収納サイズ41×13cm
重量1195g
耐荷重147.5kg
材質リップストップポリエステルサーマキャプチャーコーティング、アルミ、プラスチック

※1 引用:サーマレスト公式HP

コットの中でもとにかく軽く、重さは約1.2kgを切るほど。高さは約10cm。激しい使い方を前提に設計されているため、とても機能性が高く、地面がボコボコでもしっかり体を支えてくれます。

ハイランダー:ワンアクションキャンプベッド2

お手頃価格、ワンアクションで組み立てができるコットを探している人はハイランダーのワンアクションキャンプベッド2がおすすめです。

本体サイズW190×D67×H37~44(cm)
収納サイズ幅25×長さ15×高さ106(cm)
重量6.2kg
耐荷重約80kg
材質生地:ポリエステル600D フレーム:スチール直径16×0.8/直径13×0.6

※1 引用:ハイランダー公式HP

コットの中では3,280円(税込)とお手頃価格で、組み立ても簡単。両サイドを広げるように動かすだけで設置完了です。重量が6.2kgと少し重いので、車で移動する人におすすめです。

おわりに

コットは、お手頃価格なものから機能性が優れているものまで、たくさんの種類があります。今回はその中でも、目的別におすすめのコットをご紹介しました。ぜひ選ぶときの参考にしてくださいね。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ