【バーベキューで使うおススメ着火剤】ジェル?固形?どっちを選ぶ?

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

火おこしのお助けアイテム「着火剤」!これを上手に使うことで初心者がてこずってしまう火おこしをあっという間に終わらせることができます!今回はこの着火剤の種類や使い方、注意点を紹介していきます。

着火剤の種類は?

まずは着火剤の種類を知りましょう。市販されている着火剤は大きくわけると次の2種類が存在します。

・固形タイプ

炭に燃料が染み込ませてあるもの、紙くずを溶かして固めたものなどが固形タイプにあたります。
着火剤としてはスタンダードなタイプですが、燃料などによる臭いや煙が出るので、食材を焼くまでは少し時間をおく必要があります。

・ジェルタイプ

ジェル状の着火剤がチューブに入っているのがこのタイプです。
若干割高ですが、固形タイプと違い炭や薪の自分の好きな部分に着火点を設定できます。また固形タイプと比べて、携帯性に優れているというのも嬉しいポイントです。また、火力も固形に比べてかなり強く出るため、火がつきやすいメリットがあります。

また、ジェルが内包されているタイプもあります。

自信が無い方は、着火剤をフル活用!!

img_7874

自信が無い方は、固形タイプとジェル(チューブ)タイプの2つ一緒に利用して、着火剤をフル活用する方法を試してみてください。

2つの着火剤をフル活用して、あっという間に火おこしをする方法をご紹介します。

1.固形着火剤を設置する
グリルの中央部分に固形着火剤を設置します。量はそこまで多くなくて大丈夫です。

2.小さな炭を固形着火剤の上に載せる
固形着火剤の上に、小さな炭を重なりあうようにして載せていきます。

3.ジェルの着火剤を炭の上に塗る
ジェルの着火剤は一カ所にまとまらないように、全体に塗ることを意識して使いましょう。このように炭を固形着火剤とジェルの着火剤でサンドすると、あっという間に火がついてくれるのです。

4.固形着火剤に点火する
下にある固形着火剤に柄付きライターを使って火をつけます。
固形着火剤に火が付けば、下からあがってくる火がジェルの着火剤に点火してくれます。

固形着火剤とジェルの着火剤に火がつけば、あとは炭に火が燃え移るのを確認して、大きめの炭を少しずつ足していきましょう。

小さな炭を固形着火剤とジェルの着火剤で挟むようにすれば、初心者でも簡単に火をつけることができるのでおすすめです。

【注意!】継ぎ足しは絶対にNG!

着火剤を使うときに注意してほしいことがあります。それは「チューブタイプの着火剤の継ぎ足しはNG!」ということです。

着火剤を利用したときに、火が弱かったりするとどうしても着火剤を継ぎだししたくなりますよね。
このときにチューブタイプの着火剤を、すでに火がついている炭などに継ぎ足ししようとすると、火が着火剤を持っている手に逆流してきて火傷をしてしまうことがあります。
その為、絶対にやらないよう注意してください。

着火剤は初心者のバーべキューにおいて、なくてはならない存在といってもいいです。
それくらい便利なものなのです!

しかし、便利な反面、間違った使い方をすると非常に危険でもあるので注意しましょう。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ