【冬キャンプで失敗しないためには?】防寒対策ミスなどのありがちな失敗談を紹介

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

初めて冬キャンプをする人は、どんなことに気をつけたらいいかなど、分からないことがたくさんありますよね。そこで今回は、冬キャンプをしないために必要な失敗談をご紹介していきます。参考にして、冬キャンプを失敗しないようにしてくださいね。

為になる失敗談

失敗談ってよく聞くけど、逆に考えるととても為になる情報なんですよ。冬キャンプは、夏などの暑い季節とは違い一歩間違えてしまうと、悲惨な状況を生み出してしまいます。そんなときの失敗談を参考にして、失敗せずに楽しいキャンプを送ることができますよ。

銀マットを持ち忘れた!

b0619deaceba9ecde04be7a309db03a0_s
冬キャンプで一番寒さを感じるのは寝るときです。夏のキャンプのときもそうですが、寝床に銀マットをひいて寝ますよね。夏キャンプではそこまで気にならないかもしれませんが、冬キャンプで銀マットを忘れてしまうと、地面の冷たい温度を直に体で感じてしまうので、寒いどころの騒ぎではなくなってしまいます。

地面から来る冷気を甘く見てはいけませんよ。身体が芯から冷えて、四肢などもとても冷たくなってしまいます。銀マットは、小石や地面の凸凹を和らげてくれますし、なにより地面の冷気や熱を遮断してくれるのです。冬キャンプでも快適に就寝したい場合は、銀マットを忘れないようにしていくのをおすすめします。

防寒のパンツを忘れた!

1952679a0264521aaf0b09081f200472_s
これもありがちなのですが、「冬キャンプ=寒い」というのは誰もが頭にあることで、防寒をしなければいけない!と思いますよね。ですが、防寒と考えたときに、どうしても、上のウエア類ばかり気にしてしまいます。冷たい空気は、暖かい空気より下に来ますので、防寒をするときは足元からしっかりしていかなければなりません。

実際に防寒パンツなどを忘れてしまうと、足元から体を冷やしてしまうことになり、いつまでたっても体が冷たい状態が続いてしまいます。こんな状態になってしまうと、楽しいキャンプも寒さのせいで、楽しいどころではなくなってしまいます。冬キャンプをするときは、必ず足元から頭まで防寒をしていきましょう。

ガスストーブがつかない!

portable-2585538_1280
冬キャンプでも、ササッとご飯を作るときなど、活用するのがガスストーブです。ですが、実際に使おうとしたときに全然ガスが出てこない場合があります。それは、低い気温でも使用できるガスではないときです。実際に少し肌寒い季節に、ガスストーブを使ったとき、ガスが出てこないときがありました。そのときは、何も考えずにノーマルタイプのガスを持っていったのですが、気温に適していなかったため、つかないという結果になってしまいました。

ガスストーブで使用するガスカートリッジにも、様々な種類があります。そのため、少し肌寒くなる季節~冬の季節は、冬季専用のガスカートリッジを使用するのをおすすめします。

冬道は時間通りに進まない

6d5fa05472a84163ba78c3e3e98d7d87_s
冬に道路を運転する人は分かると思いますが、雪が積もったりすると、夏のようにスイスイ車は動きません。予約した時間を大幅に遅れてしまうことが考えられますよ。なぜそうなってしまうのかというと、道路が運転しづらい状態だからです。冬の道路は、わだちがあったり、圧雪された道路、ツルツルの道路など、様々な状況に変化します。そのため、家を出発するときは夏道の1.5倍くらいの時間を見て、余裕をもって行動しましょう。

冬道もあまり変わらない!と考えている人は、大幅に予約時間を過ぎてしまう場合があることを頭に入れておきましょう。実際に夏道と同じ感覚で出発したとき、目的地まで倍近い時間がかかることもあります。

冬道を運転してキャンプ場へ行くときは、時間に余裕をもって出発しましょう。

食材を出したままにしてしまった!

b026e17c7bd9e754b22027231ecef80d_s
夏キャンプで食べ物など、カラスや猫、その他の野生動物に荒らされないように注意をしますが、それは冬キャンプも同じです。野生のカラスや猫、キツネ、たぬきなどにとって、季節は関係ありません。そのため、冬キャンプをして、食材を外に出したまま就寝し朝起きると、動物たちに荒らされ、悲惨な状況になっていることが考えられますよ。

動物は、人間がおきて行動しているときは寄ってきませんが、その場を離れたり、就寝して動かなくなると、動物たちは動き出します。野生の動物に対して、残ったものを与えている人もいますが動物のためになりませんので、餌を与えたりすることも控えましょう。

夏キャンプ同様に就寝するときは、食材をしっかりと中に入れて、動物たちの手の届かない場所に保存しましょう。

冬キャンプは高機能シュラフを用意する

IMG_5722
冬キャンプで一番大事なのが、寝るときに使うシュラフです。このシュラフによって、快適な睡眠を送れるかどうかが決まります。キャンプは年に何回かしか行かないから安くて3シーズン用のでも冬キャンプに使えるかな?と考えてる人はいませんか?冬の季節の気温をよく考えて、しっかりと状況に適したシュラフを購入することをおすすめします。

私は、夏キャンプでは夏用の安いシュラフを使っていますが、冬用のシュラフは少しこだわりました。イスカというブランドのPuff810EX Winter Modelというシュラフを使っています。厳冬期3000m級の山岳地帯でも使用できるシュラフで、高い保温性と透湿性を兼ね備えているのです。実際に購入するときは、こんなハイスペックのシュラフは必要なのか?と疑問になりましたが、実際に購入して使用するとその機能の高さに惚れ惚れしてしまうほどです。

肌寒い季節のキャンプから、このシュラフを活用しておりますが、寒くて寝ることができなかったり、途中で起きることもなく朝まで快適に睡眠をとることができますよ。それもそのはず、このシュラフの最低使用温度は、なんと-27℃なんです。マイナス気温でも使えるようにと購入したのですが、プラスの気温でも寒い季節にはとても重宝します。

ただ、熱には弱いので火を使っている近くで広げないようにしてください。私も一部、燃やしてしまって穴が開きました。このときはさすがに、安いシュラフではないのでショックを受けましたが、自分が悪いのでリペアシートを使用して修理しました。修理に出すこともできますが、リペアシートでも大丈夫でしたので、そのまま使用しています。

冬キャンプの服装は重ね着が基本

4b920ddcbd4b397414cc749abed96925_s
冬キャンプを楽しむために、服装も気をつけなければいけません。服装は、重ね着をして暑くなったら脱いで、寒くなったら着られる状態にするのがおすすめです。なぜそういった状態が良いのかというと、暑くなり汗をかくと、汗冷えを引き起こしてしまうからです。冬キャンプでは、体温をなるべく低下させないように、暖かい状態を維持したいので、こまめに調節できるよう重ね着が良いと思います。

いくら重ね着をしても寒いという人は、着ている素材を見直した方が良いです。アウターの中は暖かく保温性がある素材なのか、アウターは防風・防水機能があるのか、ダウンを着ているのか、細かくチェックしていきましょう。冬キャンプで使用するウェア類は、機能性の高い素材を使用しているものを選んだ方が良いですよ。夏キャンプは節約して、その分冬キャンプに投資するという方法でも良いと思います。

おわりに

夏キャンプであれば、忘れ物をしても何とかなりますが、冬キャンプで忘れ物をすると、悲惨な状況になることが考えられます。とくに防寒アイテムを忘れると、大変なことになりますよ。その他にも、道路状況や使用するガスの種類などもしっかりと下調べしてから、冬キャンプに行きましょう。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ