アウトドアキャンプで淹れたてコーヒーを味わおう!コーヒー豆は挽くサイズの違いで味が変わる!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプを過ごすひと時の中で、美味しいコーヒーを味わいながらゆっくりしたいと思いませんか?そこで今回は、美味しいコーヒーを淹れるためのアイテムや、コーヒー豆のサイズによって変わる味についてご紹介していきます。これからキャンプでコーヒーを味わいたい人や、ご自身でコーヒーを淹れることに不安を感じている人は必見です。

コーヒーはほっこりした気持ちにさせてくれる

niklas-hamann-414441
少し肌寒い季節になると、温かい飲み物を飲みたくなりますよね。そんなときにおすすめなのが、ホットコーヒーです。冷えた体をじんわりと暖かくしてくれるので、ホッコリとした気持ちにさせてくれます。お家でコーヒーを飲むのも良いですが、キャンプという自然の中でコーヒーを味わうと、開放感や爽快感、充実感を味わえますよ。

外でコーヒーを淹れたことがなく、上手にできるか不安な人も多いと思いますので、誰でも簡単にできるコーヒーのアイテムをご紹介していきます。

キャンプでコーヒーを淹れるアイテム

vintage-2373083_1920
キャンプをしているときに、コーヒーを淹れるアイテムはさまざまです。どんなものがあるのかご紹介していきます。

ハンドドリップ

coffee-726534_1920
ご自宅でコーヒーを楽しむ人はハンドドリップが多いのではないでしょうか。ご自宅だけではなく、キャンプのときにも、ハンドドリップでコーヒーを飲むことができます。

●モンベル O.D.コンパクトドリッパー
モンベルから発売されているドリッパーのフィルターは、ポリエステル・マイクロ・メッシュで作られているので、繰り返し使えることができます。ペーパードリップだと、その都度ゴミが出てしまいますが、こちらのアイテムは繰り返し使えますので、ゴミが出ません。しかも、お持ちのカップに、木の枝や箸などを使って淹れることができますので、支えのアイテムは不要です。

●ユニフレーム コーヒーバネット+ペーパーフィルター
ユニフレームから発売されているコーヒーバネットは、ステンレスワイヤーで作られており、折り畳み式なのでコンパクトに持ち運ぶことができます。汚れたりしたときは、丸洗いすることもできるので清潔な状態で使い続けることができます。

パーコレーター

philipp-cordts-326252
パーコレーターというのは、コーヒーを抽出するアイテムのことを言います。挽いた豆をパーコレーターに入れ火にかけることで、コーヒーを抽出することができるアイテムです。簡単に洗うことができるので、キャンプのときに便利です。

●スタンレー パーコレーター
アウトドア人に好まれているブランド「スタンレー」からパーコレーターが発売されています。スタイリッシュなデザインが特徴。持ち手が大きく、取り外し可能のシリコンカバーがついているので、抽出が終わってすぐに持っても熱くありません。キャンプの準備中など、革手をつけていても持ちやすい持ち手なのが嬉しいポイントです。

オールインワンアイテム

とても便利なアイテムがジアレッティから発売されているオールインワン コーヒー専用真空マグ ヌーヴァ(ステンレス)です。これは、一つのタンブラーに、ドリップ用カップ+セラミック製手動ミル+コーヒーフィルター+ドリンク真空マグがセットになっているアイテムなのです。お湯があれば、これひとつで美味しコーヒーを淹れることができちゃいます。ちなみに、セラミック製のミルなので、ステンレス製と違い、金属臭がなくコーヒーそのものの風味を楽しめるのが特徴です。

コーヒー豆を挽く

nathan-dumlao-290152
キャンプで飲むコーヒーのおすすめは、コーヒーを飲む直前に豆を挽くことです。自分でコーヒー豆を挽くと聞くと、難しいそうに感じますが、そんなことはありません。誰でも簡単に挽くことができます。

先ほどご紹介したオールインワンを使用するなら別ですが、コーヒーミル単体を選ぶ際、なにが良いのか悩みますよね。そこでおすすめは、実際に私も使っている「ポーレックスのコーヒーミル」です。このコーヒーミルのポイントとしては、豆を挽くサイズをご自身で決めることができることと、刃がセラミック製なので、金属臭がなくコーヒーの風味を損なわないという点です。

豆を挽くサイズによって、お好みの味にすることができます。「スッキリとした味わいが好き」「少し苦みがあった方が良い」など好みもさまざま。でも、どの細かさがどんな味になるのか分からないですよね。そこで表にまとめましたので、お好みのサイズに挽いてください。

キャンプで実際に豆を挽いていると、静かな自然の中で、コーヒーミルが豆を挽いている音だけが鳴り響きます。そのときは、なんだか心まで洗い流されているような、そんな気持ちにさせてくれるので、とても癒されますよ。

挽き方具体的な大きさどんな味?おすすめの淹れ方
極細挽き白砂糖ほど苦みが非常に強いマキネッタやエスプレッソマシン
細挽き白砂糖とグラニュー糖の中間苦みとコクが強いウォータードリップやペーパードリップ
中細挽きグラニュー糖ほど一般的でバランスが良いペーパードリップやコーヒーメーカー
中挽きグラニュー糖とザラメの中間が雑味がなくクリアな味サイフォンやネルドリップ
粗挽きザラメほど苦みが少な目で酸味がやや強いパーコレーターやフレンチプレス

引用:コーヒー専門ページ ピントル

この淹れるアイテムならこの豆サイズじゃなければだめ!というのもありませんので、色々な淹れ方を試して、ご自身にしっくりくる淹れ方を探しちゃいましょう。

コーヒー豆を挽くときに注意すること

simon-zachrisson-412098
コーヒー豆を挽くときに、注意してほしい点があります。それは、「コーヒー豆をなるべく均等な大きさに挽くこと」です。大きさがバラバラになってしまうと、その挽いた豆から出てくる成分がマチマチになります。均等に挽かれた豆だと、均等に成分が抽出されますので、なるべく均等に豆を挽くことができるアイテムを使用しましょう。

おわりに

coffee-1117933_1920
今回は、キャンプで美味しいコーヒーを味わうために使うアイテムや、コーヒー豆のサイズによって変わる味についてご紹介しました。ハンドドリップをする際に、〇分蒸らしてから、〇℃のお湯を注ぐ!パーコレーターのときは、粗挽きじゃなければだめ!などルールがあるように思われますが、実際のところは、ご自身が美味しいと思うコーヒーを淹れることが大事です。なので、お湯の温度や豆のサイズを変えて、ご自身の好みの味を見つけちゃいましょう。キャンプで味わうコーヒーは、ご自身が美味しい!と思うコーヒーが一番です!

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ