【A4サイズの超軽量焚き火台】ピコグリルの魅力徹底紹介!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプの醍醐味と言えば焚き火でしょう!しかし、焚き火台がかさばるということで焚き火を諦めている方はいらっしゃいませんか?実はA4ノートほどの大きさの焚き火台があるんです。今回はそんな焚き火台、『ピコグリル』についてご紹介します。

最薄焚き火台、それがピコグリル

takaさん(@taka_samp)がシェアした投稿 -

ピコグリルはスイスのSTC社が開発した軽量焚き火台で、オートキャンプよりもハイキングに着目して作られました。そのため、歩いて持っていても問題ない軽さとコンパクトさを併せ持った焚き火台が完成しました。実際の重さは一般的な『ピコグリル398』で442gとキャベツ半玉分と同じほど軽いのです。
実際に使うときは広げて使うのですが、組み立て自体が簡単ですのでどなたでも使いやすくなっています。また、パーツが薪を乗せるプレートと脚部の2つで構成されているため、細かな部品をなくす心配もありません。

折りたたむとA4サイズのピコグリル398

Soroさん(@soro_cam)がシェアした投稿 -

ピコグリルの魅力といえば、何と言っても折りたたんでA4サイズに収納できるところです。この大きさであればサックに入れてハイキングしても、なんらかさばる心配がありません。
また、ピコグリル398は薄いステンレス鋼でできています。軽いとは言え強度面の心配はありません。薪をくべるときでも40cmくらいの巻であればそのままくべることができます。確かにピコグリルより小さな焚き火台はありますが、かなり小割りにした薪でないとくべることができませんよね。ピコグリルなら薪割りしなくともそのまま入れることができるので、初心者にも優しい仕様になっています。

20170411_195045
Picogrill 398

398の2倍でも軽い!ピコグリル760

ピコグリルには398より大きいサイズもあります。398の2倍の大きさを誇るピコグリル760です。収納サイズはA3サイズと大きくなりますが、大きめのサックには十分入る大きさですので問題ありません。軽さも1300kgと焚き火台にしてはかなり軽い部類に入ります。
また、760は398と大きさだけでなくより安定した作りとなっています。専用の五徳は398の場合、平行だけでしたが760ですとクロスに組むことができます。これにより鍋をおいて調理することも可能となります。

20170411_195134
Picogrill 760

空気の流れで燃えかすが残りづらい

ピコグリルは軽いだけではありません。焚き火の燃焼効率が良いのも特徴です。ピコグリルは火床がくの字に曲がっていますが、これによって空気の通り道ができます。また火床自体に何本もスリットが入っているのでそこからも空気が入ってきます。ですから、ちょうどよく酸素を取り込んでくれますので、燃えかすを残さず薪を燃焼してくれるのです。
横幅に広がっているピコグリルは、薪を横に積み重ねていくようにくんでいきます。他の焚き火台なら円錐状にくんでいくと思いますが、ピコグリルは横向きのままでも十分に燃えてくれますよ。

五徳を付ければ調理もできる

ピコグリルにはオプションでスピットと呼ばれる串を付けることができます。これさえあれば398でも五徳のように使って鍋料理をすることができます。
また、スピット自体を串焼きの串にして使うこともできます。薪を熾火にして川魚をスピットに刺し、表裏をこんがり焼くこともできますよ。

ご紹介したピコグリルですが人気が高く、ショップを見てみても売り切れのケースが多いと思います。ただ、ショップに問い合わせてみると次回の入荷予定をお知らせしてくれたりするので、一度連絡取ってみると良いでしょう。

Pocket
LINEで送る

イバキャンパー
毎月1度はキャンプに出掛ける2児のパパ。子供を連れて行き自然に触れる教育を実践しようと試みるも、結局一番はしゃいでるのは自分という本末転倒を繰り返しています。座右の銘は“一流の遊びが出来なければ、一流の仕事はできない”。
コメントリンク
トップへ