寒い日のキャンプに簡単に作れるホットドリンク5選【ノンアルコール編】

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

冷え込む秋冬キャンプのおともには、ホットドリンクが欠かせません。ホットドリンクを手に、焚き火を囲みながらゆったりと過ごす時間は、どんなに寒くても楽しいものですよね!ドリンクで体の中から暖めれば、寒いテント内での寝付きもよくなります。

コーヒー、紅茶、ココア、コーンスープなどの定番ホットドリンク以外に試してみたい、おすすめのノンアルコール・ホットドリンクを5つご紹介します。

ホットカルピス

2016-09-29_11h14_35
出典:CALPIS

子どもが大好きなカルピス。夏は冷やしたり凍らせたりして活躍しますが、あったかくして飲むのも人気があります。

<材料>

カルピスの原液1
お湯4(カルピスの量に対して4倍)

<作り方>
カルピスをお湯で割ります。基本は、カルピス1に対してお湯4だそうです。その後、好みの量の原液を足して味を調整するのがポイントです。

カルピスの公式サイトでは、カルピスを使ったホットレシピが100個紹介されています。基本の作り方以外にいろんな味を試してみたい!という方は参考にしてみてくださいね。
「カルピス」であつあつホットレシピ100

ホットレモネード

2016-09-29_12h30_42

よくキャンプに持っていく調味料の一つにポッカレモン100などのレモン汁があります。意外と使い切れないこのレモン汁を使って、ホットレモネードはいかがでしょうか?

<材料>

レモン汁大さじ2
はちみつ大さじ1
砂糖大さじ1
お湯適量

<作り方>
レモン汁・はちみつ・砂糖を入れてお湯で割ります。はちみつを入れるところがポイント!甘さ控えめがお好みの方は砂糖なしでもOKです。

ポッカレモン100の公式サイトでも、ポッカレモンを使ったドリンクのレシピが紹介されています。こちらも参考にしてみてください。
ポッカレモン100

ノンアルコール・ホットワイン


By: matthewokeefe

ノンアルコールのワインを使って、ホットワインを作りましょう。ぶどうやかんきつ類のフルーティな香りに加えて、スパイスが体をぽかぽかにしてくれます。

<材料>

ノンアルコール赤ワイン375ml(ハーフボトル1本)
オレンジ(スライス)2分の1個分
りんご(スライス)4分の1個分
シナモンパウダー少々
ナツメグ少々
はちみつ小さじ1

<作り方>
鍋にノンアルコール赤ワインを入れて、その他の材料を加えて温めます。沸騰させない程度に温めて火から降ろします。
お好みでしょうがやレモンなどを加えてもOKです。

ノンアルコールワインは、ぶどう100%ジュースに変えても作ることができます。お子様向けの場合はジュースのほうが渋みがなく飲みやすいですね。

マシュマロコーヒー

キャンプスイーツの定番といえば炙りマシュマロ。このマシュマロを使ったドリンクです。

<材料>
コーヒー
マシュマロ

<作り方>
コーヒーを沸かしてカップに注いだあと、マシュマロを串に刺して炙ります。焦げ目が付いたら串から外してコーヒーに浮かべます。

甘いコーヒーが好きなかたは、マシュマロ多めでコーヒーに溶かして。甘くないコーヒーがお好みの方は、マシュマロが溶ける前に食べてしまいましょう!

甘酒

9a83a46facbabdfa369f1b944d17d7b0_s

飲む点滴といわれる甘酒は、アウトドアで疲れた体を癒すのにぴったりです。アルコール分が含まれないのは「麹甘酒」といわれる米麹だけで作られるものです。

<材料>
缶入り甘酒

<作り方>
鍋にお湯を沸かし、缶の甘酒を横にして入れて10分ほど加熱します。缶入りのものを湯せんするのが手軽ですが、シェラカップに注いで温めて網に乗せておいても冷めないで飲むことができるのでいいですね。

どのドリンクも、体の芯からぽかぽかになりそうです!寒い寒いと言いながら飲んだ甘いドリンクの味は、キャンプの楽しい思い出として心に残るはず。お気に入りのカップを用意して、楽しんでみてくださいね。

アイキャッチ出典: Chat W

Pocket
LINEで送る

シバタトモコ
2人の男子の母。キャンプでは調理担当です。設営と火起こしは主人の担当なのでよくわかりません(!)好物は焚き火とビールとお風呂。日帰り温泉が近いかどうかでキャンプ場を選ぶタイプです。神奈川・山梨によく出没します。今は子連れのどたばたキャンプですが、子どもが大きくなったら夫婦でおしゃキャンしたいので情報収集に努めています。
コメントリンク
トップへ