【キャンプの強い味方!】折りたたみ可能なアウトドアバケツ

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

バーベキューやキャンプの時って、洗い物がつきものですよね。そんな時に使えるアウトドア用のバケツを紹介したいと思います。どれも便利な優れものたちばかりですよ。

アウトドアにおいてバケツの役割とは

アウトドアにおいてバケツは必須アイテムと言えます。調理するにしろ洗い物をするにしろ、水は重要な要素ですよね。ところが、キャンプ場の洗い場まで都度洗いに行くことは大変な作業だと思います。洗い場に行くときはある程度まとめて行くほうが効率的でしょう。
そんな時に役立つのがバケツです。バケツに水を張っておけば、食後も洗い物をそのまま入れておけますし、洗い場に持って行くときもそのまま持っていけるため、とても便利です。また、アウトドア用のバケツの多くが折畳める仕様になっています。これで積載の心配もありませんね。

スノーピークのジャンボキャンプシンク

それでは代表的なアウトドアバケツをご紹介しましょう。
まず初めにご紹介するのが、国産アウトドアメーカーのスノーピークから。スノーピークの中にもいくつかバケツがありますが、汎用性が高いのが「ジャンボキャンプシンク」です。このジャンボキャンプシンクですが、柔らかな素材でできていますので折りたたみが可能です。そして、表面を水や衝撃に強いPVCでコーティングされたナイロンを採用していますので水漏れの心配がありません。また、汚れや摩擦にも強いので、油汚れの食器をそのまま入れても問題ありません。

SEA TO SUMMITのキッチンシンク

次にご紹介するのはオーストラリアのアウトドアブランド・SEA TO SUMMITの「キッチンシンク」です。形状は幅広でバケツというよりタライに近い感じでしょうか。大きさは10L、20Lと容量に合わせて選べます。口はステンレスの枠組みが織り込まれていて、使用時はたわむ心配もなく収納時は細かく折りたためます。最終的にはスマホサイズまで小さくできますので、収納の心配もご無用ですよ。
特筆すべきはお湯を入れられるという点です。頑固な汚れもお湯とともに合成洗剤でつけこめば簡単に落とすことができますよ。

おしゃれキャンパー必携のマーキュリー

最後にご紹介するのはマーキュリーのバケツです。こちらのバケツは金属の固いバケツとキャンバス地の柔らかいバケツがあります。他のメーカーと異なり柔らかいバケツは水を入れることができません。また、固い方のバケツは折りたたむことができません。
なのに何故ここまで支持されているかというと、“おしゃれだから”です。
マーキュリーのバケツはアメリカンテイストを感じさせるデザインですので、マーキュリーで統一されたテントサイトにすると、無骨だけどおしゃれな雰囲気を醸し出してくれますよ。
インスタグラムで最も多くアップされるバケツではないでしょうか。

時には普段づかいも

ご紹介したアウトドアバケツは、キャンプシーンだけではなく普段使いも十分可能です。
例えば、スノーピークのキャンプバケツやSEA TO SUMMITのキッチンシンクは水を入れておくと自立しますので、お子さんの上履き洗いに使えます。
また、ガーデニングの時には苗をまとめて運ぶことができます。もちろん使用後は水で洗うことができますので常に綺麗にしておくことができます。

いかがでしたか?キャンプの現場では水周りの確保はとても重要になります。そのためにもアウトドアバケツはとても便利なアイテムとなるでしょう。

Pocket
LINEで送る

イバキャンパー
毎月1度はキャンプに出掛ける2児のパパ。子供を連れて行き自然に触れる教育を実践しようと試みるも、結局一番はしゃいでるのは自分という本末転倒を繰り返しています。座右の銘は“一流の遊びが出来なければ、一流の仕事はできない”。
コメントリンク
トップへ