【持ち物チェックリストつき】秋から冬キャンプに使うアイテムまとめ!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

寒い季節にキャンプをするとき、何のアイテムを用意したらいいのか、分からなくなりませんか?そこで今回は、秋から冬の寒い季節に、キャンプで使うアイテムを、ご紹介していきます。ぜひご参考にしてくださいね。

秋から冬キャンプ必要アイテム!要チェック

jorge-flores-98842
キャンプに行って、「あ!忘れものした!」などといった経験はありませんか?夏キャンプでは、忘れ物をしてもさほど気になりませんが、寒い季節のキャンプで忘れ物をしてしまうと、死活問題になる場合もあります。ひとつひとつアイテムをご紹介していくとともに、そのアイテムがどんな役割をしているのかなど、詳しくご紹介していきます。

テント関係は入念にチェックしよう!

tent-1208201_1920
秋から冬キャンプをするときに、忘れ物をしたくないアイテムはテント関係のアイテムです。忘れ物をしてしまうと、寒くて眠れない……など快適さが全くなくなります。しっかりチェックして、忘れ物の無いようにしていきましょう。

テント

andrew-scofield-101531
テントが無ければキャンプをしても、寝るところが無くなり困ってしまいますので、テントは忘れないようにしてください。ちなみに、テントとセットになっているポールなども、合わせて確認しましょう。ポールを忘れてしまうと、テントがたてることができなくなりますので、注意が必要です。

フライシート

rishabh-pandoh-346934
フライシートというのは、テントの上にかぶせるシートのことです。フライシートは、雨が降ったときに、テントが濡れるのを防ぐ役割や、結露によってテントが濡れるのを防ぐ役割をしてくれます。

その他にも強風によって、テントが飛ばされることを防いでくれますので、フライシートはキャンプ時に必須ですよ。

グランドシート

テントをたてるときに、地面とテントの間に敷くシートです。グランドシートの役割は、テントが小石などで傷つくことを防いだり、テント内への浸水を防ぐこと、底冷えを防いでくれることです。このグランドシートを忘れてしまうと、テントが直接地面に触れることになってしまい、小石などによって、テントが傷つきやすくなりますし、底冷えを引き起こしてしまう可能性があります。そのため、キャンプをするときは、テントとセットにして持ち運びましょう。

冬用寝袋

martin-jernberg-207530
寝袋は値段も品質もさまざまで、使えるシーズンも異なります。就寝中、寒くて起きてしまうと、楽しいキャンプも『楽しかったけど、寒くて眠れなかった』という思い出に残ってしまいますよね。そのため、『楽しかったし、よく眠れたキャンプ』にするためには、値段を惜しまずに、性能が高くて暖かい、快眠できる寝袋を用意しましょう。

マット

image1
就寝中の底冷えを防ぐのに必要なのが、マットです。マットは、地面からの冷たい空気を遮断してくれます。おすすめは、なるべく厚い生地のもので、冷気を遮断してくれるマットを選びましょう。ちなみに、銀マットの間違いがちな使い方が、銀の面(アルミシート)を上に(体が密着する方)してしまうことです。アルミシートの部分は、冷気を遮断してくれる効果がありますので、下に向けて(地面の方)敷きましょう。ウレタン素材の方を上にすることで、クッション性も保温性も上がります。

コット(持っていれば)

コットがあると、より地面からの冷気を遮断できるので、おすすめです。マットだけを使用するのに比べて、コットを使用すると、地面との距離が大きくなりますので、冷気の侵入を防ぐことができます。コットがない場合は、マットだけでも良いのですが、コットがあると快適に就寝できますよ。寒い季節にキャンプをする人は、コットの準備をしておくと良いでしょう。

まくら

scott-goodwill-359336
まくらも非常に重要なアイテムです。私が実際にキャンプをするとき、まくらは手放せません。タオルなどで代用している人もいますが、まくらを使用するのとしないのでは、寝やすさがだいぶ変わる気がします。

電池式のランタンorヘッドライト

night-839807_1920
これはテント内を明るくするためや、暗いところで作業するときに必要になります。万が一なくても、携帯電話のライト機能で代用することができますが、携帯電話の電池が切れてしまうと困ります。そのため、電池式のランタンやヘッドライトの準備をして、持ち忘れのないようにしましょう。

おすすめは大きいバッグに全ていれる!

andrew-ly-152166
テント関係をバラバラに持つよりは、一緒にして持ち運びした方がとても楽ちんです。実際に私がキャンプするときは、テント関係(寝袋等も含め)を大きいバッグに全ていれてます。そうすることで、テントをたてるところから寝袋の準備まで、アイテムを探す行動がなくなり、とてもスムーズになりますよ。

タープ関係はなにが必要?

ゆっくりとしたキャンプをするときは、タープの中で薪ストーブをつけて、テーブルやイスを広げるとゆっくりできます。テント関係同様に、ひとつひとつご紹介していきますので、ぜひご参考にしてくださいね。

タープ

e3bf4d08dd84a9500525910b675c8bd4_s
タープは、日除け・雨除けとしての役割がありますので、突然雨が降っても回避することができます。タープがあるのとないのでは、キャンプサイトの見栄えも変わりますし、天候にあまり左右されなくなるのが特徴です。豪雨や突風など例外はありますが、ある程度の天候には対応してくれますので、タープは忘れずに持ちましょう。

ワンポールタープなどを使用する場合は、ペグがないと、うまく建てることができません。ペグも忘れないように、タープとセットにして用意しておきましょう。

ランタン

guilherme-stecanella-370401
ランタンは電池式やガソリン式、ガス式などさまざまです。ランタンの役割は、暗い場所を明るく照らしてくれる役割があります。日が落ちる前にテント内へ移動されるときは、必要ないかもしれません。ですが、自然の中でキャンプをするということは、なにが起きるかわかりませんので、使わない予定の人も、念のために持っていくことをおすすめします。

イス

laura-aziz-73951
イスは食事をしたり、友人と談笑したりするときに使われます。万が一忘れてしまっても、クーラーボックスなどで代用できますが、リラックス感が変わりますよ。キャンプに行く人数分のイスを用意しましょう。

テーブル

5d3fa7aac4ee5a5c383b1722dabb90d2_s
テーブルも食事をするとき、必要になります。おすすめはコンパクトに折り畳み式のテーブルです。アウトドアブランドから発売しているテーブルは、ほとんどが折り畳み式です。さまざまなデザインがありますので、ご自身が好きなデザインのテーブルを用意しましょう。

薪ストーブ

lena-531663_1920
秋から冬キャンプの必需品ともいえる薪ストーブです。薪ストーブは、暖房としての役割はもちろんですが、薪ストーブの上に直接ダッチオーブンの置くことで、料理の熱源にもなります。一度薪ストーブの暖かさを体感したら、病みつきになりますよ。

焚き火台

clem-onojeghuo-157010
寒い季節の焚き火台は、焚き火をすることで暖房にもなりますし、お肉や魚を焼いたりできる熱源にもなります。その他にも、ほかほかで美味しい焼き芋を作ることができますよ。焚き火としても使えて、キャンプ料理の熱源にも使えるのがおすすめポイント。ものによっては、焚き火だけしかできないものもありますので、料理の熱源としても使える焚き火台がおすすめです。

チェックリスト

上記であげた道具をチェックリストにしました!ぜひ使ってみて下さい!

テント 
フライシート 
グランドシート 
冬用寝袋 
マット 
コット(持っていれば) 
まくら 
電池式のランタンorヘッドライト 
タープ 
ランタン 
イス 
テーブル 
薪ストーブ 
焚き火台 

おわりに

joshua-earle-575
秋から冬の季節は夏の季節に比べると、気温が低くて寒いですが、スッキリとした空気を味わうことができます。キャンプシーズンには混み合うキャンプ場も、比較的空いているので、過ごしやすいと思いますよ。しっかりと寒さ対策をして、秋から冬キャンプを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ