【裏ワザ】固い肉、味が無い肉、安い肉をおいしくする3つの方法

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

バーベキューの主役でもあるお肉!
どうせなら高いお肉でパーッといきたいところですが、予算によっては安いお肉でどうにかしたいということもあるでしょう。
今回はそんな時に役立つ「安いお肉をおいしくする方法」を3つ紹介したいと思います。

その1.果物で柔らかくする!

安いお肉を美味しくする方法として真っ先に試したいのが「漬け込む」方法です。
実はお肉は、果物に漬け込むことによって焼いたときに柔らかくなるようにできるのです。

果物の種類としては、りんごやパイナップル、梨、キウイなどがおすすめです。
IMG_4218

ジップロックなどにすりおろした果物を入れて、そこに10分~15分程度お肉を漬け込みましょう。

長時間漬け込んでしまうとお肉に果物の味が染み込んでしまうので、時間はしっかりと守るようにしましょう。

その2.包丁を使って繊維を切る!

特に分厚いお肉にはびっしりと繊維があり、これが硬さの原因にもなります。
専用の肉たたきを使うのもいいですし、フォークなどでお肉を満遍なく刺すのも有効です。
こうすることでお肉の繊維が断ち切れて、食べたときに食感が柔らかくなるのです。

IMG_7592
また包丁の背を使ってお肉を叩き、先端の部分でお肉の筋を切るのもいいですよ。

この方法を使えばお肉が柔らかくなるだけでなく
・焼いても肉が縮みづらくなる
・火の通りが早くなる
・下ごしらえや調味料の味がしっかりと馴染む

というメリットがあるので、ぜひバーベキューのときには試してほしい方法です。

その3.下味をつけて美味しさUP!

繊維を切って、果物に漬け込んで…。
これで安いお肉もぐっと柔らかい歯ごたえになって美味しいのですが、せっかくならもうワンランク美味しさをアップさせましょう。

そのための方法が「下味」です。
下味をつけるために用意したいのが次の材料です。

・ごま油
・塩
・おろしにんにく
・粗びきコショウ
・きざみネギ
・すりごま

分量はすべてお好みでボールやジップロックに材料とお肉を入れて、手でしっかりともみ込みます。
あとは焼くだけ!

これだけで安いお肉の風味がぐんと増すのでおすすめです。
焼き肉のタレで食べてもおいしいですし、お肉に染み込んで下味で楽しむのもアリです!

いかがでしたか?
方法としてはそこまで大変なものではありませんし、お肉を叩いて繊維を切るのは現地でもできる方法です。

参加者が子どもや若い男性ばかりだとどうしてもお肉もたくさん用意しなければいけなくなり、安いお肉が必要になってきます。
そんなときにはぜひ今回の方法を試してみてください。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ