庭でバーベキューはあり?なし?

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

庭でバーベキューをすることは、日本の住宅環境ではなかなか難しいのが現状です。隣との距離があり緑に囲まれている広い庭がある家でなくても、バーベキューを楽しめるコツとともに、庭でバーベキューを楽しむ場合の気をつけるポイントなどを伝えます。

日中にする


By: kuzyoken

空が明るいうちは、多少の音は気にならないものですが、人は夜になるにつれて音にも敏感になりますので、庭でするバーベキューは太陽がでている時間に楽しむようにしましょう。日中にいつもと違う音がしても、多少の音は許してくれるものです。また、友人たちを招いた場合なども、つい盛り上がって夜まで長引かないようにしましょう。いつもと違う人の気配が夜にするのは気になるものです。

煙がでない道具を準備

できれば、食料を加熱する時は、炭火を使うのではなく、ガスグリルや無煙のコンロを使うと臭いも控えめで煙や灰もでないので安心です。炭を使う場合は、火消壺などを用意して片付け時に灰がでないように気をつけましょう。無煙バーベキューグリル、ロータスグリルなど最近は庭だけでなくテラスなどでも楽しむこともできそうな無煙に配慮したものも多く出回っています。

近隣へは、できるだけ事前に連絡

庭から見える場所にお隣などの家の洗濯物がいつも見える場合は、本当は庭でのバーベキューは避けておいたほうが賢明です。
お隣との距離があまりない庭でバーベキューをする場合は、近隣の人にあらかじめバーベキューをする日程を伝え、迷惑をかけてしまうかもしれませんがお許しくださいと一言話してお伺いをたてておきましょう。迷惑そうだとその時に察知した場合は、庭バーベキューをあきらめた方がよいでしょう。

お招きすることもおすすめ


By: spader

近隣の人は、これからもおつきあいをしていく人ですので、できるだけお互い気持ちよく過ごしていきたいものです。外の景色が日常と違うことに神経質になる人もいますので、気をつけておくにこしたことはありません。
また、親しくなる機会にもなりますし、一度バーベキューにお招きするのもいいかもしれません。お互い様という認識でいる人ばかりとは限りませんので、迷惑をかけそうな場合は、一言言っておくだけでもかなり違うものです。煙がでる場合は、特に気をつけます。

移動もなく準備や片付けも楽にできて便利な庭バーベキュー。最後まで気持ちよく楽しむためには、近隣への配慮を忘れないようにしましょう。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ