ホットサンドメーカーで焼きおにぎりやオムレツを作ろう!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

私の中ではキャンプの必需品ともいうべき、直火式のホットサンドメーカー。寒い日の朝などは、これを使って熱々のホットサンドを作って食べるのが日課なのですが、実は他にもいろいろと使えるんです!

そこで今回は、直火式ホットサンドメーカーを使っていろいろな料理に挑戦してみました!
どれも簡単手軽に作ることができ、しかもおいしいものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね!

ホットサンドメーカーでオムレツ

用意するもの

たまご2個
玉ねぎみじん切りで大さじ1
ハム1~2枚
塩・こしょう少々
トマトケチャップお好みで
サラダ油適量

1.たまごをボールに割り入れ、かき混ぜます。

2.塩・こしょうとケチャップ少々、みじん切りの玉ねぎと細かく切ったハムを入れてかき混ぜます。

3.混ぜた材料を、あらかじめサラダ油を塗って温めておいたホットサンドメーカーに流し入れ、片面3~4分ずつ焼きます。
流し込む量が多いと、ホットサンドメーカーからはみ出して、後始末が大変になるので気をつけてください。

4.焼きあがったら器に盛り、お好みでトマトケチャップなどをかけて完成です。

ホットサンドメーカーで焼きおにぎり

用意するもの

炊いたご飯残り物でも可
しょうゆ適量
みりん適量
ごま油適量

1.しょうゆとみりんは合わせておきます。甘めが好きな方はみりんを多めにお好みで。

2.ごはんに1のしょうゆだれをかけてさっくりと混ぜ合わせます。

3.ホットサンドメーカーにはごま油を塗っておきます。

4.ホットサンドメーカーの形に合わせて、軽く握りながらまとめた2をホットサンドメーカーの中央に置き形をととのえます。

5.片面4~5分ずつ焼きます。

6.開いてさらにたれを塗り、閉じて両面1分ずつくらい焼きます。

7.表面におこげが出来て香ばしいにおいがしてきたら完成です。

おこげは好みで加減してください。中に味噌を入れて焼いてもおいしいですよ。

ホットサンドメーカーでお好み焼き

用意するもの

お好み焼き粉100g
たまご1個
150㏄
キャベツ100g
豚バラ肉スライスで3~4枚
天かす大さじ1
桜エビや紅ショウガあればお好みで 各大さじ1くらい
青のり・かつお節少々
お好み焼きソース適量
マヨネーズお好みで
サラダ油適量

1.キャベツを粗みじん切りにします。バラ肉も食べやすい大きさに細かく切っておきます。

2.ボウルに水を入れ、お好み焼き粉を入れて混ぜ合わせます。

3.キャベツにお好み焼きの生地を入れ、さらにたまご、豚肉、天かす、桜えび、紅ショウガを加え、混ぜ合わせます。

4.熱したホットサンドメーカーにサラダ油を塗り、生地を流し込み、焼きます。

5.焼きあがったら、お好み焼きソース、青のり、かつお節、マヨネーズをかけていただきます。

お好み焼きなので、お好きな具材(余り物でOK!)をいろいろと加えてみてください。出来上がりのサイズが小さめなので、具材は細かく刻んだ方が上手にできます。

アメリカンドッグ

用意するもの

ホットケーキミックスパッケージに記載されている通りに
ソーセージお好みの量
トマトケチャップ適量
とろけるチーズ適量
サラダ油適量

1.ソーセージはケチャップで和えておきます。

2.ホットケーキミックスは、パッケージに書かれている材料と分量で、ホットケーキの生地を作ります。

3.ホットサンドメーカーを熱し、サラダ油を薄く塗り、ホットケーキの生地を流し込みます。

4.1のソーセージやとろけるチーズなど、お好みの具を乗せ、その上からさらに生地をかけます。

5.ふたをしたら、火力を調整しながら片面4~5分ずつ焼きます。

ホットケーキの生地は火にかけると膨らみますので、量が多いと横からはみ出してきて大変なことになりますのできをつけてください。

まとめ

今回は直火式のホットサンドメーカーを使って、ホットサンド以外の料理を作ってみました。
直火式なので、火力によって出来上がりが異なりますので、記載の時間はおおよその目安として参考程度に。

他にもホットサンドメーカーを使ってアイディア次第でいろんな料理を作ることが可能です。
ぜひ、いろいろなアウトドアレシピに挑戦してみてくださいね。

Pocket
LINEで送る

水原和希
モットーは「人生は毎日がキャンプ!」。だいたい年間の半分以上は海外や日本国内を旅しています。山に行けば山菜や渓流の魚を料理し、海へ行けば岩場の貝や釣れた魚を堪能しています。国内では車中泊が多いですが、海外では列車での国境越えや、駅で段ボールを敷いて野宿することも。基本的には無計画で行き当たりばったりの旅。山菜はいろいろと食べてみた中で、美味しかったものを中心にご紹介します!
コメントリンク
トップへ