【珈琲通のあなたへ】キャンプ場でドリップ三昧

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

焼き肉にビールといった胃袋にはけっして優しくないメニューが多いBBQ。ほっと一息つきたいときのコーヒー、肌寒いとき、暖まるのにもうれしいコーヒー。せっかく飲むなら美味しいドリップコーヒーを飲みたいものです。BBQでおすすめのドリップコーヒー術を紹介します。

スタバのORIGAMIシリーズ

STARBUCKS ORIGAMI®|スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/coffee/origami/

コーヒー好きなら一度は足を運んだ事のあるスターバックスコーヒー。ギフト用のコーヒーや液漏れしないタンブラーなど人気アイテムも多数。
その中にORIGAMIという名の紙製のワンタッチドリップコーヒーがあります。味はもちろんのこと、BBQでは嬉しいゴミが少ないこともおすすめ。三種類の味があるので珈琲通のお友達と「利きコーヒー」を楽しむと盛り上がること間違いなし!?

アウトドア感100%の木製ドリッパー

ネルドリップ:おいしいコーヒー   HARIOネットショップ
http://www.hario.co.jp/coffee/hario_coffee/neldrip.html

普段、家でもドリップコーヒーを楽しんでいる人にお勧めなのが、HARIOから販売されているネルドリッパー。木製のアームに布でできたフィルターがついて大自然の中にとけ込み、疲れを癒す一杯をつくってくれます。
ペーパーフィルターと違いネルドリップでは時間がかかってしまうのですが、ゆったりと時間を楽しむのもいいかもしれません。とはいえ、何杯か淹れたい人にはUNIFLAMEのスプリング式のお助けアイテムもあるので活用してみてはいかがでしょうか。

贅沢の極み、地元コーヒー豆を挽きたてで楽しむ


By: RichardBH
さて、ドリッパーがあると旅先で出会ったコーヒー豆を楽しむこともできます。携帯用のコーヒーミルなども販売されているので豆のままの購入も可能です。自分でブレンドしたり、更なる極みに達したい人は、家ではなかなかできない炭火で生豆をいることもできます。
BBQは、奥の深いコーヒーの世界に一歩踏み出すチャンスかも知れません。まずは紙コップからマイカップの用意で環境にも配慮していきたいですね。

アイキャッチ画像出典:By: RichardBH

Pocket
LINEで送る

輪島潤
北海道に生まれ、海に育てられ。学生時代に知り合った友人によって山も鍛えられ、自然界と温泉に溶け込んでいった。そこで交わった人々と共有した経験と自分の思う所を文章にしています。 かつての自分が経験できた自然が、そのまま残っているとは限りません。せめて文章の中にだけでもその姿が残ること、みんなが意識して保全すること期待しています。いつかどこかで読者と会えたらうれしいです。
コメントリンク
トップへ