おにぎり持参で楽しむ!バーベキューでおいしいおにぎり

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

おいしい肉があれば、ごはんを食べたくなりますね。おにぎりがあれば、ちょっと口直しにもなり、より肉のおいしさも引き立ちます。バーベキューでおいしいおすすめのおにぎりについて、にぎり方や保存方法などを紹介します!

バーベキューはおにぎりを持っていくと喜ばれる


By: Ronaldo Ferreira

バーベキューは肉を中心に濃い味付けのものが多くなってしまうので、さっぱりした味のおにぎりを持っていくと喜ばれまし、オススメです。ちなみに、焼きおにぎり用とそのまま食べる用の二種類のおにぎりがあれば充分です。

シンプルなおいしいおにぎりを、BBQでおいしく食べるためにはちょっとしたコツがあります。
焼きおにぎり用は、何も具をいれないで軽く塩をふっておきます。焼いているうちに崩れないように、固めににぎっておくのがポイントです。いつもと同じようににぎっていると、焼いているときに崩れてしまいます。

オススメの具は定番の梅干し・おかか・こんぶがベスト!

By: Yuya Tamai

そのまま食べるおにぎりは、梅干しかおかか、こんぶの具がおすすめ。たくさん種類があってもいいですが、肉にはできるだけシンプルなおにぎりが合いますし、そのほうがおにぎりが痛みにくいです。また、夏のBBQで持参するおにぎりに具を入れる場合は、防腐剤の代わりにもなるので梅干し入りがおすすめです。

塩だけのおにぎりでもGOOD!

By: Jessica Spengler

白いおにぎりは焼きおにぎりにもできるので、実はすべてのおにぎりが塩味だけでもOK。ごはんはいたみやすいので、おにぎりには必ず塩をふっておきましょう。

おにぎりの大きさは小さめに!

おにぎりの大きさは、どのおにぎりも小さめにするのがポイントです。バーベキューはどうしても肉や野菜がメインなので、ちょっとごはんを食べたいというときに、おにぎりが大きいと手が伸びにくいのです。

おにぎりのいたみにくい作り方

おにぎりは、ラップで包んでおくと、焼きおにぎりにする前に、上からにぎりなおしすることもできるので便利です。また、熱いうちに包んでしまうと、中についた水分がいたむ原因にもなってしまいます。炊き上がったらすぐに包まず、冷ましてから包むことで余分な水滴がつかないようにしましょう。また、ラップで包んでにぎると衛生的です。

特に夏は、クーラーボックスなど保冷庫に入れておくようにしましょう。ジップロックや大きなタッパーなど密閉できるビニールなどに入れるようにして、水分を含まないように気をつけましょう。

オプション:みそとしょうゆ、のり持参も

焼きおにぎりにする場合は、網や鉄板に薄く油を塗るっておくと、くっつきにくいためおすすめです。できればおにぎりは鉄板で焼くほうがうまく焼けます。また、その後みそやしょうゆなどを付ける場合も、鉄板で焼いたほうが、タレが絡みやすくおいしく焼けます。
また、のりを持参して、食べるときは焼きおにぎりのうえから巻くと、手につかないため、手に持って食べることができます。焼いて少し焦げ目がついてきてからみそ、しょうゆなどのタレをつけて仕上げ焼きをしましょう。火力が強いので、鉄板のはしなど火力が弱いところでじわじわと焼くのがコツです。みそやしょうゆの分かりに焼肉のたれでもおいしくできます。


By: Janine

いつものおにぎりにちょっと工夫したシンプルなおにぎりを作って、ぜひバーベキューに持参してみてください!

アイキャッチ出典:Vegan Feast Catering

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ