キャンプの日焼け止め対策&対処方法が知りたい!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプをするときに、厄介なのが紫外線による日焼けです。長時間外にいて首や身体など、赤くヒリヒリした経験ありませんか?この記事では、日焼け止め対策はもちろん、日焼けをしてしまった後の対処法などを合わせてご紹介していきたいと思います。

日焼け止め対策

5f09ced024862dc5dbcae6f01647e2d5_s
しっかりと日焼け止め対策をすることで、肌トラブルを最小限に抑えてキャンプを楽しむことができます。せっかくの楽しいキャンプを叶えるために、日焼け対策はしっかりと行いましょう。

日焼け止めを塗る

08ca22318f76d91835385820ce97c3c2_s
日焼け止めを塗ると言っても、どんな日焼け止めを塗れば良いのか分からない人も多いかと思います。女性は化粧品などに入っているので馴染みがあるかと思いますが、男性からすると、不明な点が多いですよね。日焼け止めは、簡単にどこでも手に入りますが、購入する際に注目していただきたい点が、日焼け止めの商品に書いてある数値です。よく「SPF30PA++」など書いてありますが、この意味をお伝えします。

●SPF30
SPFって一体何の事だかわかりませんよね。実はこのSPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略のことで、肌トラブルであるシミやソバカスの原因とも言われている紫外線B波(UVB)をカットする力を数値で表しています。そのあとに続く数字については、約20分間、何もつけていない素肌と比較して、日焼けが始まるまでの時間を何倍長く出来るかという目安になるのです。

そのため、「SPF30」の場合であれば、20分×30=600分なので、10時間までは、日焼けを防ぐことができるということになります。キャンプに行く際は、常に外で紫外線B波(UVB)を浴び続けている状態なので、日本で販売されている中で、最も強い「SPF50+」という数値のものを選ぶと良いでしょう。

●PA++
「SPF30」のあとに続く「PA++」については、プロテクション グレイド オブ UVA(Protection Grade of UVA)の略のことで、皮膚を黒くする原因や、シワやたるみの原因とも言われている紫外線A波(UVA)をカットする効果を示すものです。効果の強いとされているものから、「++++」「+++」「++」「+」と4段階に分かれていますので、キャンプの際には一番効果の期待できる「++++」を選ぶのが良いでしょう。

参考:日焼け止めのSPF・PAの意味と選び方-ドクターシーラボ公式通販
http://www.ci-labo.com/item/makeup/hiyakedome/article/00000022/

キャンプに最適の日焼け止めは?

上記で説明しました通り、キャンプで使用する日焼け止めは、「SPA50+PA++++」という表記のあるもので、尚且つ汗や水に強いタイプの日焼け止めを選ぶのが、キャンプの日焼け対策としておすすめです。そして日焼け止めを塗ったからと言って、一日中安心するのは禁物です。日焼け止めを塗っても、汗をかいたり、水に濡れたりすると多少は落ちてしまう可能性があります。そのため、こまめな塗り直しをすることで、より日焼け止め対策をすることができますよ。

サングラスをかける

4e04a5d94c97ca75e4230957f9d57e04_s
キャンプ中はとても強い日差しはもちろん、曇りの時でも常に紫外線を全身で浴びています。そのため、顔や身体に日焼け止めを塗っても目は守ることができません。なので、しっかりとUVカット機能が付いたサングラスをすることが大切です。サングラスをするのとしないのでは、目の疲れ具合が変わってきますので、しっかりとサングラスをして、紫外線から目を守ってあげましょう。

しっかりと顔や身体を保水・保湿ケア

b1b5f7d27f36d3266bd1263fdbc22f88_s
キャンプ中に、お風呂に入りに行ったり、顔を洗ったりしますよね。そのときにしていただきたいのが、顔や身体の保水・保湿ケアです。日焼け止めを塗っていても、ダメージを受けている肌は、外的刺激を受けやすい状態になっています。なので、しっかりと化粧水で保水、乳液やクリームで保湿をしましょう。日焼け止めを落とす時は、擦らずに、日焼け止めを落とす専用のシートで拭いてあげると良いですよ。

日焼けをしてしまった時の対処法

冷水で冷やす

shower-1027904_1920
日焼けをしてしまい赤くヒリヒリ状態の肌には、弱い水流の冷水でとにかく冷やすことが大事です。赤くヒリヒリした状態は、火傷をしたような状態に近いので、しっかりとほてりが取れるまで、冷水で冷やしてあげましょう。

冷したタオルや保冷剤をのせる

4183607181e7dbb71f2c3796f203b06e_s
冷水を当てて、ほてりがなくなってきたら、次は保冷剤や水で冷やしたタオルをそっと日焼けした部位にのせます。15~30分程度のせて冷しましょう。

保水・保湿ケアが大事

86ef466d70eaee3c223da5ce6fde2a1a_s
ヒリヒリ感が治まったら、化粧水をつけていきます。この時に刺激の強い化粧水ではなく、敏感肌用の低刺激の化粧水を選びましょう。たっぷりと保水をしてあげた後に、乳液やクリームなどを使い保湿をしてあげます。

肌の状態がひどい場合

bf0604ad57c34f4be045c514d1772e3d_s
日焼けをした後の肌に、水疱ができてしまっている状態の場合は、皮膚科に行きましょう。しっかりとお医者さんに診てもらうことが必要です。

おわりに

今回は、キャンプの際の日焼け止め対策や、対処法などについてご紹介しました。日焼けをしてしまうと、気分も落ちてしまいますよね。しっかりと対策、対処をすることで、キャンプを十分に楽しむことができますし、のちのち肌トラブルを引き起こす可能性が低くなりますよ。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ