【一味違ったバーベキューレシピ】手作りピザを焼いてみよう!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

バーベキューは多くの場合、炭火を使った料理がメインになると思います。お肉を焼いたり野菜を焼いたり、グループで楽しむのも良いですが、ワンランク上の料理にチャレンジしてみんなを驚かせてみませんか?今回はバーベキューで焼けるピザをご紹介します。

盛り上がるコツその1「生地は家で作ってくる!」


By: Rebecca Siegel

バーベキューピザにとって、ここが大事なポイントです。少しでもバーベキュー会場で手間取らないように、おウチで済ませられることは済ませてしまいましょう。

材料(3枚分)

強力粉200g
薄力粉50g
砂糖20g
3g
ドライイースト5g
150g
オリーブオイル20g

あとは、全部の材料をボウルで混ぜて、滑らかになるくらいまでよくこねれば出来上がりです。

そしてここからがバーベキューならではですが、こねた生地を3枚分に丸めて、ラップにかけて冷凍させます。前日の晩に冷凍しておいて、当日持って行く時クーラーボックスに入れておけば保冷剤代わりになります。現地に着いたらクーラーボックスから取り出しておけば、解凍と同時に発酵もしてくれるので一挙両得ですよ。

盛り上がるコツその2「回転させてキレイな円形にし、フォークでつついて細かな穴を開ける」

それでは早速ピザを焼いていきましょう。はじめに生地を伸ばしますが、ちょっとしたコツとして細かく回転させながら伸ばすと生地がキレイに円形に伸びていきますよ。伸ばしたら焼いた時に中の空気が膨らまないようにフォークでつついて細かな穴を開けます。
そしていよいよトッピングです。マルゲリータの場合、まず全体にピザソースを塗ります。そしてモッツァレラチーズとバジルを乗せてオリーブオイルを少量たらせば盛り付けの完成です。

盛り上がるコツその3「ダッチオーブンで焼く!」


By: Dakota Callaway

いよいよ焼きの作業です。

せっかくのアウトドアピザですから、ワイルドに焼いてみませんか?ピザを焼く道具としてオススメしたいのがダッチオーブンです。ピザを焼く時、お店でも自宅でも、オーブンであれ石窯であれ、上からも下からも熱して焼いていきますよね。それをアウトドアでできるのがダッチオーブンなのです。蓋の上に炭を乗せればオーブン料理が手軽にできます。ピザを焼く場合は焦げつき防止のため、炭をダッチオーブンの下と蓋の上に1:2の割合で置くと良いでしょう。

焼く時間は気温にも左右されますので一概に言えませんが、12~3分前後が良いのではないでしょうか。10分あたりで蓋を開けて生地の下を見て焼き具合をチェックすると良いですよ。

他にもある、カンタン焼きアイテム

ダッチオーブン以外ですと同じ鋳物のスキレットもオススメです。直径15cmくらいの小型ピザにはうってつけですよ。
また、アルミホイルも重宝します。バーベキューグリルがあれば家庭用フライパンを持って行って焼くことができますが、上からの熱がないのでうまく焼けないと思います。そんな時、蓋代わりにアルミで包めばふっくらとした焼き上がりになりますよ。
それ以外にも、バーベキューコンロ専用のピザ焼き器やピザ用のグリルもあります。興味のある方は是非覗いてみてください。

●マルカらくらくピザ焼き

●LOGOS the KAMADO

バーベキューでピザを焼く時、トッピングを皆んなでできるという特徴があります。楽しみながら作って、美味くできあがったピザを召し上がってください。

アイキャッチ出典: Parker Knight

Pocket
LINEで送る

イバキャンパー
毎月1度はキャンプに出掛ける2児のパパ。子供を連れて行き自然に触れる教育を実践しようと試みるも、結局一番はしゃいでるのは自分という本末転倒を繰り返しています。座右の銘は“一流の遊びが出来なければ、一流の仕事はできない”。
コメントリンク
トップへ