【スノーピークの『パイルドライバー』】使い方と注意点

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

皆さんは『パイルドライバー』と聞いて、どういったものを想像するでしょうか?抱きかかえて頭から落とすプロレス技のパイルドライバーを想像する方も多いと思いますが、キャンパーならスノーピークのパイルドライバーを思い浮かべると思います。果たしてどのような道具なのか、ご紹介しましょう。

スノーピークの傑作、パイルドライバー

金物の街で育んだ確かな技術に定評のあるアウトドアブランド、スノーピーク。数あるラインナップの中でも特に人気が高いのが『パイルドライバー』です。
パイルドライバーはスノーピークが製造しているランタン立てになりますが、一般的なランタン立てとは少し違います。一般的なランタン立ては三脚のように脚を開いて設置すると思いますが、パイルドライバーはコレ自体を直接地面に打ち込むのです。しかもハンマーで打ち込むのではなく、パイルドライバー自身を地面に打ち付けることによって自重で突き刺さっていくという、なんともワイルドな代物です。こうすることによって、三脚部分で脚を引っ掛けることもなくなりますし省スペースにも役立ちます。

地面への正しい突き刺し方

そんなパイルドライバーですが、地面に刺すとき斜めに刺してしまうととても不恰好になってしまします。そこで、まっすぐ打ち込めるコツをご紹介したいと思います。

まず、パイルドライバーを刺す前に、立てるポイントにソリッドステーク30を打ち込みます。ソリッドステークとはご存知スノーピークを代表するペグですが、このペグを打ち込む前の下穴を掘るために使います。まっすぐソリッドステークを打ち込んでそのまま引き抜いて、その場所に垂直に立てて打ち込んでいきます。こうすることによって、打ち込みやすくなりまっすぐ刺さっていくので見栄え良く立てることができますよ。

ランタンスタンド以外でも使える!

もともとの使い方はランタンスタンドですが、それ以外の用途にも役立ちます。

例えばドライネットかけ。スノーピークにしろコールマンにしろ、食器乾燥用のハンギングドライネットをかける場所に困ったことありませんか?林間サイトならまだしも、草原サイトだとなかなかポイントが見つかりません。その点、パイルドライバーなら風通しの良いポイントに好きなように吊るすことができますので重宝します。また、ランタンフックと併用すればランタンを吊るしながら食器類の乾燥をすることができます。

とはいえ、耐荷重も3kg位ということですのであまり重すぎるものは吊さないほうがいいでしょう。

正しい抜き方で抜かないと曲がります

ファイル_000 (1)
パイルドライバーを扱う上で注意して欲しいのが抜く時です。パイルドライバーは非常に頑丈にできていますが、テコの原理で曲がってしまうことがあります。そうならないためにも正しい抜き方を覚えておきましょう。

まず、蝶ネジを上下ともに緩め中心のスチール棒を納めます。それから力を入れすぎないように穴を広げるような感覚でパイルドライバーを回していきます。刺した穴が少し広がってきたらドアノブを回す要領でグリグリひねって抜いていきます。初めのスチール棒を納める工程をやらないと、簡単に曲がってしまうので、必ず忘れないようにしてください。

パイルドライバーはスノーピークのユーザーでなくとも使われている逸品です。2本以上持っている方もザラにいらっしゃいますので、是非取り入れてみてください。

Pocket
LINEで送る

イバキャンパー
毎月1度はキャンプに出掛ける2児のパパ。子供を連れて行き自然に触れる教育を実践しようと試みるも、結局一番はしゃいでるのは自分という本末転倒を繰り返しています。座右の銘は“一流の遊びが出来なければ、一流の仕事はできない”。
コメントリンク
トップへ