コーヒー好きは必見!アウトドアでコーヒーの生豆を焙煎して味わう!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプでも簡単にコーヒー豆を焙煎する方法があることはご存知ですか?今回は、キャンプなどアウトドアのときに、生のコーヒー豆を自分で焙煎する方法をご紹介します。

コーヒー豆の焙煎

bean-3004427_1920
コーヒー豆の焙煎と聞くと、とても難しいイメージがありますよね。しかし実際に自分で焙煎することで、その豆の特徴や味などをより理解することができるようになります。そこで今回は、アウトドアでもお手軽に焙煎する方法をご紹介します。

生豆から焙煎する方法

angela-pham-469878
ここではコーヒーの生豆から焙煎する方法をご紹介します。道具があれば簡単に焙煎することができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

用意するのはこちら

●コーヒーの生豆
●ガスコンロ
●手網

方法はとっても簡単です!
①手網にコーヒーの生豆を入れる
②コンロに火をつけて、手網を振りながらあぶる。
※しっかり振らないとムラになるので気を付けてください。
③豆の中の水分を飛ばしていきます。
④少しずつ黄色から茶色になるのを確認しましょう。
⑤パチッパチッと豆のはじける音がしてきます。
⑥はじける音が止んだら、一度目のハゼが終了です。
※ハゼというのは、「パチッパチッ」と音とともに、生豆よりも1.5倍くらいに大きく膨らむ状態にすることを言います。

酸味が強いコーヒーが好きな人は、ここでやめましょう。

⑦苦みを引き出したい人は、さらに火にかけていきます。
⑧そうすると、二度目のハゼが始まります。
⑨ハゼが終わったら完成です。

焙煎が終わったらコーヒーミルで挽く

andrew-welch-77146
焙煎が終わったコーヒー豆は、いつも見る茶色のコーヒー豆になっていますよ。それをコーヒーミルで挽きます。お湯を沸かし、コーヒーフィルターを使って、コーヒーを淹れましょう。いつものコーヒーと違う、一味変わったコーヒーを楽しむことができます。コーヒーを淹れているときに、香ばしいコーヒーの香りがふんわりと漂ってきて、ほっこりとした気持ちにさせてくれます。

焙煎するときに注意すること

jakub-kapusnak-319767
自分で焙煎するときに注意することは1つ。それは、休まずにしっかりと手網を動かし続けること。手網を動かさないと、均等に熱が入らず、ムラになってしまいます。ムラにならないようにするためには、休むことなくしっかりと手網を振り続けましょう。

酸味が強い方が好きな人は、一度目のハゼが終わった段階でやめること。コーヒーの苦みを引き出したい人は、二度目のハゼまで行ないましょう。

おわりに

なかなかコーヒーの生豆から焙煎しよう!と思う人は少ないですが、実際に自分で焙煎することで、よりコーヒーの美味しさを追求することができます。豆の種類によって味はもちろん、酸味や苦み、コク、香りがかなり変わります。いろいろな豆を焙煎して楽しみながら、美味しいコーヒーを味わってくださいね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ